MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > テスラモーターズ車種一覧|モデルS・X・3・Yやロードスターの特徴と価格を比較
メーカー・車種別

更新

テスラモーターズ車種一覧|モデルS・X・3・Yやロードスターの特徴と価格を比較

テスラモータズの車種一覧!全部知ってる?

テスラ

今回は、新興EV(電気自動車)メーカーであるテスラの車種を一覧でご紹介します。

最新モデルばかりが話題のテスラですが、すでに販売を終了しているモデルも存在します。
資金繰りや納車時期などでなにかと話題のテスラの車種についてご紹介します。

①テスラ モデルS

テスラを代表するフラグシップセダン

テスラ モデルS 2016年

・新車価格:933~1562万円
・中古車価格:640~1037万円

テスラ モデルSはテスラを代表するフラッグシップセダンです。
非常に車体が大きく、加速力もあり、EVとしても燃費は最高クラスと破格のスペックを持ったEVとして一躍有名になりました。
電動のパワートレイン自動運転だけでなく、対生物兵器モードなどユニークな装備が話題となったモデルです。

最新「モデルS」中古車情報
本日の在庫数 33台
平均価格 695万円
本体価格 380~1,590万円
モデルSの中古車一覧へ

テスラ モデルSについてはこちら

②テスラ モデルX

ファルコンウィングが特徴的な電気SUV

・新車参考価格:1084万円から

テスラがモデルSの次に発売したのが、SUVタイプのEVであるモデルX。
もちろん性能が高い車であることは間違いありませんが、さらに大きな特徴として、大きく開くファルコンウィングや、加速の速さなどが挙げられます。
7人乗りのSUVでありながら、停車状態から時速100㎞/hまで3.1秒と電気自動車ならではといえるスペックを持っています。

最新「モデルX」中古車情報
本日の在庫数 25台
平均価格 885万円
本体価格 699~1,480万円
モデルXの中古車一覧へ

テスラ モデルXについてはこちら

③テスラ ロードスター

意外と知らない、テスラ史上最初のモデル

・新車参考価格:1276~1481万円

テスラの最も古いモデルで、現在唯一販売が終了しているのが、このテスラロードスターです。
意外とこのモデルだけは分からなかったという方も多いのではないでしょうか。

参入障壁が高いと言われる自動車業界に、テクノロジーとクリエイティビティで旋風を巻き起こすテスラの歴史はこの一台から始まりました。

開発には英国の自動車メーカーであるロータスの援助を受けたスポーツカーで右ハンドル仕様も生産されるなど比較的好調な販売台数を記録したモデルです。

最新「ロードスター」中古車情報
本日の在庫数 1台
平均価格 578万円
本体価格 578~578万円
ロードスターの中古車一覧へ

テスラ ロードスターについてはこちら

④テスラ モデル3

2017年予約開始の最新廉価モデル!

テスラ モデル3 2016年
Steve Jurvetson CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

2016年3月に世界初公開され、2017年に発売が予定されているテスラの最新作であるモデル3。
これまで、1000万円を越える高級車ばかりを取り扱ってきたテスラの初めての大衆向けの車となります。

大きさについてはモデルSの全長4978mmに比べてモデル3は4694mmとコンパクトなモデルになると明かされています。
価格に関しては米国市場価格のみが公開されている現状ですが、日本円に換算するとスタンダードグレードが約400万円~でプレミアムモデルが約550万円~という設定です。

すでに日本国内においても予約が始まっているモデル3。米国やカナダではすでに納車が始まっていますが、日本国内の納車は2019年以降というアバウトな発表しかなされていない状態です。

モデルS比較でコンパクトなセダンとされたモデル3の後にも、価格を抑えたSUVモデルのテスラ新型車の噂もされており、そちらも期待が高まっています。

最新「モデル3」中古車情報
本日の在庫数 18台
平均価格 530万円
本体価格 398~778万円
モデル3の中古車一覧へ

モデル3に関する最新情報はこちらから!

モデル3のライバル車についてはこちらから!

⑤テスラ 新型ロードスター

テスラ ロードスター

2017年11月16日に発表され現在予約受付がなされているテスラの新型ロードスター。
納車時期どころか生産開始の時期すらも発表されていないこのテスラ。何年後に納車されるのかすらわからない車でありながら、上位グレードである「ファウンダーシリーズ」を予約するには約2800万円が必要であり、そのアバウトさが大きな話題となりました。

停止状態から100㎞/hまでの加速は2.1秒。最高速度は400㎞/h以上でありながら1000㎞以上の航続距離を謳うスーパーEVカーの新型ロードスター。
発売されれば歴史に残る一台となるでしょう。

テスラ 新型ロードスターに関する記事はこちら

⑥テスラ セミ

テスラ セミ

テスラ 新型ロードスターと同時に発表されたEVトラックがこの「セミ」です。
一回のチャージで300マイル~500マイルの走行を可能としながら、36トンの荷物を引いた状態で停止状態から時速96㎞/hまで20秒で加速します。

米国での価格は航続距離480㎞のモデルで15万ドル(約1700万円)、航続距離800㎞のモデルで18万ドル(約2000万円)という価格設定がなされており2019年から生産を開始する予定です。

テスラ セミに関する記事はこちら

テスラはガソリン車を越えられるか?

これからは大衆向けの新車種がぞくぞく登場

テスラモーターズは、最終的にはガソリン車のシェアを電気自動車で奪い取ることを目標にしています。
そのために、他の電気自動車メーカーのために、テスラの特許技術の公開までしています。

高い理想を持ち、クオリティの高いEV(電気自動車)を作り続けるテスラのこれからに期待しましょう!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事