MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 予算が足りなかった?それともコスパ最高?スポーツモデルのセカンドグレードたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

予算が足りなかった?それともコスパ最高?スポーツモデルのセカンドグレードたち【推し車】

スポーティでカッコイイ車に乗りたい!でも、予算の問題や、イキがってると思われたくない、どのみち自分ではパフォーマンスを使い切れない…といった理由で、かつてはスポーツモデル「らしくない」性能の、カッコだけなモデルも結構売れていました。

中には、単に「トップグレード(ホットモデル)ではない」というだけで結構な性能を持ちつつ、ほとんど後世に知られないままなグレードも。今回はそんな「今から考えると地味な、スポーツモデルのセカンドグレード」をご紹介します。

トヨタAE101 6代目カローラレビンSJ(1991年)

トヨタAE101 カローラレビンSJ

カローラレビン/スプリンタートレノの初代TE27には、1.6リッターDOHCの2T-Gと同じ排気量でもOHVな2T-B搭載車「レビンJ/トレノJ」というセカンドグレードがありました。

その後6代目AE101でレビンSJ/トレノSJという1.6リッターセカンドグレードが復活。初代レビンJ/トレノJを思わせるグレード名もさることながら、搭載エンジンもスポーツツインカムの4A-GEのハイメカツインカム版4A-FEです。

実用エンジンにしては低中速トルクが細い代わり、絶対的な馬力はなくとも高回転型まで気持ちよく回るなかなか楽しいエンジンで、最後の7代目AE111でもXZというグレード名で設定されています。

最新「カローラレビン」中古車情報
本日の在庫数 94台
平均価格 237万円
本体価格 37~586万円

三菱E54A 7代目ギャランVX-R(1993年)

7代目三菱 ギャラン

ギャランのスポーツグレードといえば、6代目からの2リッター4WDターボ「VR-4」が有名ですが、次の7代目には「VX-R」というセカンドグレードが存在します。

搭載エンジンは2リッターV6DOHCエンジン6A12のMIVEC仕様。可変バルブタイミング&リフト機構により、リッター100馬力となる最高出力200馬力、翌年発売のスポーツクーペ「FTO」用最上級エンジン搭載FFスポーツセダンですが、VR-4に比べ知名度が低すぎ!

三菱ではランサーやミラージュにもMIVECエンジンを搭載したFFスポーツセダン仕様があるものの、いずれも4WDターボに比べ地味なセカンドグレードに留まるのが惜しいところです。

最新「ギャラン」中古車情報
本日の在庫数 13台
平均価格 147万円
本体価格 28~238万円

スバルGC8 初代インプレッサSRX(1998年)

スバルGC8 初代インプレッサSRX

WRCをはじめ、各種モータースポーツからストリートまで席巻した初代インプレッサWRXのセカンドグレードといえば、モデル終盤に追加された「インプレッサSRX」です。

W(ダブル)RXに対しS(シングル)RX?と格落ち感のあるグレード名で、搭載するのはターボではなく、DOHC自然吸気仕様のEJ20で最高出力は155馬力と控えめ。ターボ車よりさして車重が軽くはないものの60万円ほど安く、まさに「カタチだけの安いWRX仕様」でした。

しかし某自動車誌が発売直後に目をつけ、軽量FRスポーツセダン化を敢行したところ意外にイイ走りをしたもので、それが後の86/BRZにつながった…かは定かでありません。

最新「インプレッサ」中古車情報
本日の在庫数 1026台
平均価格 158万円
本体価格 12~1,100万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード