MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 自動車メーカー開発者に届け!今復活したら売れそうな車たち・1BOX車編【推し車】
メーカー・車種別

更新

自動車メーカー開発者に届け!今復活したら売れそうな車たち・1BOX車編【推し車】

かつて一斉を風靡したものの、その後パッとせず終わった車。あるいは最初からパッとしなかった車たち。そのユーザーやファンからは「もしかして今復活したら、案外ニーズがあって売れるんじゃ?」という声も聞かれます。

今回はそんな車の中から、1BOXワゴン/バンで「復活したら売れそうな車」を…とはいえ、今や大抵はハイエースかスズキ エブリイ/ダイハツ ハイゼット系でコト足りる分野でなかなか難しいのですが、3台集めてみました!

トヨタ ミニエース/スパーキー/ダイハツ アトレー7(1968年)

タウンエース/グランマックスベースで小型1BOXワゴンが欲しい層へ!

パブリカやヨタハチ由来の800ccエンジンを積んだトヨタの小型ミニバン、ミニエースコーチ

最近は軽トラなどリフトアップ勢、軽1BOXなど軽キャンパー勢が大イベントでも注目を集め、「SUVの新勢力」という状態です。そろそろ出てきそうなのが「カッコイイけど軽自動車は嫌だ」というユーザー層。

さりとてハイエースやキャラバンは大きすぎるという際、インドネアシアのアストラダイハツが生産、日本で輸入しているダイハツ グランマックス / トヨタ タウンエースがあります。

かつてトヨタはミニエースコーチという7人乗り800cc小型ミニバンを。その後もダイハツ アトレー7とトヨタOEM版スパーキーがありました。そろそろこれらをインドネシア製ベースで、再登板させてはどうでしょう?

フォルクスワーゲン ヴァナゴン(1995年)

BEVのID.Buzz正規輸入で実現するか?

オシャレなRVとしてちょっとした人気があったフォルクスワーゲン ヴァナゴン(画像は海外仕様のトランスポーターT4)

ミニバンは、FF車ベースで低床のハイルーフ車が売れ筋と決まったようで、大型ならトヨタ アルファード、中型はトヨタ ノア/ヴォクシー、日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン、三菱 デリカD:5と、それぞれ覇権を争っています。

しかし輸入車は、メルセデス・ベンツのVクラスがあるものの、基本は商用バンの乗用バージョンで、ブランド価値から考えると物足りません。

1990年代にフォルクスワーゲンが販売していたヴァナゴンも同様ですが、ヒストリックカーとして人気があるタイプ2(通称ワーゲンバス)リメイク版、EVのID.BUZZを日本でも販売すれば、多少高価でも輸入ハイルーフミニバンとして人気が出そうです。

ホンダ バモス4WDターボ(2000年)

軽商用BEVを発売するなら、ぜひこの現代版も!

雪道では最高に楽しかったらしいバモス4WDターボ

走りを評価される数少ない軽1BOXバン/ワゴンが新規格へ移行したホンダ アクティバンの乗用ワゴン仕様、バモス4WDターボ。

当時の軽商用ホンダの例に漏れずエンジン配置はアンダーフロアミッドシップ。同様のレイアウトだったZ(2代目)が熟成不足で酷評されたのに対し、キャビンも座席も前進したバモスは前後バランスも最適で、ホイールベースも長く安定していました。

4WDターボ版を雪道で試乗した某評論家が「ホンダ最高のミッドシップスポーツ」と評したほどでした。パワーユニットのレイアウトや駆動方式の自由度が高いEVの軽商用車を近々発売するホンダには、バモス4WDターボの再来を期待します。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード