MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【1996年-2006年】ターボやエボで華やかだった、三菱の名ステーションワゴンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

【1996年-2006年】ターボやエボで華やかだった、三菱の名ステーションワゴンたち【推し車】

すっかりSUVと軽乗用車メーカー専売に収まった感のある三菱ですが、かつてラインナップ豊富だった頃にはステーションワゴンも販売しており、しかもパワフルでいかにも当時の三菱らしい車種をラインナップしていました。

これらの車を現在も所有している三菱ファンからすると、「あの頃のあんな車をまた発売してくれれば…」と思いつつ買い替えできないユーザーもいるであろう3台をご紹介します。

レグナムVR-4(1996年)

レグナムVR-4 タイプS

1990年代ステーションワゴンブームに出遅れ、それも三菱らしい4WDターボは1.8ターボのリベロGTくらいな状況を打破すべく登場した、8代目ギャランのワゴン版。

トップグレードVR-4はベース車同様、当時の自主規制いっぱい280馬力でトルクフルな2.5リッターV6ターボエンジン搭載の4WDターボで、ランエボ同様のAYC(電子制御アクティブ・ヨー・コントロール)をリアデフに装備。

ギャランで定評のあるVR-4、それも同クラス排気量車よりコンパクト、同車格ライバルよりパワフルというバランスの良さが受け、中古車市場では人気があるものの流通数が少ないため、同種の車を待っているユーザーは多いかも知れません。

最新「レグナム」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 110万円
支払総額 50~180万円

コルトプラス ラリーアート(2004年)

コルトプラス ラリーアート

1.3~1.5リッター級コンパクト、コルトのリヤオーバーハング延長版ショートワゴンとして2004年に登場、同時期にマイナーチェンジしたコルト同様に、1.5リッターMIVECターボを搭載した「ラリーアート」もラインナップ。

当初147馬力、後に154馬力となったMIVECターボは、後のコルト ラリーアートバージョンRのように5速MTまでは追加されなかったものの、ランサーワゴンのラリーアートとともに、当時としては数少ない5ナンバースポーツワゴンでした。

ベース車よりデザインのバランスが良好だったコルトプラスの高性能版でしたが、当時の三菱はスキャンダル続きで積極的な宣伝は行えなかったのが惜しまれます。

最新「コルトプラス」中古車情報
本日の在庫数 23台
平均価格 38万円
支払総額 14~63万円

ランサーエボリューションワゴンMR(2006年)

ランサーエボリューションワゴンMR

ベースのランサーにワゴンモデルが登場、さらに5速AT車のGT-A登場で、両者を組み合わせた「ランエボワゴン」熱望を受け、まずは2005年にエボIXベースのランエボワゴン、通称「エボワゴン」が登場。

ランサーワゴンのエボ化というより、エボIXにランサーワゴンのラゲッジを含む上半分を載せたような作りで、GT-A同様に5速AT車も設定し、実用性も考慮した快速ワゴンでした。

同世代ランエボの決定版、エボIX MRが2006年に登場するのと同時に、低重心化やセッティング最適化など同じ改良が施されたエボワゴンMRも発売、次のエボXにはワゴンがなかったため、最後にして最強の「エボワゴン」となっています。

最新「ランサー」中古車情報
本日の在庫数 298台
平均価格 377万円
支払総額 48~1,033万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

三菱の新型車に関する最新情報はコチラ!

三菱車のこんなキャッチコピー、知ってる?

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード