初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

WLTCモードとは?新燃費基準は何が変わったのか?

2018年10月より全面移行されるWLTCモードによる新燃費基準について説明しています。現在の燃費基準であるJC08モードとWLTCモードの試験方法の違いを比較、解説しています。また、いち早くWLTCの認可を受けたマツダ CX-3の紹介もしています。

WLTCとは?

国連 un ロゴ

WLTCとは、国際連合の主導でまとめられた法案です。
自動車の燃料1リッターあたり何km走るかを数値で示すためのテスト基準は10・15モードから、現在の燃費基準であるJC08へと変わりました。
そして、2018年10月より新たな燃費基準が導入されることが決定しました。
その新燃費基準の名称がWLTCです。
Worldwide harmonized Light vehicles Test Cycleの頭文字を取ってWLTC。
日本語訳すると”(乗用車)世界統一試験サイクル”となります。

新しいテスト基準が導入される度に、実燃費に近い数値を割り出せるようになってきましたが、実際に運転してみると、カタログ燃費ほど走らないとガッカリされた経験があるのではないでしょうか。
WLTCは、近年の著しい自動車メーカーの世界展開をも考慮し、主要各国の道路状況までもデータとして組み入れ、さらなる実際走行のシミュレーションの最適化を進めた、より実燃費に近い燃費基準となっています。

関連してWLTPという単語もありますが、こちらはWorldwide harmonized Light vehicles Test procedureの略で、いわゆる試験法案を指します。
国際連合の組織内で制定したWLTP法案の中の、WLTCという試験方法で燃費と排気ガスを測定するということです。

WLTPについて詳しく

現在施行されている燃費基準JC08モード

JC08モードの試験走行イメージ。

JC08(ジェイシーゼロハチ)モードは、それまでの燃費基準である10・15(ジュウ・ジュウゴ)モードよりも実際の運転に則した計測方法として2011年から導入されました。
WLTCとの比較をするために、現在の燃費基準であるJC08モードの測定方法を説明します。

燃費は実際に走行して計測されるわけではありません。
シャシーダイナモと呼ばれる装置のローラーを、試験車両のタイヤで回すことで、模擬的な運転状況を作り出し、計測します。
20秒間アイドリング。
その後、ギアを1速に入れて30秒間で30km/hまで加速。
アクセルオフして20秒間で10km/hまで減速。
そのまま10km/hを15秒間キープ。
といった具合に時間と速度、ギアポジションなど事細かな測定プログラムに従って計測されます。

JC08モードの場合、事前にメーカーによる実走行で指定速度での走行中に車体に加わる走行抵抗を計測し、それらの計測結果をシャシーダイナモに入力することで、より実際の運転状況に近い燃費計測をします。
ちなみに走行抵抗とは車両重量と駆動部重量、それに、速度に比例して大きくなるタイヤの転がり抵抗と、速度の二乗倍で大きくなる空気抵抗を加味して、気象条件等の差を補正したデータです。

あとは、実走行を想定したプログラムに従って、シャシーダイナモ上で、
エンジンが冷えた状態からのテストする冷間始動(JC08C)と
エンジンが暖まった状態でテストする暖気始動(JC08H)の計測結果の25:75の割合で合算した結果を、燃料1リッターあたり何km走行できるかを数値で示します。

JC08モードについてさらに詳しく

新燃費基準WLTCの概要と試験方法

WLTCモードの試験走行イメージ。

年々の規制が厳しくなる排出ガス量を世界規模で管理するための法案と言えます。
これまでは、世界各国で独自の方法で計測されていた排出ガス・燃費試験を世界共通の試験方法で統一することで、一貫して管理できることを目的とします。
1度の計測で世界中の販売チャンネルに対応できるようになる点もメリットです。
著しい自動車流通の国際化や、ハイブリッドカーや電気自動車の登場で
基準が曖昧になっている現状を再度見直すための新基準です。

車両をPMR(パワーマスレシオ)と最高車速に応じて1~3のクラスに分け、世界各国(日本、欧米、欧州、インド、韓国)の5つの地域の交通量や速度域、加速度など走行実体に基づいた作成されたシミュレーションデータを用いて測定されるのがWLTCの概要です。

WLTCの特徴

最大の特徴は速度域による、4つの燃費が表示されるということです。
・市街地走行を想定した低速域(WLTC-Low)
・郊外走行を想定した中速域(WLTC-Medium)
・高速道路を想定した高速域(WLTC-High)
・アウトバーンを想定した超高速(Extra-High)
(日本にはアウトバーンが存在しないのでExtra-Highは除外されます)
・各速度域を複合した単一燃費数値。

それぞれの状況をJC08モードよりも精密な条件の下で計測されます。

JC08モードからの主な変更点

JC08モードでは、試験車両重量に、ドライバー重量として一元的に110kgが加算されて計測されていたのですが、WLTPでは工具やスペアタイヤも重量に加えられ、より実際の重量に近くなります。
重量区分も細分化されるのでJC08モードであったような”車両重量が1,080kg以内なら重量区分が一つ下に設定されるので燃費に有利”といったような、燃費数値を稼ぐための攻略法のようなものもが探りにくくなると思われます。

また、JC08モードでは空気抵抗は、メーカーによる実走行で計測されたデータを使用していましたが、WLTCモードでは、走行風を作り出すことのできる風洞室を使い、風洞室内に設置されたシャシーダイナモで走行状態を作り出し、計測されます。
これは気象条件の整合と、燃費データ改ざんへの対処といえるでしょう。

JC08モードでは冷間始動と暖気始動の割合が25:75だったのに対し、WLTCでは100%冷間始動となります。
エンジンが暖まるまで燃料を多く燃焼させるので、暖気時間を短縮することが燃費向上のポイントの一つになるかもしれません。

アイドリング時間が大幅に短縮されるので、アイドリングストップ機能がついた車はJC08モードよりも(数値上の)燃費が悪化すると思われます。
また、WLTCモードでは、ハイブリッドカーや電気自動車に関しては、専用の測定プログラムにて計測されるため、現在の(数値上の)圧倒的に高いカタログ燃費が、大きく下がる可能性があります。
それでも、アイドリングストップ機能や、ハイブリッドカー等の実際の優位性には変わりはありません。

以上のような変更点や細分化を経て、WLTCモードでは実際の運転状況に近い燃費数値となることでしょう。

いち早くWLTCモード表示を発表したマツダ CX-3

2015年 マツダ CX-3

マツダは、2018年10月から始まるWLTCモードへの全面移行に先駆けて、早くもWLTCモードでの認可を取得したと発表しました。
2017年夏発売予定のマツダ CX-3 SKYACTIV-G 2.0は、これまで1.5リッターディーゼルエンジンのみの設定だったCX-3に、2.0リッターガソリンエンジンを搭載したモデルです。
SKYACTIV-Gはガソリンエンジンの理想の圧縮比と言われる14.0を実現し、全回転域での高出力化。さらに低負荷時にはミラーサイクル運転とし、WLTC-M、ELTC-H領域で特に高い燃費性能を発揮するでしょう。

マツダ CX-3 SKYACTIV-G 2.0 燃費スペック

2WD(FF)4WD
JC08モード燃費17.0km/L16.6km/L
WLTCモード(平均)燃費16.0km/L15.2km/L
WLTC-L(市街地)燃費12.2km/L11.6km/L
WLTC-M(郊外)燃費16.8km/L15.8km/L
WLTC-H(高速)燃費18.0km/L17.4km/L

マツダ CX-3についてもっと詳しく

WLTC導入で何が変わるか

助手席 運転 ドライブ

2018年10月からのWLTCモードへの全面移行で、私たちの生活は具体的には何が変わるのでしょうか。

まず、日常の使用目的に合わせて、車選びがしやすくなります。
市街地・短距離走行が多い場合はWLTC-L(市街地)モードの燃費が良い車を選び、高速道路を多用する場合はWLTC-h(高速)モードの燃費が良い車を選ぶという様にです。
また、より実燃費に近くなるので、カタログ上の極端な燃費差がなくなります。
さらに世界共通の燃費測定ですので、輸入車の燃費も同じ基準で表示されます。
そのため国産車との比較がしやすくなり、輸入車も購入選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

あくまで燃費”基準”です

環境保全が叫ばれるようになって、車の燃費がトレンドになり、燃費そのものがブランド化しているように思えます。
そのため、燃費数値を良く見せるために、巡航に使うギアが極端に高かったり、ギア間のつながりが悪かったりと、実際の運転しやすさを犠牲にしてまで燃費数値にこだわった車が多く造られたのも事実です。
WLTCによる精密な測定の導入で、そのような見せかけの性能でなく、燃費を含めた、本当の意味で良い車を造ってほしいと切に願います。

燃費に関する記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す