初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【1300円に値上げ?】4月から首都高速が新料金へ|割引やお得に乗るポイントは?

首都高の料金が2016年4月から値上げされることとなりました。上限金額が1300円へ引き上げられることとなった今回の料金改定ですが、ここでは知らなきゃ困る首都高速道路の新料金体系の詳細や、新たな割引制度、お得に乗るポイントを紹介しています。

車種区分も一新!新料金の詳細は?

新料金体系では車種区分も一新され、現行の普通車と大型車の2車種から、上画像の5車種に分かれます。バイクは軽に含まれるとのことです。

新料金体系は以下の通り。

新料金の概要

普通車のETC車の基本料金が、「6km毎の料金距離に応じて加算される料金体系」の現在から、「0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系」に変更となります。

なお、激変緩和措置として上限と下限の料金を設けています。普通車は、上限料金は1,300円、下限料金は300円です。現金車の場合、普通車は一部の区間を除いて1,300円の支払いが必要となります。

基本料金(ETC車)

区分 料金額
(下限額~上限額)
軽・二輪 270円~1,070円
普通車 300円~1,300円
中型車 310円~1,380円
大型車 390円~2,040円
特大車 460円~2,600円

基本料金(現金車)

車種区分 料金額
軽・二輪 1,070円
普通車 1,300円
中型車 1,380円
大型車 2,040円
特大車 2,600円

首都高はETCが便利でお得!

ETC車は距離に応じて料金が変動しますが、現金で払う場合、距離に関係なく一律上限の料金を支払うことになるので、ETC車の方がお得です。

また、上のグラフによれば、走行距離25kmまでは新料金の方が安くなっています。つまり、走行距離を25km以下に抑えれば、首都高は今より安く使えるということです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す