MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > 【保存版】タイヤサイズの表記の見方や互換性から外径などの計算方法についても
タイヤ・スタッドレス

更新

【保存版】タイヤサイズの表記の見方や互換性から外径などの計算方法についても

タイヤサイズの確認方法

タイヤ メンテナンス

タイヤを交換する際は、車に合ったサイズのものを選ぶ必要があります。そのためにまず、自分の車のタイヤサイズを正しく把握しておきましょう。

タイヤサイズは、以下の方法で確認することができます。

タイヤ本体のサイドウォール部

タイヤ 種類 スペック表示

タイヤのサイドウォールには、たくさんの情報が記載されています。

写真の「205/55R16 91W」のような表記がタイヤサイズを表しています。

車の運転席側ドアの内側

タイヤ空気圧シール
© MOBY

多くの場合、運転席ドアの内側車体に指定タイヤサイズと指定空気圧が記載されたシールが貼られています。タイヤ交換の際はこのタイヤサイズ表記を必ず確認し、同じサイズのタイヤを購入するようにしましょう。

また、見栄えをよくするためにホイールのインチアップを行う場合は、タイヤの外径(直径)が変わらないようにする必要があります。

タイヤ交換の詳しい手順についてはこちら

車のタイヤ交換方法の手順や必要な工具について|ジャッキを使えば自分で出来る

常用車用タイヤのサイズ表記方法

乗用車用タイヤにおいて代表的なサイズ表記は、以下になります。

タイヤサイズ表記
© MOBY

タイヤサイズ表記は

  • タイヤ幅
  • 扁平率
  • タイヤ構造
  • リム径
  • 速度記号
  • ロードインデックス

によって構成されています。

これらの指標はすべて意味を持っており、理解しておくとタイヤ交換の際に非常に役立ちます。それでは、各指標が何を表しているか見ていきましょう。

タイヤ幅とは?

タイヤ幅
© MOBY

タイヤ幅とは文字通りタイヤの横幅のことです。単位はmm(ミリメートル)となります。上の表記例では、このタイヤの幅は205mmになります。

タイヤ幅変更のメリット・デメリット

タイヤ

タイヤ幅が路面と接する面積が増えることで以下のメリットがあります。

  • 走行時の安定性向上
  • ブレーキ性能の向上

デメリットとしては、転がり抵抗が増えるために燃費が悪化します。
さらに、荒れた路面ではハンドルを取られやすくもなります。

タイヤ幅を変更する際は、上記のメリット・デメリットを十分に理解し、多くても20mm~30mm程度の変更に留めるようにしましょう。

扁平率とは?

偏平率 タイヤ
© MOBY

扁平率とはタイヤ幅に対するタイヤ断面の高さの比率、つまりタイヤのサイドウォール部分の厚さを表す数値(単位はパーセント)です。上の表記例では、このタイヤの扁平率は55パーセントになります。

よって、このタイヤのサイドウォール部分の厚さは、
205mm×55パーセント=約113mmとなります。

扁平率が大きいほど、サイドウォール部分の厚さが大きくなります。

扁平率変更のメリット・デメリット

タイヤ 偏平率
© MOBY

タイヤの扁平率は、車の乗り心地に大きな影響を与えます。扁平率を大きくするとタイヤの空気量が多くなるため、振動・騒音の吸収力が高くなり乗り心地が良くなります。一方でタイヤのたわみの量も大きくなるため、ブレーキングやコーナリング等の運動性能は若干低下します。

逆に小さくすると、乗り心地は悪化しますが運動性能は向上します。

タイヤの扁平率についての詳しい解説はこちら

タイヤの扁平率とは?扁平タイヤと乗り心地の関係についても!

タイヤ構造とは?

タイヤ 構造
© MOBY

乗用車用タイヤには、「ラジアルタイヤ」と「バイアスタイヤ」という2つの構造があります。上の表記例の「R」はラジアルタイヤを示しています。

走行性能、経済性ともにラジアルタイヤが優れており、現在はほぼすべての乗用車用タイヤはラジアルタイヤとなっています。

あまり見ることはありませんが、「-」がバイアスタイヤの表記に使われています。

ラジアルタイヤとは?詳しくはこちら

ラジアルタイヤとは?価格や寿命からバイアスタイヤとの違いまで

リム径とは?

タイヤ リム径
© MOBY

リム径とは、タイヤに装着するホイールのサイズを表す数値です。単位は「インチ」となります。上の表記例では、このタイヤのホイールサイズは16インチとなります。

現在市販されている乗用車では、14~17インチホイールを採用しているものが多く、一部上級グレードや高級車においては18インチ以上の大径ホイールを採用しているものもあります。

インチアップのメリット・デメリット

タイヤ インチアップ

ホイールサイズを大きくすることを一般的に「インチアップ」と呼び、見栄えが良くなるほか、扁平率と同様にブレーキやコーナリング性能が向上することがメリットとして挙げられます。

デメリットとしては、やはり扁平率と同様に乗り心地が悪化することと、ホイール重量が増加するため燃費が多少悪化することが挙げられます。

詳しくは後述しますが、インチアップを行う場合はタイヤの直径(外径)をなるべく変えずに行う必要があり、この点で扁平率とリム径は反比例の関係にあります。見栄え・走行性能と燃費・乗り心地のバランスを考慮し、適切なホイールサイズを選ぶ必要があるでしょう。

ホールのインチアップについての詳しい解説はこちら

タイヤとホイールのインチアップとは|計算方法からメリットやデメリットも解説

ロードインデックス(LI)とは?

タイヤ ロードインデックス
© MOBY

ロードインデックス(LI)とは、タイヤが1本で支えることのできる最大負荷(重量)を示す指数です。

タイヤ交換の際は、このLIがもとの装着タイヤと同じかそれ以上でなければいけません。LIが小さくなると、タイヤが車体を支える力が弱くなってしまいますので、バーストや編摩耗など、走行に大きな支障が出る恐れがあるからです。

各LIのタイヤの最大負荷は、以下のように定められています。

LI最大負荷(kg)
60250
61257
62265
63272
64280
65290
66300
67307
68315
69325
70335
71345
72355
73365
74375
75387
LI最大負荷(kg)
76400
77412
78425
79437
80450
81462
82475
83487
84500
85515
86530
87545
88560
89580
90600
91615
LI最大負荷(kg)
92630
93650
94670
95690
96710
97730
98750
99775
100800
101825
102850
103875
104900
105925
106950
107975
LI最大負荷(kg)
1081000
1091030
1101060
1111090
1121120
1131150
1141180
1151215
1161250
1171285
1181320
1191360
1201400

速度記号とは?

速度記号とは
© MOBY

速度記号とは、タイヤが走行に耐えられる最高速度を示す記号で、アルファベットで表されます。

アルファベットごとに走行可能な最高速度が決められており、以下の表のとおり下へ行くほど高速性能の高いタイヤになります。本項では最高速度120km/hからの速度記号をご紹介します。

速度記号最高速度 (km/h)
L120
M130
N140
P150
Q160
R170
S180
T190
U200
H210
V240
W270
Y300

タイヤサイズ表記からタイヤ外径の計算を行う

レーシングタイヤ 発車直前
©Shutterstock.com/ Avigator Thailand

タイヤサイズの表記の見方について、だいたいお分かりいただけたでしょうか。タイヤサイズ表記が分かると、タイヤの外径(直径)を求めることができます。

計算式は次のようになります。

タイヤ外径の求め方

タイヤ外径(mm)=タイヤ幅(mm)×扁平率(%)×2+リム径(インチ)×25.4
※1インチ=25.4mmのため

たとえば、サイズ表記が「205/55R16 91W」のタイヤであれば

205×55%×2+16×25.4=632(小数点以下四捨五入)

となり、このタイヤの外径は632mmであることが分かります。

タイヤ外径はなるべく変わらないように

タイヤ

タイヤを買い替えるときやドレスアップを目的としたインチアップを行う際は、もとの装着タイヤと外径が変わらないようにする必要があります。

なるべく装着しているタイヤと同じ外径のタイヤを選ぶようにしましょう。

タイヤ外径を変更するとどんな影響がある?

スピードメーター

車のスピードメーターはタイヤの回転数をもとに車速を算出して表示する仕組みになっています。このため外径がもとの装着タイヤと異なる場合、メーターに狂いが生じ、場合によっては車検に通らなくなる可能性があります。

もとの装着タイヤよりも大きなタイヤを装着した場合、タイヤ1回転で進む距離は長くなり、メーター表示速度は実際の速度よりも遅くなります。

逆に小さなタイヤを装着した場合はメーター表示速度は実際の速度よりも速くなります。また、タイヤが取り付けられるスペースの大きさは新車装着時のタイヤを基準に決められていますので、外径が変わることで車体へ接触したり、操縦性に悪影響が及んだりする可能性もあります。

極端に外径が変わってしまわないように慎重にタイヤ選びを行いましょう。

インチアップの際は必見!互換性のあるタイヤサイズ一覧

タイヤ メンテナンス

現在市販されている車に採用されているタイヤサイズごとに、リム径を1~3インチアップする場合の互換可能なタイヤサイズを一覧にまとめました。インチアップをお考えの際は、参考にしてみてください。

※かっこ内の数字は外径(単位はmm)

リム径が14インチのとき互換可能なタイヤサイズ

標準装着サイズ15インチ16インチ17インチ
155/65R14(557)175/50R15(556)
195/45R15(557)
165/45R16(555)
185/40R16(554)
155/40R17(556)
175/35R17(554)
165/55R14(537)175/45R15(539)
195/40R15(537)
165/40R16(538)
185/35R16(536)
175/30R17(537)
165/60R14(554)175/50R15(556)
195/45R15(557)
165/45R16(555)
185/40R16(554)
175/35R17(554)
165/65R14(570)175/55R15(574)
185/50R15(566)
165/50R16(571)
185/45R16(573)
175/40R17(572)
195/35R17(568)
165/70R14(587)175/60R15(591)
185/55R15(585)
165/55R16(588)
185/50R16(591)
175/45R17(589)
175/70R14(601)185/60R15(603)175/55R16(599)
195/50R16(601)
185/45R17(598)

リム径が15インチのとき互換可能なタイヤサイズ

標準装着サイズ16インチ17インチ18インチ
165/55R15(563)175/45R16(564)
195/40R16(562)
165/40R17(564)
185/35R17(561)
175/30R18(562)
175/65R15(609)185/55R16(610)175/50R17(607)
195/45R17(607)
185/40R18(605)
185/60R15(603)195/50R16(601)
215/45R16(600)
195/45R17(607)
215/40R17(604)
185/40R18(605)
205/35R18(601)
185/65R15(622)195/55R16(621)
215/50R16(621)
195/50R17(627)
215/45R17(625)
185/45R18(624)
205/40R18(621)
195/65R15(635)205/55R16(632)
225/50R16(631)
205/50R17(637)
225/45R17(634)
195/45R18(633)
225/40R18(637)
205/65R15(648)215/55R16(643)
205/60R16(652)
215/50R17(647)
235/45R17(643)
215/45R18(651)
235/40R18(645)

リム径が16インチのとき互換可能なタイヤサイズ

標準装着サイズ17インチ18インチ19インチ
175/60R16(616)185/50R17(617)
205/45R17(616)
175/45R18(615)
195/40R18(613)
185/35R19(612)
215/30R19(612)
185/55R16(610)195/45R17(607)
215/40R17(604)
195/40R18(613)
215/35R18(608)
205/30R19(606)
185/60R16(628)195/50R17(627)
215/45R17(625)
185/45R18(624)
215/40R18(629)
205/35R19(626)
205/55R16(632)225/45R17(634)215/40R18(629)215/35R19(633)
245/30R19(630)
205/60R16(652)215/50R17(647)
225/50R17(657)
215/45R18(651)215/40R19(655)
245/35R19(654)
215/60R16(664)215/55R17(668)
235/50R17(667)
225/45R18(660)225/40R19(663)

リム径が17インチのとき互換可能なタイヤサイズ

標準装着サイズ18インチ19インチ20インチ
215/50R17(647)235/40R18(645)235/35R19(647)225/30R20(643)
235/30R20(649)
215/55R17(668)235/45R18(669)225/40R19(663)
235/40R19(671)
225/35R20(666)
235/35R20(673)
225/55R17(679)225/50R18(682)
235/45R18(669)
245/45R18(678)
245/40R19(679)245/35R20(679)
225/65R17(724)225/60R18(727)
235/55R18(716)
235/50R19(718)
245/50R19(728)
245/45R20(729)
265/40R20(720)

タイヤ表記を十分に理解し適切なタイヤ選びを!

サマータイヤ

タイヤの表記飲み方から互換性などについての解説はいかがでしたか?

タイヤは車の安全な走行のために最も大事なパーツの1つです。ホイールのインチアップなどする際は、従来の安全性や走行性能を損ねることのないよう、メリット・デメリットをよく理解したうえで適切なタイヤを選ぶように心がけましょう。

タイヤメーカーについての詳しい解説はこちら

タイヤメーカーの人気ランキングTOP10|メーカーの特徴やタイヤの種類など

タイヤランキングについてはこちら

オールシーズンタイヤの選び方|スタッドレスとの性能比較などまとめ

スタッドレスタイヤおすすめ人気ランキング10+3と選び方【2018年最新版】

タイヤの交換についてはこちら

車のタイヤ交換方法の手順や必要な工具について|ジャッキを使えば自分で出来る

【タイヤ交換】ジャッキスタンドおすすめランキングTOP5|使い方や位置についても

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