MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 何だか切ない…隆盛を極めた車も必ず衰退する?平成生まれ「車の一発屋」たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

何だか切ない…隆盛を極めた車も必ず衰退する?平成生まれ「車の一発屋」たち【推し車】

たまたまその時代にユーザーの要求にハマる車がドン!と登場。ヒット作になるものの、末期は半ば忘れられ、モデルチェンジはおろか後継車もなくひっそり消えていった…そんな「一発屋」は時代を問わないもので、もちろん平成時代にもありました。

今回はコンセプトそのものは現存したり、モデルチェンジで現存する車種もありますが、ヒット作としては一瞬で終わった、代表的な「平成の一発屋」を紹介します。

日産 エルグランド(初代・1997年)

日産 初代エルグランド
アルファード登場以前、「大型ハイルーフミニバンの星」だった

初代エルグランドは、1997年に登場しました。当時流行のアメリカ製ミニバンをリスペクトした「和製アストロ」的アグレッシブデザインと豪華内装で、国産大型ハイルーフミニバンに革命を起こす大ヒット車。経営が悪化していた日産を支える名車でした。

しかし、グランビアなどで敗北したトヨタはこのクラスを徹底研究。FF車ベースで低床、車内高に余裕があり、お買い得な2.4L車も揃えた初代アルファードを投入。

初代と同じくFRで床面が高く、小排気量のお買い得グレードもなかったエルグランドは2代目で惨敗。2.5L車追加や、FF低床化した現在の3代目でもその差は埋まらず、初代だけヒットした平成の一発屋となってしまいました。

最新「エルグランド」中古車情報
本日の在庫数 1425台
平均価格 169万円
支払総額 30~2,299万円

三菱 ディオン(2000年)

三菱 ディオン
無個性でスライドドアもなし、しかしとにかく安いのが時代にハマった一発屋

パジェロシリーズへ頼りきったRVブーム、レグナムなどステーションワゴンブームも終了。デリカ以外はパッとしなかった三菱の、パッとしない救世主。

ミラージュディンゴの全長・ホイールベースを延長、奇抜なフロントマスクは人畜無害に改変。スライドドアも個性もないセミハイルーフミニバンを低コストで作ると、意外にもヒット!

バブル崩壊後のどん底末期、困窮したユーザーでも買えるほど安く、5ナンバーサイズで目立たないミニバンとして時代にハマったのです。

発売当初の優秀な販売実績に欲を出し、デザイン変更、ターボ車追加とテコ入れするも、その頃には景気が上向きに。ディオンの居場所はなくアッサリ販売不振、一発屋で終わりました。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

マツダ CX-7(2006年)

マツダ CX-7
当時のSUVで群を抜くカッコよさから、一時は人気モデルだったCXシリーズ欠番車

マツダの主力、CXシリーズSUVの第1作。発売当初はマツダらしいスポーツイメージのスタイリッシュなSUVとして、海外では「もうムラーノ(日産の同クラスSUV)はいらない!」と言われる大ヒット!

日本でも当初は好調でしたが、車格の割に高級感がない2.3L直4ターボ、全幅1,870mmと当時の日本では大きすぎたのが次第に敬遠されていきました。海外でもモデル末期で人気が衰えると、そのままモデルチェンジもされずに廃止。

その後、日本では大きすぎる3列シートSUVのCX-9を海外用として、日本ではCX-5ベースで全幅を抑えたCX-8を作るなど教訓を残しましたが、一発屋”7”はCXシリーズで今も欠番です。

最新「CX-7」中古車情報
本日の在庫数 11台
平均価格 66万円
支払総額 55~80万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード