MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > 映画 > 【シネマカー#1】アイ,ロボット
映画

更新

【シネマカー#1】アイ,ロボット

「アイ,ロボット」の作品紹介

  • 原題:I, ROBOT
  • 制作国:アメリカ
  • 制作年:2004年
  • 上映時間:115分
  • ジャンル:アクション、SF
監督アレックス・プロヤス
脚本アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ヴィンター
出演ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライド、アラン・テュディックジェームズ・クロムウェル、シャイア・ラブーフ、エミリー・テナント、ジェリー・ワッサーマン、エイドリアン・L・リカード、フィオナ・ホーガン、シャロン・ウィルキンス

アイ,ロボット [Blu-ray]

アイ,ロボット [Blu-ray]

ウィル・スミス, ブリジット・モイナハン, アラン・テュディック, ジェームズ・クロムウェル
1,680円(10/17 16:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

あらすじ

ロボットとの共存が当たり前となった近未来で、ロボット工学の第一人者ラニング博士が(ジェームズ・クロムウェル)が殺害されるという不可解な事件が起こり、シカゴ市警のデル(ウィル・スミス)は謎の究明に乗り出す。

シネマトゥデイ

おすすめポイント

アレックス・プロヤス監督制作の『アイ,ロボット』の一場面より引用

今だからこそ考えさせられるロボットとの関係性

物語では、人間とロボットが共存するためにロボットに課せられた「ロボット工学三原則」というルールが存在します。それは「ロボットは人間を傷つけてはならない」「ロボットは人間の命令に従う」「 ロボットは自身の安全を守る」という内容。

「人間とロボットの共存」というテーマは、AI技術が進歩している現代だからこそ、考えさせられる内容だと言えます。

映画の原作となったアイザック・アシモフの小説「われはロボット」では、このテーマについてより深く触れているので、興味がある方は小説もチェックすることをおすすめします。

われはロボット

われはロボット

アイザック アシモフ
644円(10/17 16:28時点)
発売日: 2014/04/25
Amazonの情報を掲載しています

リアリティを追求したCG技術

アイ,ロボットの見どころの1つに卓越した映像技術があります。

映像の「作り物感」を徹底的に排除するため、本編には登場しないロボット役の役者を用意したそうです。また、これによって役者を消して背景を埋め、CGのロボットを合成するという工程が追加。

現代ならモーションキャプチャ技術で一発なところをペイント処理やCGアニメーションで補ったため、ほぼ年単位の時間を要したとのこと。

このリアリティを追求した映像技術によって、2005年のアカデミー賞では視覚効果賞にノミネートされました。

車にまつわるトリビア

劇中に登場するアウディ RSQ

アイ,ロボットの劇中には、主人公の愛車としてアウディの自動運転車が登場します。

この自動運転車は「アウディ RSQ」という車名で、本作のために開発されたコンセプトカーです。

アウディ RSQコンセプト

アウディ RSQはレベル5の完全自動運転機能を備えており、主人公が新聞を読んでいる間も自動で走行することが可能。

自動運転は今でこそ現実的なものとなりつつありますが、2004年当時は空想上の存在であると認識されるほうが多かった時代。

SFの乗り物が近い将来実現すると考えると、胸が高鳴りますね。

こんな人におすすめ

  • 派手なアクション映画が観たい人
  • 近未来的な世界観が好きな人
  • 観終わった後に、考えさせられる映画を観たい人

こんな人には不向き

  • サイボーグ的な要素を求めている人
  • 王道な展開が苦手な人

予告編

アイ,ロボットを配信している動画配信サービス一覧

Amazonプライムビデオレンタル
dtv定額見放題
ビデオマーケットレンタル
TSUTAYA TVレンタル

アイ,ロボットの作品情報(PLOTWIST)

あなたの印象に残る劇中車はありますか?
あなたが観た映画に登場する印象的な車を教えて下さい!

執筆者プロフィール
PLOTWIST
PLOTWIST
PLOTWIST(プロットツイスト)は、予想外の結末を迎える「どんでん返し映画」を紹介する映画情報メディア。公開年やジャンル、製作国を問わず、多岐にわたる作品の中から厳選した名作情報を掲載している。
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード