MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 見えにくい?新型ハリアーの「リヤウインカー」位置、なぜ低い?今後流行る?
ニュース

更新

見えにくい?新型ハリアーの「リヤウインカー」位置、なぜ低い?今後流行る?

2020年にフルモデルチェンジしたトヨタ ハリアーですが、大幅な納期遅れの中、街中でもようやく見かける台数が増えてきたようにも感じます。

売れ行きは好調すぎるほど人気な車種ですが、その裏側で指摘され続けてきたのが「ハリアーのリアウインカーの位置が低すぎる」という問題です。

『後続車から見えづらい』という意見も多く出ているようですが、なぜリアウインカーが低い位置に取り付けられているのでしょうか?

デザインを最優先したため?

現行ハリアーのリアウインカー

現行ハリアーは、写真の通りブレーキランプとリアウインカーが離れた位置に配置されており、リアウインカーはかなり低い位置にあるように感じます。

たしかに実物を見ると「思っているよりも下にある」という印象を受けますが、当然ながら保安基準は満たしており、法的には何ら問題はありません。

そもそも、なぜブレーキランプとリアウインカーが離れた位置に配置されているのでしょうか?

筆者がお世話になっているディーラー担当者に聞いてみると、「シャープな一本のラインを強調するために、リアウインカーを離れた位置に配置したようです。」とのこと。

現行ハリアーといえば、”一文字状のシャープなLEDリアコンビネーションランプ”があってこそ。そこにウインカーがあれば、そのシャープなデザインが成立しなくなるのでしょう。

デザインを重視した結果、ブレーキランプと離れた位置に組み込まれ、結果として見えづらくなっているようです。

ハリアーのウインカーは本当に視認性が悪いのか?

冒頭でお話したとおり、現行ハリアーが発売されてから『リアウインカーが見えづらい』という声もちらほらあがっていますが、実際に見てみると、そこまで視認性が悪いわけではないようにも感じます。

たしかに、他のクルマと比較するとリアウインカーの位置が低く感じますが、ブレーキランプとリアウインカーが別の位置に配置されているクルマは、ハリアーに限ったことではありません。

例えば、「ダイハツ キャスト」はブレーキランプとリアウインカーが別の位置にあることで有名(?)なクルマです。キャストもリアウインカーが低い位置に組み込まれており、『ウインカーが見えづらい』と言われることがあります。

ダイハツ キャストアクティバ

このような問題について、前出の担当者は次のように話していました。

「クルマの多くはブレーキランプ付近にリアウインカーが組み込まれています。そのため、『ブレーキランプの近くにウインカーがあるはず』という先入観によって、現行ハリアーなどのリアウインカーが分かりにくくなっているのだと思います。

ウインカー単体では、そこまで視認性が悪いわけではありません。”ドライバーが思っている位置”にないことで、見えづらいと言われているのではないでしょうか。」

たしかに、リアウインカーの位置に違和感があることは否めませんが、だからといって見えないかと言われればそうではないでしょう。

筆者の身内も現行ハリアーに乗っていますが、後ろを走っていても『見えづらい』と感じたことはありません。

『ウインカーが見えないのは車間距離の詰めすぎ』などの意見もあるようですが、想像している位置にない、つまりブレーキランプとリアウインカーが離れていることが、見えづらいという意見を生む一因になっているように感じます。

執筆者プロフィール
成田 佑真
成田 佑真
1993年生まれ。普段は医療機器販売を行っているが、暇があれば自動車関連記事を読み漁る。愛車はマークX。子どもの頃からマークⅡに憧れ、社会人になりマークXを購入。週末は必ず手洗い洗車を行い、ドライブに出か...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード