MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > あおり運転の罰則「妨害運転罪」とは?通報する方法・煽り対策方法も
道交法・交通事故

更新

あおり運転の罰則「妨害運転罪」とは?通報する方法・煽り対策方法も

あおり運転とは?定義や該当する違反行為

「妨害運転罪」に該当するものが煽り運転

© freehand/stock.adobe.com

2020年(令和2年)6月10日に「道路交通法の一部を改正する法律(令和2年法律第42号)」が公布されました。これにより妨害運転罪(煽り運転に対する罰則)が創設され、あおり運転への取り締まりが以前に増して厳格化されたのです。

ちなみにこの道路交通法の改正に関係するのは妨害運転罪だけではなく、高齢運転者(75歳以上)の免許更新や第二種免許等の受験資格の見直しが為されました。

条文を一部原文で紹介しますと、以下の通り。

他の車両等の通行を妨害する目的で、次のいずれかに掲げる行為であつて、当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせるおそれのある方法によるものをした者

道路交通法の一部を改正する法律(令和2年法律第42号)

ここで言及されている行為(妨害運転罪に該当する違反行為)は、10類型違反と呼ばれています。具体的には、以下に挙げる行為です。

非常に危険な行為が含まれているのがわかるだけでなく、煽っていなくても気が付かぬうちにやってしまいそうな行為も含まれます(例えば進路変更禁止違反)。

類型禁止内容(例)
通行区分違反逆走禁止
急ブレーキ禁止違反わざと急ブレーキする
車間距離不保持車間距離を異様に詰めてくる
進路変更禁止違反走行車線から追越し車線走行車前へ車線変更して後続車の進行を妨げる
追越し違反追越車線走行からの走行車線を使った追越し
減光等義務違反パッシング等
警音器使用制限違反ホーンを鳴らす
安全運転義務違反幅寄せ
最低速度違反高速道路を最低速度(時速50km)未満で走る
高速自動車国道等駐停車違反高速自動車国道等の道路上で危険な駐停車する

※道路交通法を元に作成

著しく危ない妨害運転には、より厳しい処罰が

著しく危ない妨害運転と判断された場合にはさらに厳しく処罰されます。具体的には、高速道路等で他の車の進行を妨げるような煽り運転が該当します。

なぜ煽り運転が起こるの?

©globalmoments /stock.adobe.com

運転手が何かかしらの事象で他の運転手に対して怒ることで煽り運転が発生します。しかし、怒る原因となった事象についてはあまり言及されていないようです。

あおり運転で一方的に憤る運転手も多いですが、道路交通法に反する運転をしているにも関わらず、それに気が付かないまま運転を続けて周りに迷惑をかけている運転手(あおり運転される側)がいることにも注目しなければなりません。

そもそも煽られる原因を被害者が作っている可能性があるということですね。

例えば、車線変更時に後ろをよく見ておらず、後続車の進行を妨げてしまった場合は、上に挙げた「進路変更禁止違反」に該当してしまいます。運転手に悪意はなくとも、こういった行為は危険です。

あおり運転に対する罰則

あおり運転をしたとして検挙された運転手は、行政処分と刑事処分に科されます。つまり前歴と前科が付くということです。

通常の煽り運転の場合

©Raicho/stock.adobe.com

点数制度に則って違反点数25点が加点されます。例えば、前歴0回で運転免許禁止処分・取消し等を受けていない人が煽り運転で検挙されると、2年間の免許取消処分です。

前歴持ちであったり、上記に書いた運転免許禁止処分・取消し等を一定期間内に受けますと、最長5年の取消し処分になります。

刑事処分の内容は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金です。何より前科がつけられる点が、罪の大きさを示しています。

著しく危険な煽り運転の場合

©beeboys/stock.adobe.com

通常時よりも厳しい罰が下されます。違反点数35点の加算および免許取り消し(3年間の欠格期間付き)となります。

取り消し期間は最長で10年ですから、この煽り運転で検挙されれば3~10年の間は免許を再取得できない(車を運転できない)のです。

あおり運転に巻き込まれないためにはどうするべき?

