MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > シボレー > 【シボレーSUV一覧比較】人気おすすめランキング!中古価格で買うなら?
シボレー

更新

【シボレーSUV一覧比較】人気おすすめランキング!中古価格で買うなら?

シボレーのSUVをランキングで一覧比較! 中古価格で買うならどのモデルがおすすめ?

シボレー ロゴ 2017年

米ゼネラルモーターズ(GM)が展開する自動車ブランド・シボレー。
日本においては、いわゆる“アメ車”のイメージが強いブランドです。
シボレーのラインナップには、フルサイズSUVをはじめとした大型でパワフルなアメ車が揃っており、日本の中古車市場では日本未導入のモデルも含めて活発に取引されています。

シボレーのSUVを日本未導入・販売終了モデルも含めて、人気ランキングにまとめました。

シボレーとは?

シボレーのSUV 人気おすすめランキング【第1位】

シボレー・サバーバン

11代目 シボレー・サバーバン

シボレー サバーバン 2017年

シボレー・サバーバンは、シボレーが1935年から販売しているフルサイズSUVです。
初代サバーバンが発売されて以降、80年以上にわたって同じ車名で生産が続けられている、アメリカで最も長い歴史を持つ車種の一つでもあります。

サバーバンが現在まで続くSUVスタイルとなったのは、1960年~1966年まで生産された5代目モデルからであり、それ以前はワゴンタイプのボディとなっていました。
現行モデルのサバーバンは11代目であり、2015年から販売されています。

サバーバンは日本未導入のモデルですが、全長5,500mmを超える大型のボディやパワフルなV8エンジンなど、アメ車ならではのダイナミックな要素が高く評価されており、業者による並行輸入も盛んに行われています。
そのため、サバーバンは中古車市場における流通数も多く、正規輸入モデルを差し置いて、シボレーの中古SUVで最も人気があるモデルとなっているのです。

シボレー・サバーバンの中古車価格・ボディサイズ

シボレー・サバーバンはモデルの数が多く、価格の幅も非常に広くなっています。
日本に輸入される車両が増えた8代目サバーバン以降は、50~300万円程度の比較的手ごろな中古価格で取引されているので、状態の良い個体を探して購入しましょう。

シボレー・サバーバンの中古車価格・ボディサイズ
中古車価格 25万~858万円
ボディサイズ 全長5,700×全幅2,045×全高1,890mm(11代目)

シボレーのSUV 人気おすすめランキング【第2位】

シボレー・タホ

3代目 シボレー・タホ

シボレー タホ 2016年型
RL GNZLZ CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

シボレー・タホは、シボレーが1992年から販売しているフルサイズSUVです。
日本においては、初代タホをヤナセがごく少数輸入して、シボレー・ブレイザーという車名で販売を行っていました。
現行モデルの3代目タホは、2008年から三井物産オートモーティブが正規輸入しています。

3代目タホの日本仕様車のパワートレインには、最高出力325PSを発揮する5.3LのV型8気筒エンジンが搭載されており、トランスミッションには4速ATが組み合わされます。
全長5,130mmのボディが実現したゆとりある広さの室内空間は、多彩なシートアレンジと合わせて、さまざまな用途に活用可能です。

シボレー・タホの新車価格・中古車価格・ボディサイズ

シボレー・タホは、年式によって中古車価格に大きな差があります。
現行モデルである3代目タホの中古車価格は、新車価格からあまり安くはなっていませんが、流通数が最も多い2代目タホの中古車価格は、50~150万円程度に落ち着いています。

シボレー・タホの新車価格・中古車価格・ボディサイズ
新車価格タホ LS:628万円(税込)
タホ LT:698万円(税込)
中古車価格中古相場:28万~798万円
ボディサイズ全長5,130×全幅2,020×全高1,920mm(3代目)

シボレー・タホについての記事はこちら

シボレーのSUV 人気おすすめランキング【第3位】

シボレー・トレイルブレイザー

初代 シボレー・トレイルブレイザー

初代 シボレー トレイルブレイザー 後期型 2006-2008年型
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

シボレー・トレイルブレイザーとは、シボレーが販売している中型SUVです。
2001年に発売された初代トレイルブレイザーは、海外製SUVの中でも比較的小さい部類に入る、全長4,890mmというボディサイズをしていました。
そのため、初代トレイルブレイザーは日本の道路事情にちょうど良いアメ車のSUVとして、現在も中古車市場で根強い人気があります。

2012年に発売された2代目トレイルブレイザーは、アジア圏を中心に販売を拡大していますが、日本への正規輸入は行われていません。
そのため、2代目トレイルブレイザーは中古車市場に出回っておらず、入手するのが非常に難しくなっています。

シボレー・トレイルブレイザーの中古車価格・ボディサイズ

初代トレイルブレイザーは中古車の流通数が多いため、状態の良い個体が探しやすく、中古価格も高くて200万円弱と、非常に入手しやすくなっています。

シボレー・トレイルブレイザーの中古車価格・ボディサイズ
中古車価格 中古相場:24万~198万円
中古平均:78万円
ボディサイズ 全長4,890×全幅1,900×全高1,850mm(初代)

シボレー・トレイルブレイザーについての記事はこちら

シボレーのSUV 人気おすすめランキング【第4位】

シボレー・キャプティバ

シボレー・キャプティバ

シボレー キャプティバ 2016年型

シボレー・キャプティバとは、シボレーが2006年から販売しているクロスオーバーSUVです。
キャプティバは韓国GMの工場で生産され、欧州およびベトナムで販売されています。

キャプティバのボディタイプは5人乗りと7人乗りが用意され、パワートレインには2.4Lの直列4気筒エンジンと3.2LのV型6気筒エンジン、そして2.0L コモンレールディーゼルエンジンの3種類が搭載されます。

2011年から正規輸入が開始されたキャプティバの日本仕様車は、2.4Lの直列4気筒エンジンを搭載し、駆動方式は4WD、トランスミッションは6速ATの設定です。
また、全車7人乗りで右ハンドルのみとなっています。

シボレー・キャプティバの新車価格・中古車価格・ボディサイズ

シボレー・キャプティバは一度もフルモデルチェンジを行っていないため、新車と比較して極端に中古価格が安い個体は、あまり存在していません。
年式が古いほど価格は安くなるので、キャプティバを中古で安く手に入れたいのであれば、状態の良い低年式の個体を見極めるようにしましょう。

シボレー・キャプティバの新車価格・中古車価格・ボディサイズ
新車価格 キャプティバ:379万円(税込)
キャプティバ ラグジュアリー:414万円(税込)
中古車価格 中古相場:139万~414万円
ボディサイズ 全長4,690×全幅1,850×全高1,790mm

シボレー・キャプティバについての記事はこちら

シボレーのSUVを中古価格で手に入れよう

シボレーのSUV人気おすすめランキングはいかがでしたか?

シボレーのSUVはサイズや需要の問題から、正規輸入が行われていないモデルも多いですが、並行輸入モデルなら中古車市場での入手が可能です。
特にシボレー・サバーバンであれば、人気の高い8代目モデルが手ごろな価格で多数流通しているので、シボレーのフルサイズSUVに乗りたいけれど、新車ではとても高くて買えないという人には、シボレーの中古SUVの購入をおすすめします。

シボレーに関連する記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード