MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > FRの国産車が少なくなった理由は?メリット・デメリットやFR車の代表例を解説
メーカー・車種別

更新

FRの国産車が少なくなった理由は?メリット・デメリットやFR車の代表例を解説

FR車とは?

©applezoomzoom/stock.adobe.com

FRとはフロントエンジン・リアドライブの略称であり、FR車とは車の前部にエンジンが位置し後輪のみを駆動させる方式の車です。

後輪駆動車やRWD(Rear Wheel Drive)車と呼ばれることもありますが、エンジンが車体後部にあるRR(リアエンジン・リアドライブ)、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)も同じく後輪を駆動するため、それらとはエンジンの搭載位置で区別する必要があります。

FR車の構造と特徴

FR車は、ボンネット内に縦置きされたエンジン・トランスミッションから、センタートンネルを通るプロペラシャフトを介してリアデファレンシャルギアに動力を伝え、後輪を駆動させます。

車体の重量バランスに優れるうえ、駆動は後輪のみが行い、前輪は操舵だけを受け持つため、タイヤへの負担を分散できるのがFRの大きな特徴です。ただし、後輪の接地荷重が小さいため、路面状態や操作によっては意図せず後輪の荷重が抜け、車体が横滑りを起こすこともあります。

意図的に後輪の荷重を抜いて車を横滑りさせ、より小さな旋回半径で曲がれるのがドリフトというテクニックです。横滑り中でもアクセルによるリアタイヤの駆動力と接地圧コントロールによって車体姿勢を制御しやすい点もFRの特徴といえるでしょう。

FR車のメリット

©oneinchpunch/stock.adobe.com

メンテナンス性に優れる

パワートレインが車体各部に分散しているFRは、他の駆動方式よりも整備性に優れます。頻繁なメンテナンスが必要になるタクシーや商用車でFRが多く用いられるのは、整備性の高さも理由のひとつです。

タイヤのローテーション回数が少なくすむ

FRは前輪と後輪がそれぞれ操舵と駆動を分担して行うことからタイヤの摩耗が少ないため、タイヤローテーションの回数を少なくできるメリットがあります。

小回りが効く

エンジンが縦に配置されるFRは、エンジンルーム左右をタイヤハウスに活用できます。それにより、タイヤの切れ角をより多く確保できるため最小回転半径が小さく、狭い場所での小回りが効きます。

効率的な加速ができる

車は加速するとき後ろ向きに荷重が掛かります。FRは加速時には駆動輪である後輪に荷重が乘るため、加速のためにタイヤグリップを有効に使えます。重い荷物を積む必要がある1BOXカーやトラックなどの商用車にFRが採用されるのは、積載時でも走行バランスが失われづらいためです。

高出力エンジンが搭載できる

エンジンルーム内に余裕があるFRは、大型のエンジンの搭載が容易です。また、大きく重いエンジンを搭載しても重量バランスが崩れにくいうえ、駆動するのは加速時に接地荷重が増える後輪であるため、大出力を効率よく路面に伝えられます。

ハンドリングが軽快で自然

ステアリングフィールに優れるのがFRの持ち味です。前輪は操舵だけを受け持つため、駆動の反力や振動がハンドルに伝わりづらく、フロントタイヤの状態がわかりやすい特徴があります。また、前輪にエンジン重量が乗っているためMRやRRよりもステアリングレスポンスに優れます。

FR車のデメリット

©Nikita Kuzmenkov/stock.adobe.com

室内空間が犠牲になる

パワートレインが車体前後に分散しているFRは、駆動機構が車内空間を圧迫します。トランスミッションを収めるために、高いセンターコンソールが必要になり、プロペラシャフトはセンタートンネルとして後部座席中央の足元空間を犠牲にします。

コストが高く、車両価格も高め

FRは動力伝達に必要なプロペラシャフトや、高性能なリアサスペンションを搭載する必要があります。部品点数が多くなるうえ、サスペンションの設計や調整にも時間がかかるため製造コストが高くなりがちです。

燃費が悪い

駆動力のロスとなる長大なプロペラシャフトの存在に加え、複雑なサスペンションやリア回りの補強などによって、FRは車体が重くなりがちです。また、スポーツエンジンや大排気量エンジンが搭載されることも多いため、FRは燃費性能に優れた駆動方式とはいえません。

雪道や凍結した道路では滑りやすい

FR車は停止状態で駆動輪にかかる重量が少ないため、発進・加速時にタイヤが空転しやすい欠点があります。とくに降雨や降雪・凍結などによる、滑りやすい路面での発進や直進安定性は、各駆動方式のなかでもっとも劣ります。

FR車が国産車で少なくなった理由

©maroke/stock.adobe.com

1970年以前はほとんどの車がFRを採用していました。しかし、車に居住性能や環境性能などが求められるようになった結果、省スペースで低燃費の車が安価で実現できるFF車が台頭し、現在ではほとんどの車がFFもしくはFFベースの4WDに成り代わっています。

FRは車体に対して大きなエンジンを搭載するのに最適な駆動方式です。パワートレインをダウンサイジングし、室内空間を広く確保した車が望まれる現在は、乗用車にFRを採用するメリットがありません。

そのため、現在FRは大排気量車や商用車、高級車やスポーツカーのみに採用されています。そのぶん形だけのFR車ではなく、FRのメリットを最大限に活かした車づくりがなされているといえるでしょう。

新車で買える国産FR車

GR 86/スバル BRZ

トヨタ・スバル共同開発のスポーツクーペ。低重心の2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載し、軽量・安価かつ運転して楽しいFR車をコンセプトに開発されました。

GR スープラ

BMW Z4の姉妹車となる直列6気筒エンジンを搭載したトヨタのフラッグシップスポーツカー。より軽快に走れる4気筒エンジン搭載モデルもラインナップしています。

トヨタ クラウン

1955年登場の初代以来、15代にわたりFRを採用し続けるトヨタの高級セダン。スポーツセダンとしても優れた性能を発揮します。

トヨタ センチュリー

ハンドメイドで生産されるトヨタの最高級ショーファードリブンカーです。新車価格は2,008万円。全長5,335mmのボディに5.0LV型8気筒ハイブリッドエンジンを搭載します。

トヨタ ハイエース ワゴン

商用車をベースとした1BOXワゴン。積載量確保と多人数乗車を実現するためエンジンを座席下に収めたキャブオーバー型のFRです。

トヨタ グランエース

海外向けのハイエースバンを、乗用に改装したトヨタの最上級ミニバンです。全長5,300×全幅1,970×全高1,990mmのボディに最大8人が乗れ、2.8L直4ディーゼルターボによる大トルクを後輪に伝えます。

レクサス IS

トヨタ アルテッツァの北米モデルとして誕生したコンパクトFRスポーツセダンです。3代目レクサス ISの全長は4,710mm。エンジンは3.5L V6エンジンのほか、4気筒の2.5Lハイブリッドと2.0Lターボが搭載されます。

レクサス LC

流麗なスタイリングが特徴の4人乗り2ドアクーペです。LC500グレードに搭載されるのは477PSを発揮する5.0L V8エンジン。電動ソフトトップのコンバーチブルモデルもラインナップします。

レクサス RC/RC F

ボディ剛性を徹底的に高めたスポーツクーペ。搭載エンジンは3.5L V6・2.0L直4ターボ・2.5L直4ハイブリッドの3種です。ハイスペックモデルのRC Fには477PSを発揮する5.0L V8エンジンが搭載されます。

レクサス LS

レクサス LS

FRならではの上質な乗り心地とハンドリングを備えたレクサスのフラッグシップセダン。全長5,235mmの伸びやかなボディに、3.5L V6のターボエンジンとハイブリッドエンジンが搭載されます。4WDモデルもラインナップします。

日産 スカイライン

歴代を通じて優れたハンドリングが自慢のFRスポーツセダンです。13代目に搭載されるエンジンは、V6の3.5Lハイブリッドと3.0Lのターボの2種。ハイパフォーマンスモデルの400Rには405PSの3.0L V6ターボエンジンが搭載されます。

日産 フーガ

ラグジュアリーセダンとして人気だったセドリック・グロリアの後継となるのが日産 フーガ。2代目は、FRらしい長いノーズと流麗かつ力強いボディラインが特徴のプレミアムセダンです。

日産 シーマ

日産 フーガのボディを5,120mmまで延長して誕生したのが5代目シーマです。搭載される3.5L V6ハイブリッドエンジンは静粛性に優れ、上質な乗り味と後席の広さはFRのフラッグシップセダンに相応しいものです。

日産 キャラバン

トヨタ ハイエースと長年のライバル関係にある日産のキャブオーバー型1BOXワゴン。5代目は2012年から販売されており、商用・乗用ともに高い人気を維持しています。

マツダ ロードスター/RF

軽さを武器に、エンジンパワーに頼らないFRスポーツの楽しさを訴求するオープンカーです。高出力エンジンと電動リトラクタブルハードトップを搭載したRFもラインナップします。

光岡 ヒミコ

4代目ロードスターをベースにして、クラシカルな外観に改められたのが光岡 ヒミコです。ロングノーズ化されたボディ全長は4,580mm。内装形状やエンジンスペックはロードスターに準じます。

新車で買える代表的な輸入FR車

BMW 3シリーズ

3シリーズは、スポーツセダンの手本とされるミドルセダンであり、スポーツカーに匹敵する優れたハンドリングが持ち味のBMW主力モデルです。FRは4気筒モデルのみで、6気筒は4WDです。

メルセデス・ベンツ Eクラス

上品な内外装と落ち着いたハンドリングが特徴のメルセデス・ベンツを代表するアッパーミドルセダン。サルーンでありながら高い俊敏性も持ち合わせており、最廉価の1.5L直4ターボエンジンでも高級車に相応しい加速性能を発揮します。

ポルシェ パナメーラ

画像はturbo Sグレード

ポルシェ パナメーラは最廉価モデルでのみFRが選べます。もっとも安価なモデルとはいえ、搭載される2.9L V6ツインターボエンジンは330PSを発揮。0-100km/h加速タイムは5.6秒、最高速度は270km/hにも達します。

フェラーリ 812スーパーファスト

フロントに800PSを発揮する6.5L V12エンジンを搭載した、史上もっともパワフルなフェラーリです。0-100km/h加速タイムは2.9秒で最高速度は340km/h。同スペックのオープンモデルGTSもラインナップしています。

アルファロメオ ジュリア

時代に逆行し、FR車として復活を果たしたアルファロメオのセダンです。50:50の前後重量分配とクイックなステアリングが実現するシャープなハンドリングが特徴。クアドリフォリオは、510PSの2.9L V6ターボエンジンを搭載したハイスペックモデルです。 

ジャガー XF

ジャガーは伝統的にFR車を生産し続けるイギリス発祥の老舗ブランド。XFは全長4,970mmのアッパーミドルセダンです。FRで選べるのは250PS 2.0L直4ターボエンジン搭載モデルのみ。ワゴンボディのスポーツブレイクも用意されています。

シボレー カマロ

6代目シボレー カマロは、現存するFRアメリカンマッスルカーの一角。トップグレードに搭載されるのは、453PSを発揮する6.2L V8 OHVエンジンです。2.0L直4ターボエンジンを搭載した廉価モデルもラインナップし、同じエンジンのコンバーチブルモデルも選べます。

駆動方式とは?FF・FR・MR・RR・4WD(AWD)の構造についても

なぜFF車が主流に?メリット・デメリットとスポーツカーに向かない理由を解説

年々厳しくなる騒音規制「スポーツカーを殺す規制」とは?

FF車とFR車の違いは? 用途に応じたおすすめ車と駆動方式を解説

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード