MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > なぜFF車が主流に?メリット・デメリットとスポーツカーに向かない理由を解説
役立つ情報

更新

なぜFF車が主流に?メリット・デメリットとスポーツカーに向かない理由を解説

FF車とは?

©Gabriel/stock.adobe.com

FF車とはフロントエンジン・フロントドライブの略称であり、車の前部にエンジンが位置し、前輪を駆動する車を指します。前輪駆動車およびFWD(Front Wheel Drive)車とも呼ばれます。

歴史のなかでは比較的新しい駆動方式であり、日本では1970年代以降にFF化がはじまりました。現在の車はほとんどがFF、またはFFベースの4WDに切り替わっています。

FF車の構造と特徴

FFの大きな特徴は、前輪が駆動と操舵を兼ねている点です。それにより、動力源であるエンジンと、トランスミッションやデフなどの駆動部すべてが車体前部に集約できるため、動力部分を小さくしたぶん室内スペースを広くすることができます。

操舵輪に駆動力を伝えるには、動力伝達のためのドライブシャフトを曲げる必要があります。FFの黎明期であった1970年代は、このドライブシャフトのジョイント部の開発に苦労し、FF車の開発を断念したメーカーもあった程でした。

また登場初期のFFはハンドルが極端に重かったり、真っすぐ走らないなどの問題もありましたが、現在ではパワーステアリングやサスペンションの改良で解消しています。

FF車のメリット

©maroke/stock.adobe.com

室内空間が広く取れる

動力源と駆動部がすべてボンネットの下に収まるため、車体は小さくとも室内空間を大きく取れるのがFFのもっとも大きなメリットです。2000年以降は1BOXカーやミニバンにもFFが採用され、限られた車体寸法のなかで、より広い室内空間を実現しています。

直進安定性に優れる

前から車を引っ張るように駆動するFFは、後から押し出すように駆動する後輪駆動車よりも直進安定性に優れます。ほとんどの状況下で強く直進しようとするため、後輪駆動車のようにスピン状態に陥ることが少なく、高い運転技術が不要になる点もFFのメリットです。

悪路に強い

駆動輪である前輪輪に車重の大半が集中するFFは、タイヤグリップを安定して使える特徴があります。エンジン重量によって駆動輪が押さえつけられるため、とくに濡れた路面や雪道、砂地やぬかるんだ滑りやすい路面での発進性能に優れています。

価格が安い

FFは、負担が少ないリアサスペンションやリアブレーキを簡素にできるため安価につくれます。また、FFが広く普及したことで部品共有が進み、さらに安価につくれるようになりました。構造上、4WD化が容易であることも価格に関するメリットといえるでしょう。

燃費性能に優れる

駆動部分が車体前半で完結しているFFは、後輪に駆動力を伝達するプロペラシャフトが必要ありません。動力伝達ロスが大きくなりがちな長いプロペラシャフトが不要になるうえ、部品点数を削減し軽量につくれるため、FFは燃費性能でも有利です。

FF車のデメリット

©yamasan/stock.adobe.com

小回りが効きにくい

FFは後輪駆動車に比べて低速走行での小回りが利きません。横向きにエンジンが収まるFF車のエンジンルームには、左右スペースに余裕がないため、十分なタイヤの切れ角を確保することが難しくなります。

また、ドライブシャフトジョイントの可動域にも限界があるため、後輪駆動車に比べて、どうしても最小回転半径が大きくなりがちです。

急加速が苦手

車は急加速をするほど後側にが沈み込み、反対に前側は浮き気味になります。前輪を駆動させるFFは、急加速をすると浮き気味になったフロントタイヤが空転を起こしやすくなるため、エンジン出力を路面に伝えられなくなり、それ以上の加速ができなくなります。

アンダーステアで曲がらない

FF車は、重いフロントに大きな遠心力がかかるため、ハンドルの舵角よりも車が外側に膨らんでしまうアンダーステアが発生しやすい特徴があります。

とくに高い速度域での加速しながら旋回をすると、浮き上がり気味になったフロントタイヤがグリップを発揮できずに、大きく外側にはらんでしまいます。

トルクステアとタックインが起きる可能性も

走行安定性が高いFFであっても、操作によっては急激な挙動変化を起こす場合があります。その要因となるのがトルクステアとタックインと呼ばれる現象です。

トルクステアとは、ハンドルを操舵せずともアクセルオン・オフ操作で車が曲がってしまう現象であり、左右で長さが異なるドライブシャフトの駆動力伝達タイミングの違いによって起こります。

タックインとは、ハンドルを切った状態で唐突なアクセルオフを行なうと、急激なエンジンブレーキを発端として車が急に曲がり込む現象です。

トルクステアとタックインのタイミングと進行方向が重なると、曲がりづらいFFでも簡単にスピンしてしまうことがあります。近年のFF車はドライブシャフトやサスペンションの改良によりトルクステアが起こりづらくなっています。

FFはスポーツカー(や高級車)には向かない?

©Pawel/stock.adobe.com

FF車にはスポーツカーや高級車としての致命的な欠点があります。エンジンスペースや車両特性の制限があるFFには、大排気量・高出力エンジンが搭載できないうえ、横置きエンジン特有の前後振動があるため、大排気量スポーツカーや高級車には適しません。

またFFは、スポーツカーの醍醐味であるフィーリングに関しても劣ります。パワートレインからの振動がステアリングに伝わりやすいためステアリングフィールに劣り、シフトレバーがワイヤーやロッドを介するため、ダイレクトなシフトフィーリングも望めません。

FFがスポーツカーや高級車に向かない理由は、求められる性能に対して、ハードウェアとしての限界値が低いためです。

小型車でこそFFのメリットが活きる

FFは、生粋のスポーツカーや高級車とはなりえないものの、限定された条件下では類まれな性能を発揮します。その条件のひとつがボディサイズと排気量です。FFのメリットは小型の車であるほど活かされます。

高級車の雄ともいえるメルセデス・ベンツの最小モデルであるAクラスの存在や、FRの名門BMWが1シリーズをFF化したのも、FFの利点を突き詰めた結果といえるでしょう。

そのほかにも、トヨタ カムリをベースとした高級車レクサス ESや、ホンダ シビックTypeRやルノー メガーヌのように第一線で戦えるスポーツカーも存在します。

現在FFが多く採用されている理由

©Gudellaphoto/stock.adobe.com

主流の駆動方式が、フロントエンジン・リアドライブのFRからFFへと移り変わった理由は、車体構造の合理性にあります。安全性能や環境問題、コストカットなどが叫ばれはじめた昨今、車に求められているのは絶対的な走行性能よりも、エコロジーでローコストかつ実用的で誰もが安全に運用できる性能です。

車内が広く燃費の良い車が安価につくれ、直進安定性能が高い代わりに曲がりづらいFFの特徴は、軽自動車やコンパクトカーのように、必要最低限の性能を備えた実用車に最適な構造といえるでしょう。

登場初期には不具合が多かったFFも、普及にともなう技術の進歩により一切問題なく使えるようになりました。現在では、軽自動車やコンパクトカーはもちろん、後輪駆動が常識であったバンやスポーツカー、高級車にまでFFが浸透しています。

駆動方式とは?FF・FR・MR・RR・4WD(AWD)の構造についても

燃費のいい車ランキング 令和最新情報!ボディタイプ別に解説!

FRの国産車が少なくなった理由は?

FF車とFR車の違いは? 用途に応じたおすすめ車と駆動方式を解説

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード