MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 「走り屋社長」はモリゾウだけじゃない!?日産やスズキも社長のテスト試乗動画を公開
エンタメ総合

更新

「走り屋社長」はモリゾウだけじゃない!?日産やスズキも社長のテスト試乗動画を公開

「こんな社長がいるメーカーの車が買いたい!」レーシングドライバー“モリゾウ”が社長のトヨタ

東京オートサロン2023でトヨタは、『GRヤリス ラリー2 コンセプト』のデモランを特設イベント会場で公開しました。

このデモランではTOYOTA GAZOO Racing ワールドラリーチームの代表、ヤリ-マティ・ラトバラ氏がドライバーを務めたほか、トヨタ自動車社長の豊田章男氏もレーシングドライバーの“モリゾウ”としてパフォーマンスを披露。

優勝経験を持つレーシングドライバーにも迫るほどの運転技術を持ち、他メーカーの車であっても良い車であれば絶賛する豊田章男氏は自動車メーカーの社長の中でも屈指の車好きとして知られています。

豊田章男氏のこうしたパフォーマンスによって、SNSなどでは「章男社長になってからのトヨタ車は楽しい」「こんな社長がいるメーカーの車を買いたい」といった反応があり、トヨタの代表である社長自らが車を楽しんでいる様子は、ファン獲得に大きな効果があるようです。

モリゾウ社長が登壇!AE86トレノ&レビンと共に熱い想いを語る

「車は自分のアイデンティティ」自家塗装にユーザー車検もこなす日産の内田社長

何かあれば会社の経営に大きな影響が出てしまうため、豊田章男氏のようなど派手なパフォーマンスを披露する社長は稀有な存在ではありますが、トヨタ以外にも「車好き」を公言する社長が経営する自動車メーカーはあります。

日産が2020年10月28日に公開した動画では、フェアレディZ プロトタイプに社長の内田誠氏が試乗。真剣な表情でマニュアルトランスミッションを操作し、フェアレディZ プロトタイプの運転を楽しむ様子が映し出されました。

新型フェアレディZを発表した際には、若かりし日の内田社長がZ32型フェアレディZの運転席の窓から手と顔を出してポーズを決めた、93年8月7日の日付が記載されている写真も公開。今と変わらない笑顔が写るその写真に「エモい」という感想を抱いたファンも少なくなかったようです。

内田誠氏は、「クーペのマニュアルが好き」と明かしているほか、趣味の愛車には自ら塗装を行なったりユーザー車検を利用していることなども話し、「車は自分のアイデンティティ」と語っています。

「レーサーがつくった自動車メーカー」実は結構多い!あなたは全部知ってる?

スズキ社長はレーシングスーツで最速車『Hayabusa』テスト走行!

車だけでなく二輪車も手掛けているスズキは、量産市販車最速のバイクとして知られる『Hayabusa』の3代目、2021年モデルの開発ストーリーを公開しています。

この動画の冒頭、開発中モデルのHayabusaを止めてヘルメットを脱いだライダーはなんとスズキの鈴木俊宏社長。

発表や会見の場での、スーツを着用した姿がおなじみの鈴木俊宏社長ですが、この動画内では常に革のレーシングスーツを着用して姿で登場し、Hayabusaの2021年モデルの魅力を語っています。

テスト走行の感想では「180キロちょっと出ていたね」と、常用域を大きく超える速度で走行していたことを話し、「普段使わない領域でも安定している」と、Hayabusaの動力性能の高さをアピール。動画の最後では、「ぜひ、買ってください!」と、ファンに向けてこれ以上ないストレートなメッセージを送りました。

あの漫画でも登場!?スズキのロゴマークをハンドサインで表現!

「この社長、ノリノリである」観客への煽りも入れながらGRヤリスで爆走

「意外な走り屋」は社長以外にも?車好きの心とらえた“パトロールカード”話題に

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード