MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 引退を表明した「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の愛車は?カイエンには結局乗れたのか
エンタメ総合

更新

引退を表明した「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹の愛車は?カイエンには結局乗れたのか

ハンカチ王子こと斎藤佑樹選手が現役引退を発表

©mtsaride/stock.adobe.com

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹選手が、2021年10月1日に現役引退すると発表されました。

斎藤選手といえば、カイエンに乗りたい、青山に土地を買いたいといった旨の発言から「カイエン青山」という愛称がインターネット上でつけられていました。

高級スポーツカーメーカー、ポルシェの最上級SUVであるカイエン。新車価格で1000万円以上もする車ですが、斎藤選手はカイエンに乗るという夢を実現できたのでしょうか。

実はスバリスト?小さい頃からボクサーエンジンやAWDの良さを知っていた

スバル レガシィ アウトバック(BR型)

斎藤佑樹選手がこれまでに所有した車は、2011年夏頃に納車したスバル レガシィ アウトバック(BR型)や2011年のオールスターゲームで「スカイアクティブテクノロジー賞」の副賞として入手したマツダ デミオ(DE型)等をこれまでの報道などで確認できます。

斎藤選手はスバルのお膝元である群馬県太田市出身で、お父さんも富士重工業(現・SUBARU)に所属。小さい時からスバルのボクサーエンジンやAWDの良さをお父さんから聞いて育ったとのことで、スバル レガシィ アウトバックを初のマイカーとして選んだようです。

斎藤選手は「クルマを買ったことで、ボクの人生がすごく変わりました。それがスバルだったんで、いい出会いだったなと思っています」とインタビューで語っていて、「クルマの中は、すごい大切な空間。」とも語っていることからかなりの車好きであることが分かります。

カイエンに乗りたいという発言が有名ですが、実はスバルが好きなスバリストのようです。

ちなみにポルシェもスバルも水平対向エンジンを製造しているメーカーという共通点がありますが、カイエンに搭載されているエンジンは6気筒や8気筒のV型エンジンです。「水平対向エンジンに乗るならスバルの車に乗りたいから、水平対向エンジンのポルシェ 911ではなく、V型エンジンのカイエンに乗りたい」という思いが、あの発言の裏にはあったのかもしれませんね。

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれ、東京都出身。エナジードリンクをよく飲む。バイクやレーシングカートを経て車好きに。あまり人気がない車ばかり乗ってきたため、部品の流用やDIYに詳しくなった。結婚を機に普通の車(マツダ ロ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード