初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マキシマム ザ ホルモン上ちゃん×トヨタ マークII:Vol.1「心奪われた、愛車との出逢い」MOBY連載インタビュー

車は人生をともに過ごす仲間。“その車”にはどんな想いが詰まっているのだろう――。舞台上で魅せる情熱的なベースプレイとは裏腹に、お茶目なキャラクターで愛される上ちゃん。けん玉やロッククライミングなど、多彩な趣味を持つことで知られる上ちゃんに、最近ハマっているという“ドリフト”について語っていただきました。上ちゃんの“ドリ車”も世界初公開です!

【Profile】上ちゃん1980年4月15日生まれ。東京都出身。
ニックネーム:上ちゃん
バンド:マキシマム ザ ホルモン 4弦担当
愛車:トヨタ JZX100 マークII、スバル インプレッサ WRX STI

Vol.1:心奪われた、愛車との出逢い

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

上ちゃんは最近ドリフトにハマっているとのことですが、まずは現在乗られている愛車について教えてください。

トヨタのJZX100マークⅡです。平成9年式だから、ちょうど20年前のクルマですね。走行距離は16〜7万kmくらい。それともう一台、インプレッサ WRX STIも持ってます。

かなり走られていますが、エンジンの載せ替えはしていないんですか?

してないです。やっぱり1Jなんで、エンジンは強いですね。

マキシマム ザ ホルモン 上原太さん トヨタ JZX100 マークII

上ちゃんがドリフトにハマったきっかけはなんですか?

何年か前から子供と一緒にD1グランプリを見に行ってたんですけど、そこで斎藤太吾選手の走りを見てマークⅡに憧れちゃって。

最初はマークⅡのラジコンを買って、一人で地元のラジコンサーキットでドリフトしてたんですけど、またD1グランプリを見に行った時に、今度は斎藤選手の横に乗せてもらうという、すごい体験をしたんですよ。

それがきっかけで「ドリフトやるしかない!」と思い立ち、ラジコンから実車へ乗り換えました。

それは感動的な瞬間ですね。

一瞬で心を奪われましたね。もう脳汁がドバァーッ!ブッシャアー!って(笑)。

これどうやって乗りこなしてんのかなーって思って、外よりも斎藤選手の方を見てました。

でも僕、乗り物酔いがめっちゃ激しいんですよ。それでソッコー酔って、終わった時は吐く寸前みたいな(笑)。

ドリラジ トヨタ JZX100 マークII

上ちゃんが所有するマークIIのラジコン。エアロパーツから配色、ステッカーまで、斎藤太吾選手が使用する競技車を忠実に再現している。

マークⅡとの出会いは?

今年車検なので、2年くらい前ですかね。ちょうどドリフトやりたいなーって思ってた時に、普段から頼りにしているショップのオーナーが持ってたのがこのマークⅡだったんですよ。

その時は外装が青色のラメだったんですけど、それが僕の大好きなレッチリのフリーが使ってた「モジュラス」ってベースと全く同じ色で、「うわっっっ!」ってなって。

当時のオーナーに「すごくかっこいいですね」っていう話をしたら、ちょうど手放そうと思っていたらしく、その場で「買ってもいいですか!」と。即決でした。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

出会った頃のマークII。この青色のラメに惹かれ、迷わず購入を決めたと上ちゃんは語る。

鳥肌が立ってしまう馴れ初めですね。

そうですね、たまたま色々重なって。ただ色が派手すぎちゃって、普段乗りがちょっと……(笑)。

前のオーナーもドリフト好きで、譲り受けた後も僕が走ってると前オーナーに「いま走ってたよね?」って連絡が入ったり、サーキットで間違えて話しかけられたり。

そもそも超初心者なのにこんなガチガチの車に乗ってて、その上話しかけられるのが辛くなりまして(笑)。

あとは本当の意味で自分の車にしたいって想いがあったので、2ヶ月くらい前にブラックに塗り替えました。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

外の風景がはっきりと映り込む、艶やかな黒いボディ。20年前に製造された車だが、非常に綺麗な状態が保たれている。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

リアにGTウイングやエンブレムは取り付けられておらず、極めてシンプル。テールランプには曇り一つない。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

グリル中央にはマークIIの純正エンブレム。その控えめな印象から、かつて高級乗用車として販売されていたことがわかる。一方、フロントバンパーから覗く前置きインタークーラーはいかにも「ドリ車」らしい。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

ハンドルとシフトノブは社外製品に交換済み。ダッシュボードに取り付けられた4連メーターから、車の様々な情報を読み取る。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII 1JZ-GTEエンジン

ボンネットを開けば、どれだけ手の込んだ車であるかが一目でわかる。ヘッドカバーにはフレア模様の塗装が施され、外装とは一味違った雰囲気を醸し出す。

愛車を手に入れられてからも、ラジコンは続けていますか?

最近はやってないです。子供と一緒に公園で走らせてたら、砂が入って壊れちゃいました(笑)。サーキットまで行かないとできないですし、あんまり機会がないですね。

ご多忙ですからね。10月には海外のフェスにもご出演されるとか。

そうなんですよ。最近は毎週フェスがありますし、海外だとこれからブラジルや、チリ、メキシコにも行きます。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

上ちゃんはメキシコが似合いそうですね(笑)。

いやいやいや、怖いですよ(笑)! 入国審査が本当に嫌いで、相性の悪い人に当たると時間もかかるし、英語も喋れないし。

毎回ビクビクしてます。こわいです。

そういえば、職質を受けることも多々あるとか(笑)。

多い時は月4、5回くらい職質されます(笑)。ただ、マークⅡに乗ってる時は一回もされたことが無いんですよ。

過去に“車内に白い粉を入れている”なんてTweetをされていましたよね(笑)。

あれはちょっとおふざけで……(笑)。ジムニーに乗ってたときかな? ロッククライミングにハマってたときに、手の滑り止めに使うチョークを積んでました。

警察も嗅覚が鋭いんだか鋭くないんだか。特に何もでてこないですよ(笑)。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

そもそも車にハマったきっかけは?

車が好きになったのは、小6とか中1くらいの時。F1レーサーのアイルトン・セナがきっかけですね。テレビで見て、走りがめちゃめちゃカッコよくて。

とにかくアグレッシブで、めっちゃ攻めるんですよ。クラッシュをも恐れない。「最後の1コーナーで!」みたいな気合いも大好きで、そこから車にハマりましたね。

だからセナが死んだレースも見てて……サンマリノGPのタンブレロコーナーの事故ですね。あれがもう衝撃で。

ショッキングな事故でしたね。

泣きましたね、ショックすぎて。ほんとすごい好きだったんで。

でもその辺りからもっとF1にハマって、ジャン・アレジとか、ゲルハルト・ベルガーも大好きでした。

マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん トヨタ JZX100 マークII

F1全盛期ですよね。

車がそこまでコンピューター制御されてなかった時代なので、人によって走りが変わってくるのが面白かったですね。最近は色々と発達しすぎている気がして。

そういうのもあって、僕は昔の車が好きですね。



常日頃から「あまり多くを語らない」という上ちゃんでしたが、運命的な愛車との出逢いやドリフトにハマったきっかけなど、“クルマ愛” に関するエピソードは別物だったよう。寡黙でミステリアスな上ちゃんの知られざる人生観を、たっぷり語っていただきました。

次回9月9日(土)公開のスペシャルインタビュー第2弾では、上ちゃんのドリフトライフについて詳しくお伺いします! 上ちゃんの意外なドリフト練習方法も、乞うご期待!


マキシマム ザ ホルモン 上ちゃん×MOBY連載インタビュー
第2回はこちら:Vol.2「ドリフトライフ」

マキシマム ザ ホルモン公式サイトはこちら!

マキシマム ザ ホルモン Official Site

取材:米永豪、田神洋子
撮影:市川晶
文:米永豪

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す