MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > カッコヨサはグンバツ!ちょいワルオヤジに乗ってほしい1960年代国産車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

カッコヨサはグンバツ!ちょいワルオヤジに乗ってほしい1960年代国産車たち【推し車】

「ちょいワルオヤジって、オヤジだけに旧車とか似合うよね」と思ってはいませんか?

確かに、最新型のハイブリッドカーだと所帯じみた生活感が漂ってしまいますが、今の40~50代なら青春時代は1990年代、60代でも1980年代ですから、案外旧車に乗っていたという年でもありません。

しかし、単なるオヤジではなく、ちょいワルオヤジなら旧車のアクセサリー的に?どちらにとっても似合う感じはするので、今回は「ちょいワルオヤジに乗って欲しい1960年代の国産車」をテーマにしてみました。

プリンス グロリア スーパー6(1963年)

’60s国産セダンでこのカッコヨサはグンバツ!

2代目プリンス グロリア スーパー6

トヨタならクラウン、日産ならセドリックという風に、既に大型高級セダンを販売していた国産各メーカーですが、いずれも立派な車ならこれだろう、とアメ車の影響を受けていた中、異色だったのがプリンスのグロリア。

5ナンバー枠と最大限の居住性両立を重点にした結果、ボディに対しキャビンが高くて大きい印象なライバルに対し、ワイド&ローなフォルムと、ボディのショルダー部を一周するメッキモール、アメ車というよりヨーロッパ調とも感じられる精悍なフロントマスク。

当時の国産セダンとしては随一のカッコよさで、エンジンも後にスカイラインGTへ積まれる2L直6SOHCのG7ですから、このシブさはちょいワルオヤジ向きでしょう!

最新「グロリア」中古車情報
本日の在庫数 151台
平均価格 143万円
支払総額 40~648万円

ホンダ S600クーペ(1965年)

ちょいワルオヤジならあえてのクーペもよく似合う

ホンダ S600クーペ

オープンのホンダSは爽やかですが、クーペだとむしろ美女との深夜のドライブ、その後の密室での出来事など、大人なムードを連想させるのは、助手席に乗せて走っても女性の髪が乱れない、デートカー向きな要素ゆえかもしれません。

それだけならS800のシャフトドライブ車が最適ですが、そこはあえて、発進時などアクセルを踏めば張ったチェーンがテールをヒョコっと持ち上げるチェーン駆動(チェーンアクスル)しかないS600、あるいはS800初期をオススメします。

スポーツカーらしく軽快に路上で舞い、「実はスポーツもなかなか」と思わせてその後の展開を熱くするもよし、一人深夜のドライブで車とのデートを楽しむのもよしです。

最新「S600」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 534万円
支払総額 411~658万円

マツダ ボンゴ(初代・1966年)

上司がボンゴと指差す先がハイエースで困惑した世代

初代マツダ ボンゴ

現在の40〜50代あたりが最後だと思いますが、新社会人時代に上司から「オーイ!ボンゴを持ってこい!」と鍵を渡され、駐車場に行ってもいるのはハイエースやタウンエース、キャラバンばかり…という思い出がある世代。

昔の人にとって、1BOXバンといえばマツダのボンゴであり、「ボンゴ型自動車」的な代名詞といえるほど、先進的な存在だったのが初代ボンゴでした。

最初から乗用車登録のコーチをラインナップ、フルオープンのコンセプトカー「ボンゴビーチカー」を発表するなど、当時からレジャー向けも意識しており、いわば現在のハイルーフミニバンにとって元祖的存在で、ちょいワルオヤジ向け個性的カスタムカーもイケます。

最新「ボンゴバン」中古車情報
本日の在庫数 216台
平均価格 112万円
支払総額 40~481万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード