初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

笑福亭笑瓶×アウディ A8:Vol.1「世界最高のセダン」MOBY連載インタビュー

車は人生をともに過ごす仲間。“その車”にはどんな想いが詰まっているのだろう ――。ふだん落語家として茶の間を沸かせる笑福亭笑瓶さん。芸能界のなかでも屈指の車好きとして知られ、ビッグセダンに目がないという笑瓶さんに、現在乗られている愛車・アウディ A8ロングについて語っていただきました。何十年にも渡ってセダンを乗り継いできた笑福亭笑瓶さんが語る、確かな説得力と愛情に注目です。

【Profile】笑福亭笑瓶1956年11月7日生まれ。大阪府出身。
愛車:アウディ A8、メルセデス・ベンツ 500SL

Vol.1:「世界最高のセダン」

笑福亭笑瓶 アウディA8 MOBYインタビュー

本日お持ちいただいた愛車はアウディ A8ですが、何か購入の決め手はあったのでしょうか?

元々ビッグセダンが大好きで、初めて買ったセダンはベンツの230E。中古で150万円くらいやったかな。そこからヨーロッパ車にハマって、これまでベンツのSクラス、BMW 7シリーズ、ジャガー XJ、それからベントレー フライングスパーと乗り継いで……流れ流れてアウディ A8 ロングに。

アウディA8のこだわりのポイントを教えてください。

今までは中古とか、新車でも在庫車を乗り継いでたんやけど、アウディ A8は初めてドイツ本国にオーダーメイド。外装のカラーはもちろん、内装のシートカラーからウッドパネル、手すりをウッドにしてもらうとか、細かいところまで決めさせてもらいましたね。

つり革をウッドに変えてる人なんか殆どおらんと思うし、完全に同じ車は2台もないと思うねん。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 MOBY連載インタビュー

現在所有されている愛車は、このアウディA8とメルセデス・ベンツ 500SLでしたよね。

東京に来て間もない頃……バブルに向かって景気が良くなって行く東京で、はじめに見たのが500SECのケーニッヒだったんやな。映画『バットマン』のバットモービルみたいやなと。かっこええなと。

それで500SECのケーニッヒを中古で手に入れて乗ってたんやけど、昔のテレ朝の近く、今の六本木ヒルズのところに500SLのABCっていうフルモデルチューンしてある車が路駐してあって、これもかっこええなー思うて。でも目が飛び出るほどの価格やからね。高嶺の花で、それを舌舐めずりしながら見てたんやけど、バブルが崩壊した後かな。知り合いの車屋さんが中古のケーニッヒチューンの500SLを見つけてきて、「ありましたよ」と教えていただいて。それで無理して買って、もう20年以上保有していますね。

頻繁に車を乗り換えられている印象ですが、500SLだけは所有し続けていらっしゃいますよね。

頻繁というわけでは……大体3年から5年おきやね。

500SLは自分にとってあまりにも衝撃がデカい車だった。ケーニッヒのワイドボディにしてて、おしりが綺麗でセクシーやからね。

なんやろうね、無理して手に入れたところもあるしね。当時はバブルが弾け、不景気なっていくにも関わらず500SLを手に入れたわけやから、すぐに手放しても損するだけやと。

乗れない状況になることも考えた上で、経済的に許すならば……と甘えさしてもらって、宝物みたいに保持してる感じ。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 インタビュー

車に対して一途なのですね。

今乗ってるアウディ A8に関しては、車が届く頃にはすっかり冷めてたけどね(笑)。

というのもドイツに発注したあと、生産してから船でスエズ運河を渡って、インド洋やら南シナ海を通って……その一連の流れを逐一電話で報告してもらったんですよ。「今東シナ海です!」という報告に「遅いんちゃう?」と返せば、「いやいや、こんなもんですよ!」って。届くのに半年は待ったね(笑)。

俺は冷めるのが早いから、時が経つにつれてどんどんテンションが下がる。半年も待たされると「もういらんな」「ミュルザンヌも中古なら手え届くんちゃうん?」「ジャガーがええの出しとんなー」とか、色々気が変わってた。

普通なら心待ちにしてた車がようやく届くと嬉しいですよね。営業所も「オーナー様!よかったですね!」ってキーを贈呈してお祝いするらしいんですけど。俺はアウディ A8が手元に来た頃には、もうすっかり……(笑)。

そうすると、実際に初めて乗られた時も?

冷めてたね(笑)。でも、A8はやっぱり評価が高いよね。整合性というか、居住感とか、いかなる状況においてもこれほど完成された4ドアセダンは他に類を見ない。

発売されてから3〜4年は経ってるから日進月歩でA8の上をいく車もあるかもしれんけど、これが出た時はそのように『世界最高のセダン』って評価されてたよね。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 インタビュー

笑福亭笑瓶さんが所有するアウディ A8。ボディカラーはシンプルなブラックで、極限までムダが削ぎ落とされたシルエットが一層と映える。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 インタビュー

シリーズ3代目となるこのアウディ A8は、『The Art of Progress(革新の美学)』というコンセプトのもとに開発された。細部まで光る美しいデザインと最新テクノロジーが融合した、アウディを代表するフラッグシップモデルである。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 インタビュー

インテリアは全て笑福亭笑瓶さんによるオーダーメイド。ベージュのレザーをベースに、ハンドルやシフトレバー、グリップには天然ウッドが採用され、やわらかな雰囲気が漂う。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 インタビュー

リアに記された『A8 L』の"L"は『ロング』の意。ロングモデルはホイールベースが130mm拡張され、後部座席の居住性がより高められている。

笑福亭笑瓶さんの審美眼にかなったんですね。ベントレーのミュルザンヌも欲しいと以前おっしゃっていましたよね。

以前ベントレー フライングスパーを高望みした時「試乗されたらどうですか?」と言われまして。第三京浜まで行ってちょっとアクセル踏み込んでみたら、エンジンが「ンーーーーーーーー!」って。

ベントレーはフルタイム4WD・ツインターボでしょ。普通のFRだと加速した時に、「ぐん」と体が後ろに引っ張られる。ところがベントレーは前輪でも引っ張りよるから、アクセル踏み込んだら「ンーーーーーーーー!」いうて、そのまま走りよんねん。今まで感じたことのない走行感覚なわけよ。リビングがそのまま動いてる、みたいな。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 MOBY連載インタビュー

ほんで次乗る車を考えた時に、アウディが思い浮かんだ。アウディも4WD・ツインターボで、ベントレーと同じ仕組みなんよ。それでよくよく話を聞いてみたら、ベントレーもアウディも同じグループだと。

「はっはー、そうきましたかアウディさん。それにしたらリーズナブルな価格になってますねえ」みたいなね(笑)。手厚い装飾はベントレーの方が良いやろうけど、エンジンに関しては「同じだ」「さすがだ」という感覚が走りますね。

ビッグセダンでいうたら、乗るのはこのアウディ A8ロングが最後やと思う。60歳を超えて、これを何万キロ乗るのかわからんけど。

笑福亭笑瓶 アウディ A8 MOBYインタビュー

ビッグセダンに目がないという笑福亭笑瓶さんが、はじめて新車で購入された現在の愛車・アウディ A8ロング。外装から内装までドイツ本国にオーダーメイドしたというこだわりが光る、非常に上品な1台でした。次回、MOBYスペシャルインタビュー第2弾では、笑福亭笑瓶さんの幼少期・青年期の車にまつわるお話をお伺いします!お楽しみに!

第2回目はこちら:Vol.2「淫美な秘密基地」

取材:米永豪、田神洋子
撮影:市川晶
文:米永豪

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す