MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 日産 エクストレイル用おすすめ人気スタッドレスタイヤと選び方|2022年最新情報
MOBY[モビー]

更新

日産 エクストレイル用おすすめ人気スタッドレスタイヤと選び方|2022年最新情報

エクストレイルに適合するタイヤサイズは?

北米やヨーロッパでも人気の高いミドルサイズのSUVで、現在は4代目となるの33系が販売されています。33系ではパワートレインを第2世代「e-POWER」のみとなり、4WDモデルには電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(イーフォース)」が採用されています。

また、運転支援システム「プロパイロット」がナビゲーションシステムと連携したナビリンク機能付きへと進化するなど、日産の先進技術が詰め込まれています。

この記事では以下モデルの以下タイヤに適合するサイズのある、スタッドレスタイヤを紹介しています。

  • 31系 215/65 R16・225/55 R18
  • 32系 225/65 R18
  • 33系 255/45 R20・235/55 R19・235/60 R18

※Amazonでは該当サイズの商品が表示されていない場合がありますので、購入の際はサイズをご確認ください。

SUV用スタッドレスタイヤの選び方

©New Africa/stock.adobe.com

悪路走破性の高さもSUVの美点のひとつです。しかし、重い車体は滑りにくい代わりに滑りはじめると止まりにくく、高い最低地上高は多少の積雪でも難なく進めるものの、調子に乗って進むと簡単にスタックしてしまいます。

雪に強いSUVとはいえタイヤ選びは重要です。SUVならではのスタッドレスタイヤの選び方と注意点を紹介していきます。

SUV用スタッドレスタイヤを選ぶ際のポイント

性能で選び分ける

重く大きなSUVはそれだけ止まりづらいため、ブレーキ性能に優れたタイヤを選びましょう。また、スタッドレスタイヤは原則として、氷上・雪上路面での走行性能を高めると、ウェット・ドライ路面での性能が低くなる傾向にあるため、お住まいの地域に合わせたタイヤ選びも重要です。

降雪・凍結が多い地域では氷上・雪上ブレーキ性能を最優先に選べば、より安心して走行できます。雪がほとんど降らない地域ではウェット・ドライ性能に優れたタイヤを選ぶことで、スタッドレスタイヤでも快適に移動できるほか、摩耗も抑えられます。

SUV専用タイヤを選ぶ

タイヤサイズがマッチするなら、SUV専用のスタッドレスタイヤを選びましょう。SUV専用タイヤは、ブレーキ時によく効く専用のトレッドパターンと、排水性・排雪性を高める深い溝、固めのゴムなどを採用したSUVでの使用に最適化されたタイヤです。

ややロードノイズが大きく、アイスバーンのような場所でのグリップ力は標準的なスタッドレスタイヤに劣るものの、耐摩耗性に優れるため、より長く使い続けることができます。SUV専用タイヤは、タイヤライフがとくに短くなりがちな大型SUVにおすすめです。

SUV用スタッドレスタイヤを選ぶ際の注意点

銘柄を決める前にタイヤサイズをチェック

本格SUVからクロスオーバーSUVまで、ひとくくりにSUVとして販売されていても、履いているタイヤは普通乗用車と同じサイズであったり、大径・高扁平率のSUV用サイズであったりと車種によって違います。

タイヤメーカーによっては、標準タイヤサイズとSUV用サイズを銘柄によって完全に分けられている場合があるため、タイヤを選ぶ際は銘柄や性能で決める前に、まずお乗りの車のタイヤサイズがラインナップしているかどうかを確認しましょう。

購入前に駆動方式をチェック

摩耗したタイヤだけを交換する場合は注意が必要です。2WDなら、前輪か後輪の摩耗したタイヤ2本だけの交換ができますが、4WDでは4本同時交換が原則。タイヤサイズはもちろん、銘柄も揃えるのが基本です。パンクなどで、やむなく1本だけ交換する場合は同じ銘柄・サイズのタイヤを購入しましょう。

4WDで異なる銘柄やサイズの違うタイヤを装着すると、駆動系の故障やタイヤの異常摩耗を引き起こす場合があります。SUVは4WDが好んで選択されがちであるため、事前に駆動方式を確認してから購入するタイヤや本数を決めましょう。

日産 エクストレイル用スタッドレスタイヤ人気8選

ICE ASIMMETRICO(ピレリ)

ヨーロッパの厳しい冬の中で鍛えられた技術を基に、日本市場向けに特別に開発された日本専用のモデルです。左右非対称なトレッドパターンはステアリングの正確性を生み出し、氷上でのブレーキング性能を向上させるソフトコアブロックや、氷上でのコントロール性を向上させる3Dバタフライサイプと組み合わされてあらゆる冬道を走破します。

WINTER TRANPATH TX(トーヨータイヤ)

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 225/60R18 100Q 4本セット

トーヨータイヤ WINTER TRANPATH TX 225/60R18 100Q 4本セット

59,950円(10/01 01:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

スーパーハイターンアップ構造を採用することで横方向の合成をアップし、ふらつきを抑制して操縦安定性を高めます。従来品と比べて氷上での制動距離を12%短縮し、コーナリング性能も8%向上しています。トレッドのイン側にはスーパーソフトコンパウンドを配して発進や制動の性能を高め、外側にソフトコンパウンドを使うことでコーにリング性能を高めています。

BLIZZAK DM-V3(ブリヂストン)

タイヤが滑る原因である路面の水膜を積極的に除去する「アクティブ発泡ゴム2」のグリップ力をSUVでも最大限に発揮させるために開発された、「SUV専用パタン」を採用することでさまざまな冬道でしっかり「止まる」と「曲がる」タイヤに仕上げられています。また、トレッドゴムを構成するポリマーに粒経を小さくしたシリカを配合し、「摩擦力向上剤」を増加したことでポリマーと効果的に結合し、トレッドゴムが接地面で粘りを発揮し、グリップ力が向上しています。

WINTER MAXX SJ8(ダンロップ)

SUV専用に開発されたモデルで、山岳路に多い「シャーベット状の雪」や「深雪」、「圧雪」などでその性能を発揮します。路面上の水膜を除去する時間を短縮し、密着面を最大化することで、従来品と比較して氷上ブレーキ性能を14%、氷上コーナリング性能は11%アップしています。静粛性や性能の維持なども高められており、トータルバランスに優れています。

ice GUARD 5 Plus iG50(ヨコハマタイヤ)

「新マイクロ吸水バルーン」、「ブラックポリマーⅡ」、「エボ吸水ホワイトゲル」という3種類の素材を組み合わた「スーパー吸水ゴム」を採用したモデルです。さらに、インサイドは氷上に、アウトサイドは雪上に効く左右非対称パターンとすることだあらゆる冬道でその性能を発揮します。また、氷上摩擦指数は約4年後でも高レベルを維持し、長い期間にわたって使用することができます。

NorthContact NC6(コンチネンタル)

シリカをベースにした低温耐性に優れたゴムと、独自の柔軟剤「耐寒性ソフトジェル」を均一に混ぜたハイテク低温ソフトコンパウンド「ノルディック・コンパウンド+」を採用し、低温環境でも優れたゴム弾性を維持します。また、経年劣化にも強く、本来の性能を長期間維持することが可能です。

X-ICE SNOW SUV(ミシュラン)

MICHELIN (ミシュラン) X-ICE SNOW SUV 235/55 R18 104T XL

MICHELIN (ミシュラン) X-ICE SNOW SUV 235/55 R18 104T XL

23,870円(10/01 01:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

アイスブレーキング性能や雪上ブレーキング性能を従来品よりも向上させた、SUVやクロスオーバーモデル向けに開発されたモデルです。新コンパウンド「EverWinterGrip(エバー・ウインター・グリップ)コンパウンド」を採用することで、初期性能が長く持続し、タイヤライフも向上しています。

スタッドレスタイヤに関するおすすめ記事

スタッドレスタイヤおすすめ人気ランキングはコチラ

スタッドレスタイヤの選び方ハウツーはコチラ

【特集ページ】スタッドレスタイヤに関する情報総まとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部 カー用品チーム
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事