MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 人も車も、成熟した美しさとは無縁でいられない…シルエットが美しいホンダ車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

人も車も、成熟した美しさとは無縁でいられない…シルエットが美しいホンダ車たち【推し車】

クルマを紹介する画像の多くは斜め前から写され、フロントマスクとサイドの造形が一度にわかるようになっていますが、もちろんデザインの見どころはそればかりでなく、後ろから見たリアビューや、真横から見たサイドビューなど、さまざまです。

今回はサイドビューのシルエットが美しいクルマの中からホンダ車を紹介しますが、ミニバンSUVハッチバック車にも優れた造形はあるものの、やはりホンダらしくスポーツカーやスペシャリティクーペから選びました。

プレリュード(3代目・1987年)

可能な限り低く長くを追求した、FFスペシャリティクーペの傑作

ホンダ プレリュード(3代目)

2001年に販売を終えた5代目まで、FFスペシャリティクーペのプレリュードが全盛期を誇ったのは、デートカーとしてもてはやされた2代目と、途中で日産のS13シルビアに王座を奪われるまでの3代目でした。

3代目はリトラクタブル・ヘッドライトのスマートな2ドアクーペという基本こそ2代目と変わらぬものの、18°後傾させたエンジンの高さが低いため、ミッドシップスポーツかと思うような低いボンネットを可能としています。

この低く長いボンネットと、スポイラー状に成形したテールエンド上部によって、実際よりも長く伸びやかに見えるようになっており、ロングノーズ・ショートデッキの古典的スポーツカーのようなシルエットでした。

最新「プレリュード」中古車情報
本日の在庫数 21台
平均価格 195万円
支払総額 60~425万円

NSX(初代・1990年)

超高速域に棲む事を伝えるシルエット

ホンダ NSX-R(初代後期NA2)

アメリカ製のためかアメ車っぽい印象の2代目に比べ、初代NSXはスマートにして繊細、いかにも日本人好みしそうなヨーロピアンスポーツルックの国産スーパーカーでした。

そのシルエットを特徴づけているのは長いリヤオーバーハングで、ミッドシップゆえに短い排気系の長さを確保し、エンジンや補機類、間接的にはキャビンの温度上昇を防ぎ、ダウンフォースを得て高速走行時の空力安定性に貢献するのが目的です。

おかげでゴルフバックを積めるトランク容量が確保できましたが、他の国産ミッドシップスポーツのようにリアタイヤ直後でスパッと断ち切った軽快そうなテールより、いかにも高速域を重視したスーパーカーという印象を深めています。

最新「NSX」中古車情報
本日の在庫数 60台
平均価格 1,584万円
支払総額 673~5,930万円

S2000(1999年)

人も車も、成熟した美しさとは無縁でいられない

ホンダ S2000(前期型・AP1)

肩までスッポリ隠れてしまって開放感より包まれ感が強く、オープンスポーツとしては批判もあるS2000ですが、単純に横からのシルエットを見れば昔のホンダFRスポーツより伸びやかで、S500~S800でやり残した宿題を片付けた印象があります。

フロントのオーバーハングが短いロングノーズ・ショートデッキの古典的FRスポーツルックは共通ですが、S800などより目立つのはグッと寝かされたフロントウィンドウと、クサビのように鋭く突き出したフロントエンドの処理。

まだ空力的洗練とはほど遠かった1960年代のオープンスポーツとは異なり、大きく長く成長した20世紀最後の「S」は、そのようなデザインが可能でした。

最新「S2000」中古車情報
本日の在庫数 200台
平均価格 440万円
支払総額 185~1,030万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード