MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 【2023年版】FMトランスミッターおすすめ人気18選!iPhone用・Bluetooth接続対応・高音質
MOBY[モビー]

更新

【2023年版】FMトランスミッターおすすめ人気18選!iPhone用・Bluetooth接続対応・高音質

FMトランスミッターとは?仕組みとできること

©chihana/stock.adobe.com

FMトランスミッターを使うと、デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンの音声・音楽をラジオで再生することができます。

SDカードやUSBメモリに入っている楽曲の再生ができるタイプも増えており、ハンズフリー通話やUSB機器の充電、車載バッテリーの電圧測定といった機能を持っている場合もあります。

FMトランスミッターは音をラジオ電波に変換している

FMトランスミッターは、音声・音楽をFMラジオの電波に変換します。

ラジオ電波に変換された音声を、カーオーディオのラジオがキャッチして再生できるというわけです。つまりFMトランスミッターは、車内に簡易的なラジオ局を作っていることになります。

FMトランスミッターには大きく2種類あり、Bluetoothで接続する無線タイプと、USBケーブルで接続する有線タイプがあります。どちらもFM電波に変換することには代わりがありませんが、有線タイプのほうが音質が良いという傾向があります。

FMトランスミッターの種類と選び方

©applezoomzoom/stock.adobe.com

ドライブ中に使うならシガーソケット式が一般的

FMトランスミッターのほとんどは車載のシガーソケットに接続して使用するタイプです。

バッテリーが付いた充電式のものもありますが、長距離ドライブのような長時間使用することを想定した場合、シガーソケット式を使用するのが現実的です。

オーソドックスな有線接続タイプは音質がいい

FMトランスミッターとスマホなどを有線で接続するオーソドックスなタイプです。イヤホンジャックからミニプラグケーブルで接続するものが一般的。無線タイプよりも音質が良いため、音質を重視する方におすすめのタイプです。

デメリットとしてはケーブルが絡まったり、ケーブルの長さによっては後部座席の方が利用しづらいといったことが挙げられます。

Bluetooth接続タイプならストレスなし

近年主流になりつつあるBluetoothタイプ。車内のどこにいてもオーディオ機器を操作できることやケーブルが絡まったりせず見た目がスッキリしていることなどから人気を集めています。

有線タイプよりも音質は劣化するものの、対応コーデックを再生機器に合わせることで音質を改善できる傾向にあります。

外部充電できるUSBポート付きなら便利

FMトランスミッターを使用していて気になるのが再生機器のバッテリー消費。特にスマートフォンは長距離のドライブなどにおいてマップや周辺情報の確認などに必要不可欠です。

そこでおすすめなのがUSBポートが付いたFMトランスミッターです。充電用ポートが2つついたタイプもあります。最近は急速充電に対応しているものも増えています。

ハンズフリー会話機能付きなら運転中も安心

ハンズフリー機能とは、マイク内蔵のFMトランスミッターを使用することでスマホを操作せずに通話ができる機能のことです。運転中に緊急の電話がかかってきても対応することができます。

携帯電話を持って運転することは違法ですが、ハンズフリー通話であれば可能です。ただ、注意力が散漫になりやすいため、通話しながらの運転は十分に注意が必要です。

重低音ブースト機能はあまり期待できない

FMトランスミッターの中には、「重低音ブースト」といった低音域の音質をうたったものが販売されています。

しかし、FMトランスミッターにおける低音増強とは、あくまでイコライザーにより、中高音域の音量を下げることで低音をよく聞こえるようにしてあるものがほとんどです。

スピーカーにおける低音はスピーカーの大きさとカーオーディオのアンプパワーに依存するため、トランスミッター単体で低音を出すのは難しいでしょう。

しっかりした重低音を出したいのであれば、スピーカー交換かサブウーファーの追加が現実的です。

カーナビとスマホのBluetooth接続方法について詳しく知りたい方はこちら

有線接続タイプのFMトランスミッターおすすめ人気4選

有線接続タイプの中でも無線接続に対応しているものは記載しています。

ジャパンアベニュー FMトランスミッター

有線・無線ともに対応しており、急速充電ができるUSBポートを3つ搭載、ハンズフリー通話も可能という高性能FMトランスミッターです。カーバッテリーの電圧測定もでき、バッテリー切れなどを未然に防ぎます。

USBポート
ハンズフリー通話

SANKUA FMトランスミッター

有線・無線ともに対応しています。USBポートを3つ搭載し、SDカードやUSBメモリ内に格納されている音楽ファイルも再生可能。SDカード・USBメモリから再生する場合は本体の画面に再生中の曲名が表示されます。

USBポート
ハンズフリー通話

LEHXZJ FMトランスミッター

有線・無線ともに対応。USBポートを2つ搭載し、急速充電も可能。SDカードやUSBメモリ内に格納されている音楽ファイルも再生できます。カーバッテリーの電圧測定機能もついています。

USBポート
ハンズフリー通話

ORITO FMトランスミッター

有線・無線ともに対応し、SDカードから音楽ファイルの再生もできます。USBポートは2つ搭載し、2台の同時充電が可能。エアコン吹出口にセットする方法と車内に設置する方法があり、本体のLEDライトは7色から好きな色を設定できます。

USBポート
ハンズフリー通話

iPhone用FMトランスミッターおすすめ人気5選

©AA+W/stock.adobe.com

最近はiPhoneやスマホなどで音楽を楽しむ方も多いですよね?そんな方におすすめなFMトランスミッターもたくさん発売されています。

ここでは、iPhoneやスマホとのペアリング相性の良い、おすすめFMトランスミッターをご紹介。

アットクール FMトランスミッター

アットクール FMトランスミッターはiPhoneやスマホとのペアリングも簡単にでき、2回目以降は自動で接続してくれます。ハンズフリー通話にも対応しており、運転中でもiPhoneを持たずに通話可能。シンプルで使いやすい、FMトランスミッターと言えるでしょう。

USBポート
ハンズフリー通話

エレコム(ELECOM) FMトランスミッター LAT-FMBTB05R

FMトランスミッターには珍しいリモコン付きのこちらの商品。リモコンを使ってボリューム調整、音楽の再生停止、音楽トラックの進行、イコライザーの選択を手元ですることが可能に。音質は重低音モードを含む4種類のイコライザーを選択でき、様々な音質で音楽を楽しめます。

USBポート
ハンズフリー通話

LUFT FMトランスミッター

こちらの商品はスマートな見た目が特徴的で、極限まで無駄を削り落とし「コンパクトデザイン」を追及。重量はたったの40gと軽量。機械が苦手な人でも簡単に操作ができるよう、ワンタッチで様々な機能を使える仕様になっています。ノイズキャンセリング機能も搭載し、外部環境がうるさい状況にあっても騒音をカットし、クリアな音で通話ができるのだとか。

USBポート
ハンズフリー通話

MPOW FMトランスミッター

MPOWのFMトランスミッター1番の特徴は充電です。3台のデバイスを同時充電が可能で、充電方式にはTYPE-Cの急速充電ポート、QC3.0急速充電ポート、USB(5V/1A)充電ポートの3種類があります。携帯を充電してるけど、タブレットの電池が切れそう!という時も、このFMトランスミッターなら安心ですね。ハンズフリーにも対応しており、運転中も安全に通話を楽しむことが可能です。

USBポート
ハンズフリー通話

Pfumisa FMトランスミッター

表示部分とシガーライターのプラグ部分がコードで分離しているのが特徴的なPfumisa FMトランスミッター。操作部はエアコン吹き出し口やダッシュボードに据え付けでき、操作がしやすくなっています。ハンズフリー通話や、音声アシスタント対応しており、運転中でも携帯の音声操作が可能に。また24V電源にも対応するので、大型車で使えるのも魅力です。

USBポート
ハンズフリー通話

Bluetooth接続でも高音質のFMトランスミッターおすすめ人気5選

FMトランスミッターの中には音質が悪い粗悪なものも多々あり、せっかく購入したのにイマイチだったなんてことも。ここではBluetooth接続でも高音質のFMトランスミッターを、5つ厳選してご紹介していきたいと思います。

ELECOM FMトランスミッター 3.4A LAT-FMBT03BK

パソコン用品で有名なELECOMが販売しているのが、ELECOMFMトランスミッター‎LAT-FMBTB03BK。こちらの製品はスマホをBluetooth接続できるのはもちろんのこと、タブレットもBluetooth接続することが可能です。最大出力も3.4Aと高めで、2つのUSBポートが付属しておりスマホとタブレット両方を充電することが可能に。また、重低音モードを搭載しているので低音でも高音質でパワフルな音を楽しめます。

USBポート
ハンズフリー通話X

‎Uandear FMトランスミッター

UandearのFMトランスミッターには3つの充電ポートがあり、18W USB-C(Type-C)PD充電ポートは最大5V / 3A、9V / 2A、12V / 1.5Aを出力することが可能。互換性のあるデバイスなら、わずか30分で50%まで充電できます。

通話ボタンをクリックするだけで通話に応答したり、リダイヤル・電話を切るなど操作が簡単なことも特徴の1つ。SiriやGoogleアシスタントを使用して電話をかけたり、運転ルートを取得したりすることで、運転に集中しながら使用ができます。

USBポート
ハンズフリー通話

加島商事 Smart Tap FMトランスミッター‎ l0851

本体の表についているスイッチで、音響エフェクトを4段階切り替えて音を楽しむことができます。どんな音楽でも自分の好きな音響で楽しむことができるというわけです。また、USBポートも3つ付属しており、スマホやタブレットを3台同時充電しながら音楽を聴けます。

USBポート
ハンズフリー通話

Epeios FMトランスミッターBH347A

こちらの商品はハンズフリー通話はもちろんのこと、SiriやGoogle Assistantを使って音声操作も可能に。音質も聞き取りやすいクリアな音質となっており、音楽好きも満足の音質を再現。QC3.0ポートを採用しており急速充電することもできます。

USBポート
ハンズフリー通話

Uandear  車載FMトランスミッター

パワフルな低音駆動技術が採用され、重低音を高音質で楽しむことができます。またBluetooth5.0バージョンを採用していることから、安定したハンズフリー通話や音楽視聴が可能です。USBポートも2つあり、2台同時に充電が可能。急速充電機能対応で素早い充電が出来るのも嬉しいポイントです。

USBポート
ハンズフリー通話

安心品質!日本製のFMトランスミッターおすすめ人気4選

FMトランスミッターは日本製も含め、様々なタイプが販売されています。その中でも安心で品質が保証されている日本製にこだわり、人気4品を取り上げてみました。日本製ならではの「高品質で音楽を聴ける」最新の日本製FMトランスミッター4品をご紹介しましょう。

カシムラ「KD-230」

FMトランスミッターカシムラ「KD-230」はBluetooth対応でスマートフォンなどの音楽やワンセグ音声をカーステレオで聴くことができる製品です。高音質・低遅延なBluetooth伝送コーデック(AAC)に対応した機種で、10種類の音響効果が選べるイコライザー機能を搭載しています。お好みに合わせた音質で音楽が楽しめるものは嬉しいですね!

USBポート
ハンズフリー通話

JVCケンウッド「CAX-BT20」

JVCケンウッド「CAX-BT20」はスタイリッシュなデザインで、他のFMトランスミッターとは一味違う商品です。色は3種類(シルバー、レッド、ブラック)から選べます。141チャンネルから選局でき、送信周波数を細かく設定できる仕組みです。

また、重低音ブースト機能により従来のFMトランスミッターで出力できない低音域を補えることで迫力あるサウンドを聴くことができるのだとか。

USBポート
ハンズフリー通話X

オーディオテクニカ「AT-FMR5BT」

AT-FMR5BT BK(ブラック) Bluetooth搭載FMトランスミッター

AT-FMR5BT BK(ブラック) Bluetooth搭載FMトランスミッター

3,740円(02/03 16:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

オーディオテクニカのFMトランスミッター「AT-FMR5BT」は、直感ワイヤレス操作可能な製品です。直感ワイヤレス操作とはスマートフォンやタブレットに触れずに操作が行え、運転中でも安全に通話や音楽視聴を楽しむことが可能に。

さらにトランスミッター本体とヘッドユニットをオーディオケーブルで接続し、Bluetoothレシーバーとしても使用できます。

USBポート
ハンズフリー通話X

セイワ「BTF110」

2022年11月に最新モデルとして発売された、セイワ「BTF110」は曲名や音量などの情報が表示できるカラーディスプレイを搭載した製品です。3パターンの音楽再生が選べ、ハンズフリー通話も楽しめます。

ワイドFMバンド内蔵で広範囲の周波数から選択することが可能。再生可能なファイル形式も4種類(MP3、WMA、FLAC、WAV)あります。イコライザー機能搭載で7種類のプリセットと低音/高音ブースト内蔵で低音〜高音の音圧に応じてスペクトラムアナライザの波形が表示される仕様です。

USBポート
ハンズフリー通話

カーナビにUSBやBluetooth接続できればそちらがオススメ

©bloomicon/stock.adobe.com

最近のカーナビやカーオーディオは、USBケーブルを接続できるタイプやBluetooth接続機能が標準装備されていることが多いです。

スマホの音楽をカーナビ/カーオーディオ経由で聴くことができれば、FMトランスミッターを使ってラジオ電波に変換する必要はありません。

音楽を聞くだけであれば、FMトランスミッターの導入を考えるより先に、スマホの充電に使っているUSBケーブルをカーナビやカーオーディオに繋げないか、カーナビやカーオーディオにBluetooth接続機能はないかを確認してみましょう。

どちらで接続するにせよ、スマホが充電切れしないよう、USBケーブルは接続しておくのがオススメです。

ながら運転はカーナビ操作やハンズフリー、スマホホルダー操作も対象?

スマホの画面をカーナビに映したい!ミラーリング徹底解説

車のシガーソケットで使えるおすすめカー用品・便利アイテム10選

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事