MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 車のシガーソケットで使えるおすすめカー用品・便利アイテム10選|車でコンセントを使う方法は?
アイテム

更新

車のシガーソケットで使えるおすすめカー用品・便利アイテム10選|車でコンセントを使う方法は?

シガーソケットの使い道は?車でのコンセント利用

©chihana/stock.adobe.com

シガーソケットは主に小型電子機器機の充電に使われています。シガーソケットに差し込んで使用するもので代表的なものの1つがシガーソケット充電器です。

シガーソケット充電器の差し込み口はライトニングケーブル専用のものであったり、 Type-C向けの差し込み口になっているものがありますが、これらはスマートフォンや携帯用Wi-Fiの充電に利用できます。

交通事故・当て逃げ時の対策として利用されているドライブレコーダーも、シガーソケットから給電する仕様のものが数多くあります。

ほとんどの車には自宅にあるようなコンセントが用意されていません。そもそも、一般家庭にあるコンセントはAC(交流)100V電源に該当するので、自動車のDC(直流)12V等では賄うことができないからです。

そこで登場するのがカーインバーターです。カーインバーターを使うことで車内でAC100V電源を確保することができます。プラグをコンセントに差し込んで充電しなければならない電子機器も車内で充電できるようになるので、出先でパソコンを使ったり等するにはあると便利です。

シガーソケットとFMトランスミッターbluetoothとの繋げ方

ラジオの周波数を利用して他端末の音楽を再生するのに使われるのがFMトランスミッターです。例えば、スマートフォンで再生した音楽を車載ラジオで再生することができます。

まず、FMトランスミッターをシガーソケットに装着します。次にFMトランスミッターと端末を接続(有線あるいは無線)します。FMトランスミッターの周波数を決めたら、その周波数をラジオで拾います。

シガーソケットを使うときの注意点

©hikari_stock/stock.adobe.com

インバーターを使う際は家電の消費電力を把握しておこう

家電製品には、その機器がどれくらいの電気を消費するかを示すW(ワット)数が記載されています。

家庭用電源でも、同時にたくさんの電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるように、インバーターには対応できるワット数の上限が製品によって決まっているため、上限以上に消費電力の高い機器は使用することができません。

多くのカーインバーターが150Wから300Wの電気製品までの対応になっています。

無理に高いワット数の電気製品を使うと、インバーター内のヒューズが切れて、インバーター装置を保護するようになっています。

なお、家電製品の消費電力は使用方法により変動しますので、最大消費電力を目安にするとよいでしょう。家電製品の一般的な消費電力を表にまとめてみました。

機器名消費電力機器名消費電力
電動歯ブラシ充電2w家庭用ゲーム機40〜200w
携帯電話・
スマートフォン充電
15〜30wヘアアイロン200〜400w
ポータブルDVDプレーヤー10〜20w電気ポット700〜1000w
小型液晶テレビ50〜80w炊飯器300〜1300w
フットマッサージャー20〜100w電子レンジ700〜1300w
ノートPC50〜120wドライヤー800〜1500w

300Wでは物足りないという方には、さらにハイワットに対応した製品も販売されています。

ただし、シガーソケットから電源を取るインバーターの消費電力上限は、車両の電源配線の細さに起因します。純正の電源ケーブルではハイワット時の大電流に絶えきれず、ケーブルが溶けるなどのトラブルが発生してしまう可能性があります。

この場合、車のバッテリーから太いケーブルを直接配線を取る方式のカーインバーターを購入しましょう。

エンジン停止中はバッテリー上がりに注意

エンジンが動いている状態ならオルタネーターから電気が供給されますが、エンジンが停止している状態ではバッテリーから電気を消費することになるため、バッテリー上がりには注意する必要があります。