周りを見て運転する(車間距離・急な運転をしない)

刻々と変化する周りの環境を確認しながら運転することが大切です。

車間距離を必要以上に詰めないようにしたり、減速が必要な場面では早めにブレーキを踏むようにして急ブレーキを極力控えるなど、他の運転手を威圧しない・刺激しない運転を心がけましょう。

道路交通法を守る(追越車線に居座らない)

車の運転の基本は道路交通法を守ることにあります。つまり道路交通法を守って運転することは煽り運転を防ぐことに貢献するのです。

例えば2車線の高速道路の例を挙げると、走行車線(左側)を走るのが基本で、追越車線(右側)は追い越しをするためだけに使用するものです。(以下参考)

第二十条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

(道路交通法第20条より抜粋)

走行車線に居座って走る行為は道路交通法違反(通行帯違反)であり、取り締まりの対象となります。もちろん周りの運転手に迷惑をかけることになるのです。

あおり運転に巻き込まれた時の対処方法

©hira_hira_/stock.adobe.com

警察署に逃げ込む・電話する(110番)

近くに警察署があればそこへ逃げ込み、あおられたことを伝えましょう。その際にナンバープレートの情報を伝えるとベストです。

近くに警察署がなければ110番して煽り運転の被害にあっていると伝えましょう。警察が現場に到着するまで車内に待機してください。あおってきた運転手とのトラブルがより大きくならないようにするためです。

上書きされる前にドライブレコーダーを保存する

あおり運転の被害にあった事実を客観的に証明するためにドライブレコーダーは必要不可欠です。

しかし、多く(ほとんど)のドライブレコーダーは大きな衝撃を受けたりしないかぎり、容量の範囲で上書き保存しています。

ですので、あおり運転の被害に遭っている様子の動画が削除される前に自身で保存するようにしましょう。

SOSボタンやヘルプネットを活用する

通報は携帯電話やスマホでも可能ですが、自身の車がヘルプネット搭載車種の場合、そちらを利用することもできます。

「ヘルプネット」は、トヨタの「Tコネクト」やホンダの「インターナビ」など、各メーカーのコネクテッドサービスで利用できる緊急通報サービス。近年は標準装備化も進んでいます。

ヘルプネットを利用すれば 、あおり運転にあって自分で110番するのは不安があるという場合でも、センターを介して警察と会話することができます。

また、コネクテッドカーには、SOSボタンという、事故や急病時などの緊急事態が発生したときに、救助要請できるボタンが備わっている場合があります。

後日、警察へ通報するときの注意点

突然の煽り運転に驚いてすぐ警察へ連絡できなかった場合には、あおり運転された証拠を持って警察へ届け出るようにしましょう。犯人特定に向けて警察が動いてくれます。

証拠映像は必須

あおり運転の被害にあったことを証明する映像が必要となります。被害に遭ったことを客観的に証明することができるからです。先に説明したようにドライブレコーダーの搭載は必須といえます。

危険運転情報提供サイトを利用する

発生した危険運転に関する情報を共有するウェブサイトが展開されています。民間だけでなく行政によって運営されているものもありますし、地元警察が積極的に呼びかけて危険運転の情報収集も行うなど、あおり運転撲滅への取り組みが精力的に行われているようです。

民間のウェブサイトを見ると、あおり運転や危険な運転をする車のナンバープレートや出没した場所などが、写真付きで克明に共有されています。

ただ、こういった行為はある種の晒し行為・私刑の範疇を超えません。あおり運転の犯人を実際に取り締まるには、警察へ情報や証拠を渡すべきです。

あおり運転対策に有効なドライブレコーダーは?

©show999/stock.adobe.com

対策する煽り運転の種類によって、効果が期待できるドライブレコーダーとそうでないものが違ってきます。

例えば前方・後方を映すドライブレコーダーは前走車・後続車のナンバープレートや走行中の環境(信号や走行車線など)を記録するのに向いています。

それに対して、車内と車体側面まで対応する360度ドライブレコーダーは、幅寄せされた様子や車から降りて怒鳴り込んできた(脅迫してきた)相手運転手の姿を記録するのに便利です。

その他、ドライブレコーダーの画素数が少しでも高いものにしておくと、相手車のナンバープレートの情報を正確に記録できる可能性が高まります。

また、巷でよく目にする「ドライブレコーダー装着車」のステッカーを車体後方に貼ることで未然に防ぐのも1つの対策方法です。

ナンバー通報サイト・動画投稿サイトは利用すべき?

© hanack/stock.adobe.com

突き詰めると、ナンバー通報サイト・動画投稿サイトに情報共有することは価値があると考えれば利用するべきです。

しかし先ほど述べたように、民間サイトに情報を共有する行為が犯人逮捕につながることはありませんから、客観的証拠があるのであれば警察に届け出て捜査してもらうのが一番でしょう。

あおり運転の犯人が検挙されれば危ない運転をする人が1人減るわけで、その分公道が安全になるのです。

周りを見ていない運転手に出くわした時の対処方法

周りを見ずに車を運転するしている運転手に出くわすと、ヒヤッとするようなことだけでなく、こちら側がイライラしてしまったり、それこそ相手を煽ってしまいかねません。

そんな時にはまず距離を置くこと、そして警察に頼ることが重要です。

距離を置いて様子見する・気持ちを落ち着かせる

危なそうな車が自身の前方を走っているのを見つけたら、とりあえず距離を置き、様子を確かめます。

追い越す場合には、その車が急に車線変更してくるかもしれないと考えましょう。道路の構造上追い越しできない場合には、普段より距離を置いてゆっくり走ります。

近くに休憩できそうなお店があればそこでちょっと休憩するのもアリです。イライラして後ろから車間距離を詰めるのはやめておきましょう。

Bluetoothを利用して警察に電話する

高速道路で永遠と追越車線を走り続けていたり、道路上を塞いだままで後続車の進行を妨げる車に出くわしたとしましょう。

例えば前車の場合、前方を走る車は通行帯違反という道路交通法違反をしいていますので、警察の取り締まりの対象となります。改善される余地がなさそうであれば、警察に電話して場所を伝えて、取り締まってもらいましょう。

車内に自分1人で運転中だった際には、Bluetoothを利用して警察に電話することが大切です。運転中の携帯電話操作は道路交通法違反になるからです。

使っているカーナビにBluetoothで携帯やスマホを接続できるかどうか確かめ、出発前に事前にBluetooth接続しておくのがおすすめです。

【最重要】あおらない・怒らない

前走車や後続車の運転が道路交通法に違反していたりマナー違反だったとしても怒らないことが大切ですし、絶対に煽ってはいけません。

相手に煽り運転だと言われて警察に通報されたら、前歴・前科がついてしまうかもしれません。相手に、こちらへ言いがかりを付けるキッカケを作らないことが大切です。

絶対に煽り運転の加害者にならないことが大切

安全運転するドライバー

時代とともに道路交通法は厳しくなってきました。妨害運転罪が立法されたことも、あおり運転による被害が目立ってきたこと・実際に起きてしまったことなどが関係するのは周知の通りです。

罰則も厳しく、車を運転できず日常生活に不便を被るだけでなく、社会的地位を失われかねません。

どのような理由があっても煽り運転をしないように、そして煽り運転の被害に遭わないように、周りに配慮した運転を心がけましょう。

●●●も”あおり運転”になる?

あおり運転に有効なカー用品に関する記事

ドライブレコーダーの人気おすすめ商品はこちら

ドライブレコーダー監視中ステッカーの人気おすすめ商品はこちら

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード