初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

WLTCモードとは?新燃費基準のJC08モード燃費からの変更点

車選びをする上で重要な要素となる燃費。現在の日本では燃費を示す基準として「JC08モード」が広く採用されていますが、新基準である「WLTCモード」の導入が進んでいます。「WLTCモード」とはどのような基準なのか、「JC08モード」とはどう違うのか、実際のデータを用いて解説します。

WLTCモード燃費とは?

「WLTC(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle=世界的に調整された自動車の試験方法)燃費」とは、国際的な試験法であるWLTCモードという燃費の測定方法です。日本においては「JC08モード燃費」に代わる、新たな燃費基準です。

2017年夏から、WLTCモード燃費を算定した自動車から順次切り替えが行われています。2018年10月以降に日本国内で発売される車からは義務付けがされる予定であり、2020年9月以降はWLTCモード燃費のみ表示される予定です(それまではJC08モード燃費を併記の予定)。

WLTCモード燃費が導入された背景

従来、燃費を決定する試験サイクルや試験法は、国や地域によって大きく異なっていました。各国の自動車メーカーは、その国や地域に合わせた試験法を実施していましたが、自動車を取り巻く環境は大きく変化しています。

現在、自動車は国際的に流通する商品として、その地位を確固たるものとしています。その状況の中で、日本は国連における乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法の策定に向けた議論を主導し、2014年において「WLTP」が世界統一技術規則として成立しました。

その後の2016年には、燃費に関する大きな事件が発生しました。大手自動車メーカーの「三菱自動車」や「スズキ」などにおいて、燃費に関する不正が発覚したのです。以前から「カタログ表記の燃費と実際の燃費性能に乖離があるように感じる」という意見が多かったこともあり、燃費基準は見直されるべきであるという考えが強くなりました。

車選びをする際の基準の一つとして「燃費」が挙げられます。長く乗り続けることになればランニングコストに大きく影響する燃費がよい車を選びたいものです。そんな燃費の基準として日本では「JC08モード燃費」が用いられてきましたが、順次「WLTCモード」という新しい基準が用いられます。

これから車選びをする人のために、WLTCモード燃費とはどのような基準なのか、またJC08モード燃費との違いとは何なのかについて解説します。

20年ぶりフルモデルチェンジの新型ジムニーにもWLTCモード燃費表示を採用

マツダはマイナーチェンジされたアテンザ、CX-3などほぼすべての車種でWLTCモード燃費表示を採用しています。

WLTCモードとJC08モード燃費の違いは?表示例を紹介

トヨタ ノアなどに採用される燃費計

「WLTCモード燃費」も「JC08燃費」も、どちらも自動車の燃費を示す数値であることは変わりません。しかし、これらの燃費基準を比べてみると大きな違いが存在しています。その最たるものは「WLTCモードには4つの燃費が示される」ということです。

WLTCモード燃費は、「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」という3つの異なるモードで構成されています。これに、3つのモードの平均値となる数値を加えた4つの数値が示されます。各モードの概要は以下のとおりです。

WLTCモード:「市街地」「郊外」「高速道路」の3つのモードを平均的な仕様時間配分で構成した国際的な走行モード
市街地モード:信号や渋滞などの影響を受ける比較的低速な走行を想定
郊外モード:信号や渋滞などの影響をあまり受けない走行を想定
高速道路モード:高速道路などでの走行を想定

WLTCモードの表示例
WLTCモード:0.4km/L" 市街地モード:15.2km/L
郊外モード:21.4km/L
高速道路モード:23.2km/L

このように、日常的に自動車を運用しうる3つの場面ごとの燃費の目安を明確にすることにより、各購入者がよく利用する場面に即した燃費を知ることができます。市街地メインで運転する人は市街地モードを、高速道路をよく利用する人は高速道路モードを参照することで、より実地向けの燃費を知ることができるのです。

ちなみに、WLTCモード燃費には高速道路モードよりも最高時速が速い「超高速モード」があるのですが、日本にはこのモードに該当する「アウトバーン」のような道路が存在しないため除外されています。

JC08モード燃費からの変更点

ガソリン残量警告灯

©shutterstock / Inked Pixels

1. 試験車両の重量の違い

JC08モードからの変更点として、第一に「試験車両の重量の違い」が挙げられます。車両自体の重量は当然ながらどちらのモードでも変わりませんが、WLTCモードではJC08モードで想定している運転者の体重にプラスして積載可能な重量の一部を上乗せして試験をすることになっているのです。

具体的な数字としては、JC08モード燃費が2名乗車によるプラス110kgであったのに対して、WLTCモード燃費では1名乗車+荷物相当の100kgに、その自動車の積載可能重量の15%をプラスして審査を行います。そのためJC08モードと比べるとWLTCモードの方が自動車の重量が重い状態で試験することになります。

2. ホットスタートが考慮されない

第二に挙げられるのは、「ホットスタートが考慮されない」というポイント。ホットスタートとは、自動車のエンジンが温まった状態で試験を行うことで、これとは逆にエンジンが冷えた状態から試験をスタートすることを「コールドスタート」と言います。

日本ではJC08モード以前の燃費基準であった「10・15モード」においてはホットスタートのみが採用されていて、JC08モードではホットスタート75%:コールドスタート25%の比率で燃費を算出。しかしWLTCモードではホットスタートは考慮せず、コールドスタート100%で燃費を算出します。

3. アイドリング時間が減少

第三に「アイドリング時間が減少する」ことが挙げられます。WLTCモードではアイドリング時間が減少するため、アイドリングストップ搭載車の燃費値が悪くなるのです。また、試験時の車速の平均が高くなるので、ハイブリッド車および軽自動車の燃費も悪く算出されることになります。その他にも「(高速道路モードを除き)加速がより急である」という違いも挙げられます。

このように、JC08モードと比較するとWLTCモードの試験は全体的にガソリン消費が多くなる傾向にあり、燃費は低めに算出されるのが実情です。ですが車両重量やコールドスタートなど、実際の利用場面により即した算出基準となっているため、ユーザーにとってはより実用向けの燃費値を知ることができるということでもあります。

WLTCモード/JC08モード燃費と実燃費との違いは?

トヨタ車に多く採用される燃費管理表示

前項において、WLTCモードの燃費はJC08モードの燃費と比べて低めに算出されることを説明しました。では、実際にどれくらい燃費の数値が違うのかを、ある有名な車種を例にして解説します。

国内で最初にWLTCモードを採用した「マツダ CX-3」で比較

参考にするのは、国内で最初にWLTCモードを採用した「マツダ CX-3」です。それぞれのモードにおける燃費は以下のとおりです(参考はガソリンエンジン搭載型)。

マツダ CX-3の燃費
  2WD 4WD
JC08モード 17.0km/L 16.6km/L
WLTCモード 16.0~16.2km/L 15.2km/L
市街地モード 12.4~12.9km/L 11.9~12.0km/L
郊外モード 16.7~16.9km/L 15.9km/L
高速道路モード 18.0~18.2km/L 17.0~17.2km/L

この表を見ればわかるように、従来の燃費基準であるJC08モードと比較して、新しい基準であるWLTCモードの燃費は低い値になりました。また、WLTCモードの中でもそれぞれの走行場面において燃費が大きく違っています。特にJC08モード燃費と市街地モードの燃費は乖離が大きく、都心や信号の密集している地域を走行するドライバーにとってはいかに従来の燃費が実態に即したものとは言い難いものであるか理解できるでしょう。

また、平均的な値となるWLTCモード燃費についても、JC08モード燃費より低い数値が算出されています。特定のシーンのみ利用するドラーバーではないとしても、JC08モード燃費と比較して利用実態により近い燃費を知ることができるのです。

WLTCモード燃費導入で車選びがしやすくなる!

WLTCモード燃費は、従来のJC08モード燃費と比較して実際の使用シーンに即した形で算出されています。これにより購入者は自分の自動車の仕様スタイルに合わせて燃費のよい車をしやすくなるでしょう。

WLTCモードでの算出が終わった車種から順次、各メーカーサイトの商品紹介をしているページでWLTCモードでの燃費が公開されています。また、国土交通省のページにおいても、WLTCモードで算出した自動車を公表しています。今後、WLTCモード燃費を算出した車種が増えてくれば、それだけユーザーとしては自動車選びがしやすくなるメリットがあります。

関連するおすすめ記事

燃費のよい車ランキング記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す