初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキパレットSWは今も人気の軽自動車!実燃費の評価や内装とTSのターボも紹介

スズキ パレットSWはスズキがかつて販売していた軽トールワゴンであるパレットの派生モデルです。2013年に惜しくも生産終了となってしまったスズキ パレットSW。今回は、そのスズキ パレットSWについて、実燃費や内装の評価、そしてTSターボについても紹介していきます。

スズキ パレットとは?

スズキパレット

スズキ パレットは、スズキが2013年2月まで生産、販売していた軽トールワゴン(軽スーパーハイトワゴン)です。
今では普通の「トール型ワゴン」ですが、パレットが登場するまでそういった種類の車はなく、パレットは新境地を切り開きました。

日本独自の規格である軽自動車ですが、中でもその広さを売りに市民権を確保したダイハツタント。
そのダイハツタントの独壇場だった市場に対抗して造られたのが、このスズキ パレットなのです。

ダイハツ タントに関するおすすめ記事はこちら!

スズキパレット

軽自動車としては色々と初の試みが施されているスズキ パレット。
トール型ワゴンという新ジャンルを築いたというだけではなく、ボンネット型軽自動車としては初の「後席両側スライドドア」を採用しています。

今では普通の、よく見る後席両側スライドドア仕様もスズキ パレットがパイオニアだったことは知る人ぞ知る事実となっています。

スズキ パレットSWとは?

スズキパレットSW

本記事で紹介するのは、そんなスズキ パレットの従来のスポーティ系グレードを発展させた「スズキ パレットSW」です。

●専用デザインのアルミホイール
●エアロバンパーやスケルトン構造のグリルを採用したフロント
●スモークタイプのリアコンビネーションランプ

など、パレットSWだけの装備が搭載されていました。
パレットシリーズとしてはSWという初の派生モデルも誕生し、ライバルとしてきたダイハツタントに並ぶ人気車になりました。

従来のスズキ パレットで魅力の一つだった広さに加えて、電子制御スロットルを採用し、レスポンスの良い走行性能を獲得。
自然吸気エンジンによって燃費性能を向上しつつ俊敏性も強化されました。
さらにスズキはパレットSWの誕生に合わせ、市販車世界初となる副変速機構付CVTをパレットのほぼ全車に採用しました。

これは従来のスチールベルト式CVTに前進2段の変速機構を組み合わせ、ローギアで発進時の加速を向上させ、ハイギアで燃費の向上を実現した連続可変トランスミッションとなっています。

スズキ パレットSWの内装の評価

スズキパレットSW

スズキ パレットSWが加えられたことで、スズキ パレットは内装も全グレードが進化しました。

後退時に車両方向を4.3型液晶画面に映し出すバックモニター付CDプレイヤーをオプションで装備。
10スピーカーを装備し、車速により音量や音質を自動調整する「ツインラウドネス機能」を装備したハイグレードサウンドシステム車が用意されました。

仕様の変更もさることながら、スズキ パレットSWの内装において最も魅力的なのはその内装の広さです。
ライバルのダイハツタントも広さを重視していますが、スズキ パレットSWは広さだけではありません。
フロアを低くして荷物を積みやすくしていたり、後席が両側スライドドアにすることによって小さな子供がいる家庭には嬉しい仕様となっています。

インテリア自体の質感も高く、高級車と比べれば劣るものの、軽自動車の中ではトップクラスの居住性も持ち合わせているのも、ドライバーにとっては嬉しいポイントです。

スズキ パレットSWのスペック

スズキ パレットSW

ここではスズキ パレットSWの最廉価版グレード「XS」の性能を記載します。

エンジン、燃料関連のスペック

エンジン種類水冷直列3気筒DOHC12バルブ
排気量658cc
最高出力40[54]/6,500
最大トルク63[6.4]/3,500rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

全長やホイールベースなど

全長全幅全高
3,3951,4751,735
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4009304
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ パレットSWの全グレードカタログ燃費&価格

燃費性能:19.8~22.5km/L
価格:1,428,000~1,677,900円

スズキ パレットSWの現在の中古車価格

スズキ パレットSWは、生産終了から数年経過した今でも、軽自動車としては中古車市場で人気車種となっています。
状態が悪くても50万前後で売買されることが多く、装備や状態によっては100万円を簡単に超えます。
もし、中古車でパレットSWを価格重視で探す場合は、スズキから出ている新車も検討に入れた方が良いかもしれません。

スズキ パレットSWの最新中古車情報はこちら!


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ パレットSWの実燃費について

燃費:都内街乗り13km/l以上、高速17km/l以上  

出典:http://www.carsensor.net/

燃費がイマイチで街乗り平均で12km/L程度

出典:http://www.carsensor.net/

実燃費に関しての口コミは、12~18km/Lを推移しています。
10を下回らないならまずまずかと思いきや、軽自動車であることと、カタログ燃費が19.8~22.5km/Lであることを踏まえると、少し物足りません。

後席両側についているスライドドアが重量を重くしてしまい、安定性に反比例して実燃費はどうしても下がってしまうのでしょう。

スズキ パレットSW TSターボについて

スズキ パレットSWには、「SW TS」というグレードが存在します。
元々、パレットSWが登場する前にはスポーティグレードとしてスズキ パレットの2008年1月発売モデルにも「TS」というグレードがありました。
パレットSWが登場したことで、スポーティグレードに専用のデザインと機能が搭載され、俊敏性を増した最高出力47kW[64PS]/6,000rpmのターボエンジンを搭載させたのが「SW TS」になります。

パレットSWは、TS以外にもサウンドシステムにこだわりをもって造られていますが、TSはそれが顕著です。
10スピーカーを装備し、車速により音量や音質を自動調整する「ツインラウドネス機能」を装備したハイグレードサウンドシステム。
ステアリングにオーディオスイッチが追加され、気軽に音楽を楽しめます。

スズキ パレットSWのSWは「Super Wagon」のSW!

画材の「パレット」にちなんで命名されたスズキ パレット。
絵の具がパレットの上で多彩な色を生み出すように、様々なライフスタイルを楽しむことができるという車という意味が込められています。

そのスーパーワゴンタイプとして派生されたパレットSWについてまとめてみました。
この記事を読んであなたがよりパレットSWを好きになっていただけたら幸いです。

スズキの車に関するおすすめ記事はこちら!

軽自動車のおすすめ記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社