MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 【ややこし語#4】4WDとAWDの違い
カーライフ

更新

【ややこし語#4】4WDとAWDの違い

4WDとAWDの違いはなに?

4WDAWDは、どちらも車の駆動方式を表す単語です。

同じような意味で用いられる言葉ですが、実は4WDとAWDでは若干ニュアンスが異なります。その理由を順を追って説明していきます。

駆動方式についてはこちらの記事で解説

4WDは四輪車にしか使えない

国産4WDの代表格「トヨタ ランドクルーザー(画像は初代)」

4WDとは「4-WHEEL DRIVE」の略で、日本語に直すと「四輪駆動」という意味です。「四駆」と略して呼ばれることもあります。

この言葉から分かる通り、自動車でいう前後のタイヤがどちらも駆動輪であるということを示しています。

ちなみに、四輪駆動の車は整備されていないオフロードなどにおいて、優れた走破性を発揮します。そのため、トヨタ ランドクルーザーやスズキ ジムニーをはじめとするオフローダー気質のSUVには必ず採用されている駆動方式です。

しかし四輪駆動という言葉は、車両が3輪だったり6輪だったりする場合には使えません。そういった場合に用いるのが、次で解説する「AWD」です。

AWDは何輪でも使える

2014年に5台限定で国内販売した「メルセデスAMG G63 6×6」は6WD(六輪駆動)

AWDは「ALL WHEEL DRIVE」の略で、日本語に直すと「全輪駆動」という意味です。

全てのタイヤが駆動輪であることを示しているため、前述した3輪や6輪の車両においても用いることができます。

とはいえ、一般的な乗用車はタイヤが4つであることがほとんどで、AWDも4WDと同義に扱われることが多いです。四輪駆動が主流となっている理由としては、全輪駆動と前輪駆動の発音が同じで、口頭ではどちらか分かりづらいためだと言われています。

基本的にはどちらも同じ、特殊な場合はAWDを使おう

米国のアプテラ・モータースが開発している電気自動車「アプテラ」は3輪のAWD

大半が四輪の乗用車において、4WD(四輪駆動)もAWD(全輪駆動)も意味合いは変わりません。

しかし、口頭では4WDを用いると聞き間違いを防ぐことができます。また、車両が3輪だったり6輪だったりする場合は4WDではなくAWDを用いるのが正解です。

「AWDの中に4WDや3WD、6WDなどが含まれている」とイメージすると分かりやすいでしょう。

ややこし語の記事一覧はこちら

「タクシーとハイヤー」「丁字路とT字路」の違い、分かりますか?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード