MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > この見た目でEV!?60年代ヴィンテージ調なEV「エース」が予約開始
新型車・モデルチェンジ

更新

この見た目でEV!?60年代ヴィンテージ調なEV「エース」が予約開始

60年代クラシック調のEVが予約開始

2020年12月22日、米自動車メーカーのアルファモーターが新型EV「エース クーペ」を発表し、予約受付を開始しました。現時点において、車両価格はまだ公表されていません。

エース クーペは、クラシックカーに見られる60~70年代の雰囲気をうまくEVへと落とし込んでいる2シータークーペです。

未来感ハンパない!充電不要EV「Aptera」が200万円台で登場、性能はテスラ超え?

サイズ感や内外装の特徴

日本でも十分通用するボディサイズ

ボディサイズは全長4,180mm、全幅1,886mm、全高1,450mmと、アルファロメオのジュリエッタに近いサイズ感。一般的な日本車と比べても、街乗りには全く問題ありません。車両重量は約1,632kgです。

フロントには愛嬌のある丸目のLEDシグネチャーヘッドライトを採用。日中でも点灯するデイライトです。後述しますが、ボンネット内部は収納スペースになっています。

車のデイライトとは|今はLEDが主流?取り付け方から車検での保安基準を解説

テールランプは真一文字のシンプルな作り。この辺りはEVらしい近未来な雰囲気を醸し出しています。

フロントホイール付近には車名の「エース」が由来のロゴマークが配されています。

新型レクサス RZ450e SUVピュアEVでデビューか!各国で商標登録が判明!

内装はテスラ モデル3に似ている

内装はレザーを基調としたシンプルかつ上品なつくりになっており、インパネ中央には大きいワイドなタッチディスプレイが設置されています。この構成はテスラ モデル3に近いと言えるでしょう。

テスラ モデル3の内装などの情報はこちらから

アルファモーターズが公開している画像では、ディスプレイ上にマップや空調管理、ミュージック、カメラなどのアイコンが確認できます。冷暖房などの操作をアナログで行わないという部分に関しては、好き嫌いが分かれるかもしれません。

収納スペースも申し分なし!

2シーターということもあり、気になるのは収納スペースですが、ボンネットとリアハッチの下に約396Lもの容量を用意しているとのこと。これは、トヨタのコンパクトSUV「ライズ」の荷室容量と同じ数値です。収納性に関しては申し分ないと言えるでしょう。

南明奈がトヨタ新型ライズを試乗!いいとこ取りコンパクトSUVを解説

パワートレインなどのスペック

アルファ エースクーペは、最高出力や最大トルクといった具体的なパワートレインスペックをまだ発表していません。

公表されているのは航続距離、0-100km/h加速など以下のスペックです。

  • 航続距離:402km以上
  • 0-100km/h加速:6秒
  • 後輪駆動
  • 急速充電

今後、パワートレイン等が発表された際は改めてお伝えします。

海外のEVが速すぎた…世界一速い車ランキングTOP21

アルファモーターとは

アルファモーター(Alpha Motor)は、米カリフォルニア州アーバインに拠点を置く電気自動車(EV)メーカーです。

2023年初頭から新型の電気自動車を一般向けに提供することを目標としており、2021年初頭に重要な製品を発表する予定とのことです。

アルファ アイコン

現時点で、エースクーペの他に、多目的EUVと称した電気自動車バン「ICON(アイコン)」のティザー画像を発表しています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード