MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ドライブレコーダー > ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ商品はコレだ!選び方やメリットも解説
ドライブレコーダー

更新

ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ商品はコレだ!選び方やメリットも解説

ルームミラー型ドライブレコーダーとは?

©sek_gt/stock.adobe.com

ルームミラー型ドライブレコーダーとは、映像を記録するためのドライブレコーダーとルームミラーが一体となった防犯対策商品の一つです。

近年ニュース等でも話題となっている煽り運転や、当て逃げ、もらい事故などの重要な記録を残す手段として有効なドライブレコーダーに注目が浴びています。ルームミラー型ドライブレコーダーは背面にカメラを搭載することにより、視界の妨げがなく、運転時や停車時の録画・記録をすることができます。

ルームミラー型ドライブレコーダーと類似した機能の一つに「スマートルームミラー」があります。

スマートルームミラーの名称は日産が2014年のジェネーブモーターショーで発表した安全支援装備の一つで、リアガラス内部に設置されたカメラで撮影した映像をルームミラーに内蔵された液晶モニターで確認することができます。

各メーカーによって名称は変わり、グレードやオプション別の設定で取り付けが可能です。

ルームミラー型ドライブレコーダーのメリット・デメリット

©tamayura39/stock.adobe.com

ルームミラー型ドライブレコーダーのメリット

運転時の視界を妨げない

ドライブレコーダーはフロントガラス上部に設置する必要性があり、設置場所にもよりますが、運転時の視界にドライブレコーダーが入ってしまい、気が散ってしまう、視野が狭まるなどのケースがあります。

ルームミラー型ドライブレコーダーの場合では、既存のルームミラーに直接取り付けることで、普段と同様の視界を確保できることで、快適な運転をすることが可能となります。

豊富なバリエーションがある

ルームミラー型ドライブレコーダーの種類は豊富で、記録するためのカメラにしても通常の前方を録画するスタンダートタイプから、フロント・リアを録画する前後タイプ、車内も同時に録画することが可能な360°タイプなど様々なモデルがラインアップされています。

購入時の使用用途によって豊富な種類から選ぶことができるのはメリットの一つですね。

取り付けが簡単なモデルがある

メーカーやカメラのタイプによりますが、通常のルームミラー型ドライブレコーダーであれば、ルームミラーに直接装着するだけですので、誰でも容易に取り付けをすることが可能です。

ルームミラー型ドライブレコーダーのデメリット

運転支援機能付きの車両は取り付けできない場合もある

追従型クルーズコントロールや先進技術等の運転支援機能が搭載されている車両はルームミラー型ドライブレコーダーのサイズによっては取り付けができない可能性があります。

理由としては、運転支援機能の車両を検知する為のカメラがフロントガラス上部に取り付けられており、設置場所はルームミラー裏側に位置します。

したがって、ドライブレコーダーを内蔵したルームミラーのサイズが比較的大きめな作りとなっていることや、既存のミラーに重ねて取り付けることで、カメラに干渉する恐れや、フロントカメラが妨げになり、正常な映像が記録できない場合があります。

購入時にカメラの有無やルームミラー型ドライブレコーダーのサイズを確認されることをおすすめ致します。

車検に通らない可能性がある

ルームミラーの取り付けには、道路運送車両法第44条「後写鏡の保安基準」に適合する必要があります。

ルームミラー型ドライブレコーダーの基準として、事故による衝撃などによって、ミラーが動いたり、外れてしまうことで運転手又は同乗者の安全性を損なうものは車検不適合となってしまいます。

この基準は難しく、各店舗に所属する検査員の考えや店舗の方針などによって車検に通る、通らないケースもあり、購入時の判断基準の一つに車検対応の記載がある商品や、取り付け・取り外しが容易な種類を選び、車検に通らない場合に簡単に外せるものを選びましょう。

第44条 自動車(被牽引自動車を除く。)には、後写鏡を備えなければならない。 ただし、運転者の視野、乗車人員等の保護に係る性能等に関し告示で定める基準に適 合する後方等確認装置を備える自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、 カタピラ及びそりを有する軽自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車並びに被牽引自 動車を除く。)にあつては、この限りでない。