シガーソケットにインバーターをつなぐ場合は、電圧計を取り付けて監視しておくと安心です。

一般的に電圧が10.5Vを下回ると、バッテリーとして完全に機能しなくってしまいます。

また、車のバッテリーあがりを防ぐために、車中泊やキャンプの際は家電用にサブバッテリーを用意しておくのもおすすめです。

シガーソケットが常時電源になっている場合は注意

シガーソケットはACC電源が一般的なので、キーをACCに回さなければ使用できません。

ですが、一部の年式の古い輸入車などではシガーソケットが常時電源になっている車種もあります。こうした車種では車から離れるときには必ずシガーソケットから電気製品を抜いておきましょう。

繋ぎっぱなしにしていると、バッテリーあがりの原因になる場合があります。

トラックでは電圧がDC24Vの車両も

トラックでは電圧がDC24Vの車両もあります。DC12V専用のアクセサリーをDC24Vでのシガーソケットで使用すると、電圧が強すぎて電気製品の故障の原因になりえますので注意しましょう。

車のシガーソケットで使えるおすすめカー用品10選

シガーソケットとは車に付いている電源を取るための受け口です。車用の電源アクセサリーを差し込めば、スマホやタブレット、パソコンの充電や車載用グッズの電源を手軽に確保できます。

電源を取ったりアクセサリーを使ったりするため、「電源ソケット」や「アクセサリーソケット」と呼ばれることもあります。

車のシガーソケット電源の使い方

シガーソケットで使えるアクセサリーには、コンセントとして使えるカーインバーターや、USBタイプの充電口などがあります。

たいていのアクセリーはシガーソケットに取り付けるだけで使えるものが多く、カー用品店やホームセンター、ネットショップなどで購入することができます。

シガーソケットの電圧では100Vの家電製品は使えない

電気は直流電源(DC)と交流電源(AC)の2種類に分けられます。車の電装品は12Vの低い電圧の直流電源で動くのに対し、家電製品は100Vの交流電源で動いています

シガーソケットから電源を取る場合、普通車で使える電圧はDC12Vまで。電気製品の多くはAC100Vの交流電流仕様となっているため、そのままでは車で使うことができません。

シガーソケットからの電源で電気製品を動かす場合には、DC12V対応の電気製品を使うか、DC12VをAC100Vへ変換する「DC-ACインバーター」が必要となります。

【1】PowerDrive 2 Alloy(Anker)

シガーソケットをUSBポートに変換でき、スマートフォンの充電やUSB給電タイプのガジェットを車内で使用することができるようにしてくれるアイテムです。2ポート合計24Wのハイパワータイプで、2台のスマートフォンを同時に急速充電することができます。内部の回路を金メッキ加工とすることで充電中の発熱を抑え、充電速度と効率性を最大限に高めています。

この商品のメリット

  • スマートフォンの充電が素早くできる
  • 1つのシガーソケットから2つのUSB電源が取れる
  • コンパクト設計なので、邪魔にならない

この商品のデメリット

  • シガーソケット給電ができなくなる
  • 車種によっては、シガーソケットからはみ出してしまう場合がある

こんな人におすすめ

  • 車内でUSB給電機器を複数使いたい人
  • シガーソケットからの出っ張りをできるだけ抑えたい人
  • 充電中の発熱を気にする人

製品概要

ブランド:Anker
製品サイズ:4.47 x 2.52 x 2.52 cm; 20 g
製造型番:A2727011
接続方式:USB
商品の重量:20 g

【2】FMトランスミッター(JAPAN AVE.)

Bluetooth 5.0を搭載し、有線でも無線でもFM経由でスマートフォンなどの音楽をカーステレオで楽しむことができる製品です。国内のFM周波数76.0〜90.0MHzに対応し、スマートフォン(iPhone・Android)専用のアプリも提供されているので快適に使用することができます。また、4種類のエコライザや、電圧の表示機能も備えています。

この商品のメリット

  • スマートフォンなどにダウンロードした音楽をカーステレオで聴ける
  • 3口のUSBポートが使用できる
  • 面倒な配線作業などが一切ない

この商品のデメリット

  • 機器本体にはボリューム調整機構が無い
  • 付属の有線用のケーブルはミニプラグにしか対応していない

こんな人におすすめ

  • 手軽に車内で音楽を楽しみたい人
  • ラジオしか装備されていない車両に乗っている人
  • 音質にこだわる人

製品概要

ブランド:JAPAN AVE.
梱包サイズ:12.6 x 7.4 x 3.9 cm; 100 g
商品モデル番号:JA996
特記事項:専用アプリ搭載(QRコードからダウンロード)
商品の重量:100 g

【3】ドライブレコーダー DRV-830(ケンウッド)

シガーソケットから電源を取ることができ、GPSや運転支援機能も搭載した手軽に取り付けられるドライブレコーダーです。フルハイビジョンの約1.8倍の高解像度を誇るWQHDと、幅広い明るさに対応できるHDRによって様々な走行条件下で確実な録画をすることができます。また、HD記録モードで最長53時間、WQHDモードでも最長20時間という長時間録画が可能です。

この商品のメリット

  • 取り付けが簡単
  • 確実にナンバーなどを記録できる高画質
  • 常時録画が長時間可能

この商品のデメリット

  • 条件によってGPS信号が受信できない場合がある
  • 運転支援機能は全ての危険を通報するものではない

こんな人におすすめ

  • 逆光や夜でも確実に録画したい人
  • 付け替えて、他の車などにも使用したい人
  • 位置情報なども記録したい人

製品概要

ブランド:ケンウッド
製品サイズ:3.5 x 8.7 x 5.5 cm; 110 g
製品型番:DRV-830
商品の重量:0.11 kg

【4】ポータブル カーナビゲーター(通用)

シガーソケットから電源を取るだけでナビゲーションシステムとして使える、オールインワンタイプのアイテムです。サンバイザー付きの7インチ大画面ハイビジョンディスプレイを備え、操作はタッチパネル方式です。コンパクトなボディに、電話番号検索やオートリルートなど、一般的にナビゲーションシステムに求められる機能が備わっています。

この商品のメリット

  • 脱着が簡単なので、複数の車両で共用できる
  • 固定型のナビゲーションシステムと遜色ない性能を発揮
  • 取り付けに必要な物は全てセットされている

この商品のデメリット

  • コールドスタード時の衛星捕捉に3~5分程度かかる
  • GPSアンテナが背面にあるため、取り付け位置がある程度決まっている

こんな人におすすめ

  • 簡単にナビゲーションシステムを取り付けたい人
  • 固定型のナビゲーションが古くなってしまった人
  • 複数の車両で使用したい人

製品概要

ブランド:通用
画面サイズ:7インチ
梱包サイズ:21.1 x 14.3 x 9.6 cm; 660 g
マップ種類:アジア

【5】カーインバーター(‎ベステック)

シガーソケットのDC12VをAC100Vのコンセントに変換し、車内で家庭用の電化製品などを使用できるようにするアイテムです。定格消費電力300Wまでの電子機器に給電可能で、USBポートも2口搭載しています。バッテリーから直接電源を取るクリップも装備されており、様々な用途に使用することができます。

この商品のメリット

  • コンセントとUSBを車内で使用できる
  • 各種保護機構を備え、安全に使用できる
  • 冷却用のファンを内蔵

この商品のデメリット

  • 合計使用効率が150Wを超える機器を使用する場合、付属のバッテリー接続ケーブルを繋ぐ必要がある
  • DC12Vマイナスアース車にしか使用できない

こんな人におすすめ

  • 車内でパソコンなどを使用する人
  • オートキャンプや車内泊をする人
  • 家電を車内で使いたい人

製品概要

ブランド:ベステック
梱包サイズ:18.2 x 16.8 x 6.5 cm; 450 g
商品モデル番号:MRI3010BU-JP
商品の重量:450 g

【6】ledテープライト(EECOO)

気分に合わせて8色のの発光色を切り替えることができる、シガーソケットまたはUSBポートから電源を取るタイプのLEDライトです。4つ自動変化モードと4つ音楽センサーモードを搭載しており、付属のリモコンでコントロールすることができます。ライト部分は防水になっているため足元などにも使用でき、テープ部は薄型でフレキシブルなので、狭い場所やカーブ部分にも装着することができます。

この商品のメリット

  • 車内の雰囲気を気分に合わせて変えられる
  • 両面テープ式なので、好きな場所に簡単に貼れる
  • ライト部分は水に濡れても大丈夫な防水仕様

この商品のデメリット

  • 過度に折り曲げると接触不良を起こす可能性がある
  • リモコンの使い方がわかりにくい

こんな人におすすめ

  • 車内空間を派手に演出したい人
  • 複雑な配線作業などをしたくない人
  • 足元などにライトを追加したい人

製品概要

ブランド:EECOO
梱包サイズ:35.2 x 10.4 x 4.8 cm; 320 g
バルブ種類:LED
商品の重量:320 g

【7】GPSレシーバー(コムテック)

シガーソケットに挿すだけで、速度取締機や取締りポイントを液晶表示と音声で教えてくれるアイテムです。「レーザー式固定オービス」ではGPSデータにより、一般道では1キロ、高速では2キロ手前から警告。頻繁に移動するレーザー式移動オービスでの取締地点も随時登録を行ない、毎月のGPSデータ更新で対応してします。

この商品のメリット

  • 固定式/可搬式/半可搬式の小型オービスをそれぞれ識別し、警報する
  • 衛星数88基の衛星をキャッチし、受信精度や受信速度が良い
  • 一般道/高速道のどちらを走行しているか自動で判別する

この商品のデメリット

  • 車種によっては直接シガーソケットに差し込めない
  • レーダー式には対応していない

こんな人におすすめ

  • スピード違反で捕まりたくない人
  • GPSレシーバーを簡単に設置したい人
  • 音声と表示の両方で警告して欲しい人

製品概要

ブランド:コムテック
製品サイズ:2.33 x 4.1 x 7.01 cm; 150 g
商品モデル番号:ZERO109C
保証:お買上げ日より1年間。※購入年月日を証明するもの(納品書等)が無い場合や日本国外での使用時は保証対象外となります。
商品の重量:150 g

【8】車載扇風機(‎LANJING)

シガーソケットから電源を取り、ヘッドレストに固定して使用する車内用の扇風機です。直径約10cmのファンが2機装備され、360°回転させることができるので、好みの方向に風を送ることができます。エアコン効率を上げたり、車内の空気を循環させてタバコやペットの匂いを排出することで新鮮な空気を保持するのにも役立ちます。

この商品のメリット

  • 後席のエアコンの効きが良くなる
  • 好みに合わせて風量の調整ができる
  • ファンの向きを変えられる

この商品のデメリット

  • 同乗者がいると前席用としては使えない
  • DC24V車には使用できない
  • モーター音が気になる

こんな人におすすめ

  • 後席のエアコン効率を上げたい人
  • ミニバンなど車内空間が広い車に乗っている人
  • 車内の換気性能を上げたい人

製品概要

メーカー:xlanjingj
ブランド:LANJING
梱包サイズ:26.6 x 17.8 x 14.2 cm; 1.02 kg
商品モデル番号:205
商品の重量:1.02 kg

【9】Qi ワイヤレス充電器(‎XBERSTAR)

幅6~9cmまでの、Qi(チー)搭載のデバイスを充電できるホルダーです。シガーソケット部分には2口のUSBポートと電圧計が装備されており、リアタイムで車のバッテリー電圧を表示できます。ホルダー部分は360°回転するので縦置き横置きに対応でき、角度は270°調整できるので見やすい画面位置に固定できます。

この商品のメリット

  • Qi規格に対応したスマートフォンなどをワイヤレス充電できる
  • 2口のUSBポートがあるのでQi規格以外への給電も可能
  • バッテリーの電圧確認ができる

この商品のデメリット

  • ソケット部が太く、一部車種に使用しづらい
  • フレキシブルアームの可動域が狭い

こんな人におすすめ

  • Qi規格に対応したスマートフォンを使っている人
  • 車内で電子機器を多数使用する人
  • バッテリーの電圧が気になる人

製品概要

メーカー:Shenzhen Zhongliwei Science and Technology Co., Ltd
ブランド:XBERSTAR
梱包サイズ:21.6 x 11.2 x 6.8 cm; 180 g
商品モデル番号:AZJP-EQWCP004.3
商品の重量:180 g

【10】VTメータークロック(‎ナポレックス)

電波時計、内外温度計、電圧計を備えた、デジタルタイプのオールインワンアイテムです。アラームとLEDの光で電圧異常と路面凍結を知らせ、電圧と気温の最高/最低値のメモリー機能も付いています。角度調整が自由にできる取付ステーも付属し、過電流保護用にカープラグにヒューズを内蔵しています。

この商品のメリット

  • 様々な情報を同時に表示することができる
  • アラームとLEDを使用した警告機能付き
  • 好みや必要に合わせて、表示を切り替えることができる

この商品のデメリット

  • 時計はボタン電池で作動しているので交換が必要
  • ボタンが小さく操作がしづらい

こんな人におすすめ

  • 外気温度と内気温度を知りたい人
  • バッテリーの電圧を知りたい人
  • 時計を時刻合わせのいらない電波式にしたい人

製品概要

メーカー:株式会社A-Z
ブランド:ナポレックス(Napolex)
モデル名:Fizz
製品サイズ:1.9 x 14.4 x 3.4 cm; 135 g
商品モデル番号:Fizz-1025
商品の重量:135 g

車のシガーソケットは二股化・増設できる?

車両に用意されているシガーソケットは基本的に1つのため、複数使いたい場合には二股化あるいは増設が必須となります。

拡張シガーソケットがおすすめ

二股化する場合、シガーソケットが2連になっているシガーソケットを購入すればOKです。中には3連ソケットや4連ソケットもあります。

シガーソケットを拡張すれば、ドライブレコーダーやカーナビだけでシガーソケットが埋まってしまうということがありません。

シガーソケットの際は電源に注意

シガーソケットの数が足りないときや、トランクやテールゲート付近から電源が取りたい場合は、シガーソケットを増設することもできます。

シガーソケット増設の際は、うっかり常時電源から電源を取らないように注意が必要です。

シガーソケットの延長ケーブルも便利

後部座席や車外へ電源を伸ばしたい場合は、シガーソケットの延長ケーブルが便利です。

もしかしてシガーソケットの故障?対処法4STEP

ステップ1:他の機器を繋いでみよう

シガーソケットから電気が取れず、シガープラグに繋いだ機器が動作しない(例:スマホの充電ケーブルを差しても充電されない)場合は、他の機器を繋いでみましょう。

他の機器が使えた場合は、シガーソケットやシガープラグの故障ではありません。(例:スマホの充電ケーブルを別のものに交換したら使えた場合、ケーブルが断線しているおそれがある)

他の機器が使えない場合、シガープラグの故障の可能性があります。(→ステップ3へ)

ただし、ヒューズが内蔵されているタイプのシガープラグの場合、内部のヒューズ線が切れているかどうか確認しましょう。

プラグの種類によって様々ですが、分解すると大抵はガラス管のヒューズが内蔵されています。ヒューズが切れていないのであれば、確実にプラグの故障と特定できます。

ステップ2:シガープラグの故障の場合は新しく買おう

シガープラグの故障に関しては、今あるものを破棄して新しく購入するのがおすすめです。

修理も可能ですが、シガープラグ自体が高額な商品ではないのでかえって手間がかかり、コスパが悪いためです。

ステップ3:ヒューズが切れている場合は交換を

他のどの機器に繋いでもだめな場合は、車側のソケットに問題があるということです。まず、車内のヒューズボックスを確認しましょう。

車種によって位置は異なりますが、運転席の付近にフタが付いているので、取り外してください。色分けされた複数のヒューズが取り付けられているのが確認できると思います。

車の取扱説明書や、ヒューズボックスのフタの裏面に、どのヒューズがどの機器に対応しているかが書いてあります。シガーソケット用のヒューズを探し、取り外して、内部のS字をしたヒューズ線が中央のあたりで切れていれば、ヒューズが原因です。

ヒューズ切れの場合、ヒューズボックス内の切れたヒューズをヒューズプラーで抜き取り、新しいヒューに交換します。大抵、ソケット用のヒューズの容量は10Aか15Aなので、ソケットに繋ぐ機器のアンペア数を見ておきましょう。

ヒューズ内蔵型のプラグでヒューズ切れを起こしていた時は、メーカー指定のものを購入して交換する必要があります。

ただし、ヒューズ交換後、正常に使っているのにも関わらず再び切れてしまうような場合は、シガーソケット以外の別の部分に問題がある可能性があります。ディーラーや整備工場で診断してもらいましょう。

ステップ4:ヒューズが切れていなければディーラーや整備工場に相談するのがおすすめ

ヒューズが正常だった場合、車に合ったソケットを購入し、自分で交換する方法もありますが、ソケット交換は車内配線や電装について詳しい方でない限り、ディーラーや整備工場に依頼した方が確実で安全です。

ソケットの故障であると特定できた場合は、部品代として1,000~2,000円に工賃がプラスされる形で修理してもらえます。

また、ソケットの故障だけでなく、その他電気系統に異常がある可能性も否定できないので、やはりディーラーや整備工場へ車を持っていって、診断・修理を受けるのが安心です。

車にシガーソケットがないときは?

車にシガーソケット自体がない場合は、上で紹介した増設と同じ方法でシガーソケットを取り付けできます。

車種やグレードによっては、シガーソケットがあるべき場所が蓋で塞がれている場合があります。このケースは、蓋をこじ開けてシガーソケットを取り付けることができます。

また、一度車に取り付けたら配線を抜き差ししないカー用品であれば、ヒューズボックスやナビ裏から電源を取るのもおすすめです。

タバコに使えるシガーソケットはもうない?

シガーソケットは本来、シガーライターを使うための装備。使い方は、シガーライターをシガーソケットにハメ込んでおき、タバコに火を付けたくなったらシガーライターのボタンを押すだけ。

しばらくすると「ポコッ」という音がして取り出せるようになるので、シガーライターが赤く光っているうちにタバコに火を付けます。

現在販売されている車のシガーソケットは、アクセサリーソケットとしての使用を想定しているものがほとんどで、シガーライターが標準装備されていないと考えましょう。

メーカーや車種によっては標準装備またはオプションでシガーライターを取り付けることができます。

シガーソケットライター(シガーライター)装備車は絶滅寸前

ところで、ここまでシガーソケットという呼び名で解説を行いましたが、充電や電源の確保に使うのであれば、シガーソケットではなくアクセサリーソケットと呼ぶのがより正確でしょう。

その理由はシガーソケットライターにあります。シガーソケットライターはタバコの着火を目的とするアクセサリーの一種です。シガーソケットに差し込んでおくと、シガーソケットライターの電熱線部分が赤熱するので、その部分を使ってタバコに着火します。

最近ではシガーソケットライターが標準装備されている新車はほとんどありません。また、電子タバコ向けのシガーソケットライターも販売されています。

カーナビとスマホのBluetooth接続方法|ハンズフリー通話や音楽再生をしよう

3カメラドライブレコーダーは前方・後方・車内撮影ができて死角なし!?

車用スマホホルダーは取付けはダッシュボードとエアコンどちらがいい?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード