MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 「世界では日本車より売れてる」と言われるヒョンデ…走行中に突然停止する不具合多数報告
自動車業界速報

更新

「世界では日本車より売れてる」と言われるヒョンデ…走行中に突然停止する不具合多数報告

走行中突然エンジンが停止!

韓国の自動車メーカー、ヒョンデのSUV『パリセード』において、走行中にエンジンが止まったという報告が多数寄せられていると、中央日報が報じました。

ヒョンデ パリセードは大型の3列シートSUVとして2018年にデビューしたモデルで、2022年4月にフェイスリフトによる大型改良を実施。日本未発売のモデルですが、北米、韓国の市場では好調なセールスを記録しているモデルだといいます。

ヒョンデのEVトラックが日本にも続々導入?

先月末から6日に30件も報告あり

6月末から7月6日までに、パリセードに関連する30件あまりの不具合が、韓国国土交通部傘下の自動車リコールセンターホームページに報告されていると中央日報は報じています。

パリセードの3.8リッターガソリンエンジンモデルで、低いエンジン回転数で低速走行をしていると、突然計器ランプにエンジン停止の警告ランプが点灯し、その後エンジンが止まったという内容が、共通して報告されているといいます。

ヒョンデの関係者はこの不具合の報告に対して、「確認中」と回答したようです。

損保会社にとっては「リスクが高い」ヒョンデの最新モデル

「衝突時にシートベルト部品外れる」過去にも火災でリコール…韓国車の品質は大丈夫?

日本にも導入されているヒョンデ アイオニック5

また、このほかヒョンデの『アバンテ』では、シートベルトの欠陥が見つかり約17万台がリコールの対象となっています。

前席のシートベルト調節装置内部にあるガス発生器の不良により、衝突時に部品が外れ、後席の乗員が傷害を負うおそれがあることが確認されています。

過去には、車両火災が発生したことを受け小型クロスオーバーSUVの『コナ』でも大規模リコールを実施。2018年5月から2020年10月までに12件の火災が報告されました。

「日本車よりも韓国車のほうが優秀!」SNSで拡散

電気自動車は危険?でも日産 リーフは…

売れずに一度は撤退決めたメーカーがEV売るため再参入!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード