MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > ウィル・スミスの超巨大トレーラー!世界一豪華な控室は家賃400万円
エンタメ総合

更新

ウィル・スミスの超巨大トレーラー!世界一豪華な控室は家賃400万円

ウィル・スミスのトレーラー「The Heat」は世界一豪華な控室

©Fxquadro/stock.adobe.com

2012年に公開された『メン・イン・ブラックIII』。人気シリーズで、主演はおなじみウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズです。

この撮影時に、ウィル・スミスが控室として使用していたRVトレーラーがスゴイと、当時話題になっていたのでご紹介します。

2階建てトレーラーの名前は「The Heat」。価格は当時のレートで200万ドル(約1億6,400万円)以上。ウィル・スミスはThe Heatをリース契約しており、家賃は毎週9,000ドル(約73万8,000円)だったそう。

毎月400万円近くかかっていながらも、The Heatはキャンピングカーではなく、あくまで控室。どう考えても世界一家賃の高い控室でしょう。

1階にはキッチンやソファ、200万円のバスルーム

1階部分はキッチンやソファなど、豪華トレーラーらしいインテリア。

巨大冷蔵庫やバーも完備されており、撮影中もリラックスして待機できそうです。

なんとバスルームは200万円もかけられた本格仕様。シャワーブースは目隠しのために、磨りガラスに早変わりするようになっています。

バスルームは一番奥。トイレだけチラッと見えていますが、詳しい画像がなかったので動画でご覧ください。

2階はスタッフの控室&シアタールーム

螺旋階段を登ると、2階はスタッフの待機やミーティングにも使えるスペースになっています。天井が上に伸びるため、高さもじゅうぶん。

2階に設置してある大きなスクリーンや複数モニターは、撮影中のカットや映像を確認するときに使うそう。

映画鑑賞用ではなく徹底して撮影用控室として利用されているのがスゴい……

マンハッタンロケでひと悶着。さすがにデカすぎた

マンハッタンに停車中のThe Heat。隣のビルの2階までの高さがある

ウィル・スミスの「The Heat」は、2011年の『メン・イン・ブラックIII』のマンハッタンロケの控室として使用されました。

しかし、マンハッタンの街中に駐車するにはさすがに大きすぎたらしく、近隣住民は激怒。

「うちの店がトレーラーの影になってしまって営業妨害だ!」「トレーラーの出す排気ガスの臭いがくさい!」など、苦情も多数寄せられたとのこと。

この一件でウィル・スミスはマンハッタンでは鼻つまみ者になってしまったようです。

先述したように、このトレーラーはリース契約が可能なので、ウィル・スミス並のお金持ちであれば使用できます。

しかし「The Heat」はキャンピングカーとは違ってベッドルームがないため、長期間の居住には不向きでしょう。

一般人にとってはどのタイミングで必要になる車なのかイマイチよくわからないところも、超高級車ならではと言えるかもしれませんね。

画像引用元:izismile.com

一味違う!世界のビックリキャンピングカーまとめ

映画と車にまつわるトリビアを集めた特集はコチラ

みんな大好きワイスピに登場する車はコチラ

執筆者プロフィール
MOBY編集部 明星めてお
MOBY編集部 明星めてお
1988年生まれ。幼少期父親が保有していた車がSUBARUのLEGACYだったこともあり、後継車であるLEVORGをファーストカーとして購入。基本的にはSUBARU車が好き。仲間とゴルフ、ラーメン屋巡りが楽しみ。行ったことの...
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード