MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > クルマ好きならすぐ分かる?日産の名機RBエンジンを搭載した日産の名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

クルマ好きならすぐ分かる?日産の名機RBエンジンを搭載した日産の名車たち【推し車】

2リッター以上の大排気量エンジンとして、L型の後継は早くからV型6気筒のVG系エンジンと決めていた日産ですが、直列6気筒のフィーリングを好む保守層向け、ディーゼルエンジンの継続、VGの保険といった意味合いも兼ね、L型発展版のRB系エンジンも継続します。

結果的に、FF以外のV6エンジン完全以降はさらに後の世代であるVQ系までかかったため2000年代までRB系は存続、頑丈なためチューニングにもよく耐えて高性能な派生型・RB26DETTを生み、V6化に際しては直6ファンを嘆かせました。

そんなRBエンジンの中から、「あえて」GT-Rを除く3台を厳選して紹介します。

HR31スカイラインGTS-R(7代目・1987年)

HR31スカイラインGTS-R

初めてスカイラインGTを名乗った2代目S54系以来、直6エンジンはスカGの誇りとしてきたスカイラインへRB系エンジンを搭載したのは7代目R31系から。

当初はトヨタのマークII3兄弟などハイソカー対策としてラグジュアリーな4ドアセダンが先行した事や、新世代エンジンとして期待されたRB、特にDOHC24バルブ版RB20DE/DETが熟成不足で酷評されるも、2ドアクーペGTS系の追加とRBの熟成で、次第に盛り返します。

レースでも、苦戦していたR30スカイラインRS後継で、210馬力にパワーアップしたRB20DET-R搭載のGTS-Rを発売してグループAレースで活躍、後のR32GT-Rへと繋ぎました。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1566台
平均価格 378万円
支払総額 29~7,331万円

A31系セフィーロ(初代・1988年)

A31セフィーロ スポーツツーリング

2代目以降のV6エンジン搭載FFセダン/ワゴン人気の印象が強いセフィーロですが、初代はモーター店(ローレル)やプリンス店(スカイライン)クラスの4ドア車がラインナップになかった日産店/サニー店向けの、FRサルーンでした。

R32スカイラインやC33ローレルの兄弟車で、同じ販売店で扱うシルビア(当時はS13)の上級版的な4ドア高級スポーツセダンとしての役割も期待され、プロジェクターヘッドランプを採用した若々しいデザインなどS13との共通イメージがあります。

保守層に敬遠されて販売は思わしくなかったものの、クルーなど他のRB搭載車同様にドリ車のチューニングベースとして中古になってから人気がありました。

最新「セフィーロ」中古車情報
本日の在庫数 26台
平均価格 168万円
支払総額 44~339万円

WGNC34ステージア オーテックバージョン260RS(初代・1997年)

WGNC34ステージア オーテックバージョン260RS(前期型)

1990年代ステーションワゴンブームの空白域、大型大排気量車へ激震を起こしたハイパワーワゴン、初代ステージアへオーテックがスカイラインGT-R用エンジン「RB26DETT」と「アテーサE-TS」4WDシステムを組み込んだ、究極のGT-Rワゴン。

かつてR31スカイラインワゴンにターボ車はあったものの、これだけの最強エンジン搭載ワゴンとなると日産初で、もともとC34ローレル/R33スカイラインベースな初代ステージアならではといえる、至上の組み合わせでした。

ライバルのトヨタもクラウンエステート(ワゴン)へ2.5リッター直6ターボのアスリートを設定しますが、ステージア260RSこそ国産最強ワゴンです。

最新「ステージア」中古車情報
本日の在庫数 93台
平均価格 153万円
支払総額 30~652万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード