MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 高速道路の制限速度は何キロ?車種による違いや120キロへの引き上げについても
道交法・交通事故

更新

高速道路の制限速度は何キロ?車種による違いや120キロへの引き上げについても

高速道路では速度何キロまで出せる?

高速道路
©beeboys/stock.adobe.com

高速道路を走行する際に注意したいのが速度制限です。この国では、高速道路での速度制限は100km/hと決まっています。法定速度(一般道60km/h、高速道路100km/h)で走っていい道路には道路標識がほぼ存在しません。

しかし標識や標示によって、最高速度が指定されているところでは、その最高速度を超えて運転してはいけません。

高速道路の制限速度一覧

大型乗用自動車
普通乗用自動車
軽自動車
大型自動二輪車
普通自動二輪車
100km/h
大型貨物自動車
大型特殊自動車
トレーラー
80km/h
普通自動二輪車(125cc以下)通行禁止
原付通行禁止
緊急自動車100km/h

※高速道本線(対面通行区間を除く)

車種による制限速度の違いまとめ

オービス
©Ichiro/stock.adobe.com

高速道路は車種によって制限速度が変わる?

速度制限100km/hの高速道路でも、すべての車に同じように適用されるわけではありません。一部の車種には例があります。これは、道路交通法施行令第27条第1項(最高速度)で定められています。

速度制限のある車種

自動車の種類最高速度(km/h)
大型乗用自動車、特定中型貨物自動車以外の中型自動車、普通自動車(三輪のものを除く)100
上記以外の自動車80
他の車両を牽引する時80

普通車や軽自動車は100キロ

普通自動車と軽自動車の最高速度は同じで100キロです。軽自動車も道路交通法による区分であり、普通自動車に含まれるためです。

2000年9月までは軽自動車の最高速度は80km/hとされていましたが、2000年10月から法律が改正され、軽自動車も普通自動車と同じく最高速度100キロ走行となりました。

大型車や中型車も100キロ

バスやトラックなどが含まれる大型車や、マイクロバスや中型トラックが含まれる中型車も普通自動車と同じく最高速度100キロです。

中型車とは?

大型車とは?

中型~大型の貨物自動車、大型特殊自動車は80キロ

中型~大型の貨物自動車や大型特殊自動車の速度制限は80キロです。以下の記事で大型特殊免許について詳しく解説しています。

バイク:大型自動二輪車、普通自動二輪車は100キロ

バイクの高速道路における法定速度は乗用車と同じく100キロです。これは一般道路のほぼ2倍に当たります。高速道路を走行する際は十分に注意しましょう。

牽引する場合も80キロ

他の車を牽引引するときは、時速80キロです。車両総重量が750kgを超える車をけん引する場合は牽引免許が必要です。詳しくはこちらの記事で解説しています。

高速道路での最低速度は?

最高速度は車種によって異なりましたが、最低速度は一律50キロと決まっています。最高速度同様に標識や標示によって、最高速度が指定されているところでは、その最高速度を超えて運転してはいけません。

高速道路の制限速度が120キロになるのはいつから?

高速道路の交通標識
©bluedesign/stock.adobe.com

これまで東北道や新東名の一部で試行的に制限速度を120キロに引き上げが実施されてきましたが、2020年9月16日に東北道の一部区間で正式運用されました。これは日本で初めてのことです。

引き上げが実施されるのは岩手県内の花巻南IC~盛岡南IC間、約27kmです。これまで110km/h、120km/hと段階的に最高速度が引き上げられ、結果安全性が確認されたため警察庁が本運用を決めました。警察庁はこの本運用に向け、同年8月下旬には交通規制基準を改正しています。

最高速度が80キロと120キロの高速道路の違いは?

クエスチョンマーク
©Good Studio/stock.adobe.com

設計速度による違いは、カーブの曲線半径のみならず車線幅員、路肩幅員、縦断勾配などさまざまな部分で基準が設けられているためです。

高速道路80キロ規制の理由とは?

設計速度が速い道路ほど走りやすく、スピードを出しても安全なように作られています。一方、最高速度80キロの高速道路は全体を通して勾配やカーブが非常に多い。路肩も「半路肩」がほとんどで狭く感じます。カーブはスリップなどによる事故が起こりやすいので最高速度は低く設定されています。

高速道路の速度標識や表示がない・消えてるときは何キロまで出せる?

高速道路の交通標識
©Marko Rupena/stock.adobe.com

冒頭でも述べましたが、高速道路の速度標識や標示がないときの最高速度は100キロです。しかしこれはあくまで高速自動車国道の本線車道でのことです。速度指定されている区間も多いので注意して走行しましょう。

高速道路での速度制限違反(スピード違反)の罰金と点数

罰金
©sharaku1216/stock.adobe.com

スピード違反の点数・反則金の一覧表

超過速度(Km/h)高速道路
点数点数反則金
1~1419,000円
15~1912,000円
20~24215,000円
25~29318,000円
30~3425,000円
35~3935,000円
40~4966ヵ月以下の懲役
又は10万円以下の罰金
50~12

上の表の反則金の項目に金額が記載されている場合、行政処分のみのペナルティとなります。

一般的に「罰金」といわれていますが、正しくは「反則金」といい、刑事処分の「罰金」とは区別されています。

スピード違反の罰金の相場

超過速度推定罰金額
30〜35km/h5万〜6万円
36〜39km/h6万〜7万円
40〜44km/h6万〜8万円
45〜49km/h7万〜8万円
50〜60km/h8万〜9万円
61〜70km/h9万〜10万円
70〜79km/h10万円
80km/h以上懲役・禁錮

罰金と反則金の違い

道交法違反で、いわゆる「青キップ」を切られた場合に収めるのは「反則金」が正しい表記となり、「罰金」とするのは正しくありません。

また、このときの点数を「減点」と一般的によく表現されていますが、正しくはそのまま「点数」であり、減点方式ではありません。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

高速道路に設置されるオービス(速度違反取締カメラ)は?

オービス

オービスという名称はラテン語の「眼」を意味するアメリカのボーイング社の商標ですが、現在は自動速度違反取締運転装置の通称として使用されている場面が多く見られます。

オービスは速度違反をしない限り撮影されることはありません。24時間稼働しており、常にスピード違反車両がいないかを監視しています。

スピード違反をしている車両がオービスの付近を通過すると、オービスは車両のナンバープレートと運転者の顔が写った写真を撮影します。ちなみにオービスが作動する速度は、設置された道路の法定速度+30km/h程度とされています。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

高速道路の逆走はなぜ起こる?

車の空気圧は高くしてはいけない?高速道路での走行リスクとは

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事