道路運送車両法第44条「後写鏡の保安基準」

ルームミラー型ドライブレコーダーの選び方

©ura ho/stock.adobe.com

フルHDか確認する

従来のドライブレコーダーやルームミラー型ドライブレコーダーを選ぶ中で重要なポイントとなる解像度は購入時に確認するようにしましょう。

解像度の記載に1920×1080のものがフルHDとなっており、当て逃げや事故が合った場合でも、車種の識別やナンバープレートの番号まで、鮮明に録画することが可能です。

前後録画ができるものを選ぶ

一般的に前方を録画ができるモデルが多い傾向にありますが、「あおり運転」に対する道路交通法が改正され、罰金・罰則が適用されたことにより、運転手の危機管理意識が高まりつつあります。

その中で、前方だけではなく、後方の録画も可能とするモデルのドライブレコーダーが多く販売されるようになり、注意喚起の意味も込めて購入時には前後録画ができるタイプを選ぶことをおすすめ致します。

ルームミラー型ドライブレコーダーの種類

容易に設置ができる「一体型」

一体型となるルームミラー型ドライブレコーダーは、ミラーモニターにカメラが内蔵されたタイプを指します。

特徴として、取り付けが容易に設置できることが挙げられます。

DIYで自分で取り付けを行いたい方にはおすすめのタイプになります。

一つ注意点として、モニターとカメラが一体型となっている為、運転する方が複数人いる、ミラー位置を頻繁に動かす方には、連動して撮影範囲が変わってしまうので注意が必要になります。

ミラーを動かしても撮影範囲が変わらない「セパレート型」

上記でご紹介した一体型とは逆の、ミラーモニターとカメラが別々になったタイプになります。

ミラー本体を頻繁に動かす方や、運転支援機能を搭載した車で設置が困難な場合に、撮影範囲を固定できるセパレート型はおすすめのタイプになります。

ルームミラー型ドライブレコーダーおすすめ人気商品10選

JADOドライブレコーダー ミラー型 G810

2020年に発売されたJADOのミラー型ドライブレコーダーになります。

特徴として画質1080pのフルHDにソニーIMXを採用することで、夜間の撮影やLED信号機、ナンバープレートの番号を鮮明に識別することが可能となっています。

11インチモニターは視認性が高く、スマートフォンのようなタッチスクリーンは操作性が高く、初めての方でも安心して使用することができます。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角170°
価格13,800円

AUTO-VOX 最新フロントカメラ分離型ドラレコ X6

カメラにソニーセンサーを採用することで夜間撮影に特化したセパレート型のルームミラー型ドライブレコーダーになります。

カメラが別体となっていることから、運転支援機能のフロントカメラやETCのレーダーが設置されている場合でも、自由に調整することが可能です。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角フロント:145°リア:150°
価格25,900円

KENWOOD DRV-EM4700

家庭用オーディオ機器から車のスピーカーやカーナビまで幅広い分野で活躍するメーカー「KENWOOD」から販売される、ミラー型ドライブレコーダーになります。

視認性の高い11.88インチの大画面にIPS液晶を採用、また、夜間撮影に対応した暗さに強いソニーの「STARVIS」を採用することで、夜間やトンネルないでの暗いシーンで活躍が期待できます。

加えて、運転中の操作性向上のポイントに「音声コマンド機能」を搭載していますので、ハンドルから手を離さず録画や画面切り替えを行うことが可能です。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角フロント:170°リア:132°
価格39,980円

URVOLAX ドライブレコーダー ミラー型 UR11X

ミラーモニターとカメラが分離したセパーレート型のルームミラー型ドライブレコーダーになります。

特徴の一つに、一般的なミラー本体のデザインは長方形や台形なのに対してURVOLAXが販売する製品は、高級感とスタイリッシュなフォルムな逆台形型となっています。

GPSを搭載しているので、万が一の事故や盗難があった場合でも正確な位置を把握することができます。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角170°
価格19,940円

CELLSTAR CS-1000SM

レーダー探知機やドライブレコーダーで有名な「セルスター」から販売されるルームミラー型ドライブレコーダーになります。

一般財団法人VCCI協会のクラスA適合品となる信頼性の高い商品の一つです。

特徴として、カメラにソニー製「STARVIS」を採用いるので、夜間やトンネル内で鮮明に撮影することができます。

カメラタイプ後ろのみ
駐車監視機能記載なし
画質フルHD1080p
水平画角
価格36,200円

REDTIGER ドライブレコーダー ミラー型 T17

「REDTIGER T17」は前後カメラ搭載のルームミラー型ドライブレコーダーで、フロントのカメラが4K解像度の高画質を実現しており、日中から夜間まで鮮明な映像を録画することができます。

また、駐車監視機能・GPS搭載・常時録画・衝撃録画・音声録音などと多彩な機能を持った一台で、初めて購入を検討される方におすすめな商品となっています。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フロント:4K リア:フルHD1080p
水平画角フロント:170° リア:150°
価格19,580円

Changer ドライブレコーダー ミラー型

「Changer」から販売されるルームミラー型ドライブレコーダーになります。

12インチモニターの大画角表示で優れた視認性の確保することができ、カメラにはソニー製「IMX415センサー」を採用、走行時に撮影した映像を鮮明に録画することができます。

購入から60日間の品質保証が付帯されていますので、本体の故障や不具合があっても安心ですね。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角フロント:170° リア:150°
価格15,900円

AZDOME JPDOME-PG02

「AZDOME」から販売されるルームミラー型ドライブレコーダーになります。

前後カメラにはソニーセンサー「SC2333」を採用し、夜間の撮影も鮮明に録画することができます。

特徴として、一般的に販売される商品の本体価格は平均的に高値となる傾向にありますが、「AZDONE」は多機能・高画質を実現する商品の中でも価格が約1万円弱で購入することができます。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角フロント:170° リア:150°
価格10,600円

AKEEYO ドライブレコーダー ミラー型

カメラの切り替えが可能なドライブレコーダーで、前後カメラに加えてサイドカメラの3カメラを同時にミラーモニターに映像として出力することが可能です。

また、リバース連動機能があり、後退時の後方確認をバックカメラの代用としても利用することができます。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フルHD1080p
水平画角140°
価格15,900円

PORMIDO ドライブレコーダー ミラー型 PR10D

「PORMIDO」のルームミラー型ドライブレコーダーは、ソニーIMX415センサーとIMX307を内蔵した高画質な映像が特徴の商品になります。

購入後の不具合や故障が合った場合でも問い合わせやアフターサービスが充実しており、24ヶ月の保証が付いているところも安心できるポイントの一つですね。

カメラタイプ前後
駐車監視機能あり
画質フロント:4K リア:フルHD1080p
水平画角170°
価格16,880円

ルームミラー型ドライブレコーダーの取り付け方

©patpitchaya/stock.adobe.com

ルームミラー型ドライブレコーダーを自分で取り付けることは、各メーカーによって作業難易度は違えど可能ではあります。

ただし、必要工具や車の内装を分解する知識、配線加工が必要となり、作業に必要な時間も1~2時間以上と考えておきましょう。

一体型の場合(前方撮影のみ)

  1. 本体を既存のルームミラーに取り付ける(ゴム製のバンドや調整可能なアームで固定)
  2. 電源の確保(配線加工にて常時電源・バッテリー電源・アースを確保する)
  3. ミラー本体に繋がる配線をルーフやピラーを這わせるように隠す
  4. 正常に撮影されているか、撮影範囲を確認して作業完了

セパレート型の場合(前後撮影)

  1. 上記の一体型同様に、本体を既存のルームミラーに取り付ける
  2. カメラをフロントガラス上部に設置(注意点として、ワイパーの作動範囲内に設置しないと、雨の日の雨水でガラスが遮られてしまい映像が正常に撮影できなくなってしまいます。)
  3. リアカメラをリアガラスに設置後、前後カメラの配線をピラー・シート下に干渉しないように隠し、電源ユニットに接続
  4. 電源の確保(カメラの設置位置を決める段階で電源を確保していれば、カメラの映像確認や撮影範囲を把握しやすいです。)
  5. 前後の撮影が正常にされているか、撮影範囲を確認して作業完了

上記でご紹介した取り付け手順は一般的な方法の一つで、電源部分がシガーソケットに接続するのみと容易に取り付けできるモデルも沢山あります。

しかし、前後タイプの場合にリアカメラの配線を後ろまで引く必要があることや、セパレートタイプの場合やレーダーを搭載したものでは追加でGPS受信機を設置する必要やリアカメラの配線を引かなければいけないなどと、作業難易度は様々です。

取り付けで失敗したくない方はプロの方に任せることも有効な手段の一つですね。

ドライブレコーダーの取り付け手順

ドライブレコーダーが捉えた車同士の事故

ドライブレコーダーは1万円以下であれば安い!5,000円以下は格安!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部カー用品チーム
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード