初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

「Tコネクトサービス」とは?トヨタのコネクテッドカーはLINEともつながる!最新機能をまとめ

新型クラウンと新型カローラ スポーツは「T-Connect(Tコネクト)」が搭載される初のコネクテッドカーとしてデビューします。「T-Connect」搭載車は、LINEアプリで車と会話ができる新時代の車。他にも、事故を未然に防ぐためのサービスや万一起きてしまった際に素早くリカバリーしてくれる機能などが満載です。トヨタ コネクテッドカーの最新機能をまとめました。

トヨタはコネクテッドカーを本格的に展開

トヨタ コネクテッドカー 概要

トヨタは、車同士をインターネットでつなぐことで、これまでになかったさまざまなサービス提供が可能になるコネクテッドカーを本格的に展開していくことを発表しました。
その第一弾として発売されたトヨタ新型クラウン・新型カローラ スポーツは、全グレードに車両制御ネットワークと車載通信機を標準搭載した初の「コネクテッドカー」となります。

2018年6月26日の新車発表会を「THE CONNECTED DAY」と称し、全国7都市を生中継で結んで開催。120社のディーラーとネットライブでも同時に公開されました。

「THE CONNECTED DAY」のなかで社長の豊田章男氏と副社長の友山茂樹氏は、コネクテッドカーの新型クラウンと新型カローラ スポーツをプレゼンテーションするとともに、今後販売するほぼすべての車をコネクテッドカーとし、年内に国内約5,000店舗あるトヨタディーラーでコネクテッドカーに対応できるようにすることを表明しました。

コネクテッドカーとは?

「コネクテッドカー」とは、車両をインターネット通信でコネクト(接続)し、車両情報をデータリンクすることでさまざまな新しいサービスを生み出す車。

車のコネクテッド化を実現するためには、車載通信機器・オペレーションシステム・ビッグデータ処理システム開発などの多くの課題がありますが、トヨタは関連企業と連携し開発を進めてきました。
いずれは、すべての車がインターネットでつながることになるでしょう。

コネクテッドカーについての詳細はこちらをご覧ください。

T-Connect(T-コネクト)サービスとは?

トヨタ LINEマイカーアカウント

トヨタが2002年より提供してきたテレマティクスサービス搭載のカーナビゲーションシステム「G-BOOK」を、新技術により一新したものが「T-Connect(T-コネクト)サービス」。

人工知能(AI)による音声対話に加え、複雑な案件には24時間365日、人間のオペレーターによる手厚いサポートが提供されます。
「T-Connectサービス」では以下のような、さまざまなサービスが展開されます。

eケア走行アドバイス

eケア走行アドバイスは、車に異常が発生した際に、車両データから車の状態を診断し、オペレーターからのアドバイス受けられるサービスです。
車載マイクとスピーカーによってオペレーターとやり取りをし、工場での整備が必要な場合は、担当ディーラーや、最寄りのディーラーに誘導してくれます。

eケアヘルスチェックレポート

eケアヘルスチェックレポートは、車両データから車の状態を常時診断し、トラブルの予兆が発見された場合に、大きなトラブルへと発展する前にその旨を伝えてくれるサービスです。
たとえば、バッテリー電圧の低下で始動ができなくなる恐れがある場合や、オイル交換時期が迫っているなどの予防整備情報がナビゲーション上に通知されます。

ヘルプネット

ヘルプネットは、事故が起きた際の緊急通報サービスです。
エアバッグの展開と連動し、衝突時の車両データから解析された乗員のダメージを消防本部へ自動送信。
重症であることが診断された場合には、ドクターヘリが出動され、迅速な医療対応が可能になる救命サービスです。

走行データ連動型自動車保険プラン

走行データ連動型自動車保険プランでは、これまで自動車保険料金の基準となっていた等級や走行距離に加え、運転情報による料金プランを設定することも可能になります。
走行データ連動型自動車保険プランは、蓄積された運転情報から「安全運転スコア」が算出され、安全運転スコアが高いほど自動車保険料が割り引かれるサービス。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社から、「トヨタつながるクルマの保険プラン」として販売され、「安全運転スコア」と走行距離に応じた保険料金が、連携したスマートフォンに毎月通知されます。

AI音声エージェント

appleのSiriやGoogleアシスタントのように、オンライン人工知能(AI)のバーチャルエージェントに話しかけることで、ナビの目的地設定やオーディオ操作、機器の取り扱い方法などを説明してくれるサービスです。

「このへんにある蕎麦屋を探して。駐車場のあるところがいい」といった複雑な発話でも理解し、ネット上から検索し、カーナビゲーション操作までを一貫しておこなってくれます。

LINEマイカーアカウント

LINEマイカーアカウントは、スマートフォンのLINEアプリに自分の愛車を「友だち」として登録し、車と会話することができる機能です。

LINEのトーク機能を使って行きたい場所や日時を伝えると、カーナビゲーションの目的地設定や、希望に応じたルート検索をして所要時間を算出。
出発時刻や現地の天気、給油の必要などを車がLINEトーク上で教えてくれます。

ハイブリッドナビ

ハイブリッドナビに使用されるカーナビゲーションシステムの地図データは、オンラインにより常に最新版が維持されます。
さらに他のコネクテッドカーから得られた交通情報をも活用し、これまでよりも高精度の渋滞予測が可能。
常に最適な走行ルートを案内してくれます。

「Tコネクト」を採用した新型車がデビュー

「Tコネクト」が採用される初代コネクテッドカーとして、新型カローラ スポーツと新型クラウンが6月に同時発売されました。
どちらもトヨタを代表するロングセラーモデルであり、トヨタの伝統ともいえるカローラとクラウンが、新世代コネクテッドカーとして生まれ変わります。

トヨタ カローラスポーツ

2018年3月に開催されたニューヨーク国際自動車ショーで披露された新型カローラ スポーツ。
ハッチバックのカローラが登場するのは、2006年に販売終了したカローラ ランクス以来12年振りになります。
スポーティでアグレッシブなボディに、搭載されるエンジンは1.2L直噴ターボと1.8Lハイブリッドがラインナップされる「新世代ベーシック」カーとして誕生します。

トヨタ新型カローラスポーツの詳細はこちらをご覧ください。

トヨタ クラウン

トヨタ クラウンは、トヨタ創業期から生産されるトヨタの最上級車であると同時に、トラクションコントロールやABSなど当時の最先端の装備が実装されることでも有名です。
新型の15代目クラウンは、最新鋭のコネクテッドカー搭載車としてデビュー。
搭載エンジンは、2.0Lターボと2.5Lハイブリッド、3.5L V6エンジンの三種が用意され、シャシーはクラウン史上初となるドイツ・ニュルブルクリンクでの走行テストが実施されました。

トヨタ新型クラウンの詳細はこちらをご覧ください。

トヨタが目指すヒューマン・コネクテッド・サービス

生産設備に手を加えて最適化されたトヨタの自動機械は、「にんべん」をつけて「自働化」されるというのは有名な話。
「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」を用いたトヨタのコネクテッドカーは、最新の機器やIT技術が惜しみなく投入されますが、それらはあくまで道具であって、つながるのは人と人です。

トヨタの目指すコネクテッドサービスは「ヒューマン・コネクテッド・サービス」とし、メーカーとディーラーとカスタマーが車でつながる安心の提供を目標とした、人を中心とするサービス展開をしていきます。

新型クラウンと新型カローラ スポーツを皮切りに、トヨタは車を造るだけでなく、移動に関わるすべてを扱うモビリティカンパニーとして新たなる一歩を踏み出します。

トヨタの最新技術はこちら

自動車の最新技術はこちらも必見

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す