MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 燃費優先の時代だからこそ「クルマを操る楽しさ」を味わいたい!新世代FR車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

燃費優先の時代だからこそ「クルマを操る楽しさ」を味わいたい!新世代FR車たち【推し車】

RVブームの1990年代、ミニバンSUVが大手を振って主力となった2000年代を通し、国産スポーツモデルはまさに死に体となりました。

特に2002年、強化された排ガス規制で1990年代の国産スポーツ黄金期を支えたハイパワーターボ車のほとんどが一斉に廃止された影響は大きく、環境とスポーツ性を両立した高回転ハイパワーの自然吸気エンジン車も、環境優先の時代に次々と消えてゆきます。

しかし2010年代に入り、クルマを操る楽しさを思い出そうと呼びかけてスポーツモデルを再評価する機運が高まり、忘れられかけていたFRスポーツが復活していきました。

トヨタ 86 / スバル BRZ(初代・2012年)

国産FRスポーツの再始動

トヨタ 86

日本で新型が出なくなり、マツダ ロードスター(4代目NC)くらいとなっていた2L級FRスポーツを復活させたもので、衝突安全性能や予防安全性能が不可欠な時代において、排気量やボディサイズの拡大による現実的解釈で名車AE86の復活を狙ったモデル。

スバルとの提携でFFから4WDへの転換が容易だった水平対向エンジン縦置きレイアウトをFR化、ターボによるパワーの追求より、自然吸気エンジンを搭載する安価でコントローラブルなスポーツカーを目指し、トヨタの直噴エンジンで必要最低限のパワーと環境を両立。

トヨタ版「86」とスバル版「BRZ」を作り、もっとも安い86の競技ベース車はギリギリ200万円を切る199万円、上級グレードも頑張れば買える300万台前半の超特価!

両車によるワンメイクレースも開催し、14R-60やGRMNなど限定の高性能メーカーチューンドも発売、国産FRスポーツは新たな歴史を刻み始めました。

最新「86」中古車情報
本日の在庫数 1141台
平均価格 209万円
支払総額 85~866万円

マツダ ロードスター(4代目ND・2015年)

古くて新しい元祖ライトウェイト・オープンスポーツの原点回帰

マツダ ロードスター(4代目ND)

1989年の初代NAロードスターは、忘れかけていたライトウェイト・オープンスポーツに再び日を当て、世界中から同種のモデルが生まれるほどの影響を与えましたが、そのほとんどは一過性のブーム。

しかし、深刻な経営危機にあっても、ミニバンやSUVが主力となってロータリースポーツが終わっても、ロードスターだけはしぶとく改良を続けたマツダは、日本で唯一、ひたすら2シーターFRオープンスポーツを作り続けるメーカーとなっていました。

そんなロードスターも3代目NCでは2L車になっていましたが、SKYACTIVテクノロジーを全面投入した4代目NDでは小型で軽快な1.5L級オープンスポーツへと原点回帰、電動ハードトップの2L車ロードスターRFも加え、新世代スポーツ時代にも存在感を示します。

GR86/2代目BRZの2.4L化で、ソフトトップ版にも海外仕様の2L車が追加されるという噂もあり、まだまだ目が離せません。

最新「ロードスター」中古車情報
本日の在庫数 1027台
平均価格 201万円
支払総額 30~543万円

トヨタ GRスープラ(5代目スープラ・2019年)

BMWのパーツを使ってもトヨタの魂を持つ、トヨタ最強のFRスポーツ

トヨタ GRスープラ(5代目スープラ)

2011年にトヨタとBMWが提携した時から、両社の関係者が否定しても消えない「BMWの直6を積んでスープラ復活」の噂へ応えるかのように、開発がスタート。

よく誤解されるように、BMW Z4へトヨタ式のガワをかぶせただけの姉妹車や共同開発車ではなく、BMWのプラットフォームやパワートレーンなどを使ってトヨタが独自に開発したFRスポーツです。

エコカーを多数ラインナップし、CAFE(企業別平均燃費基準)に余裕のあるトヨタゆえに性能や装備面でも余裕があり、予想されていたハイブリッド車を設定することもなく、BMW製2L直4ターボと3L直6ターボだけで勝負。

MT車やレース向けのGT4を追加するなど進化し続けていますが、オーストリアのマグナ・シュタイアで生産して世界へ配分し、日本本国でも輸入割当台数が少ないため見かける機会が少なく、かつての70/80スープラのように身近な存在ではないのが惜しまれます。

最新「スープラ」中古車情報
本日の在庫数 134台
平均価格 683万円
支払総額 150~1,799万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード