MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > LEDヘッドライトバルブおすすめ人気ランキング&適合規格一覧
役立つ情報

更新

LEDヘッドライトバルブおすすめ人気ランキング&適合規格一覧

おすすめはLEDヘッドライト|人気の理由は?

©OATZPENZ STUDIO/stock.adobe.com

LEDヘッドライトは、「発光ダイオード(Light Emitting Diode)」を光源に利用した現在のヘッドライトの主流です。近年ではヘッドライト以外にも、ルームライトや信号機など多くの照明機器に取り入れられるようになりました。

ライトの種類は、他にもハロゲンランプやHID(ディスチャージランプ)が存在しますが、なぜLEDが人気となったのでしょうか。その理由をLEDの特性から見ていきましょう。

寿命が長い

LEDの定格寿命(※)は、一般的に40,000時間とされています。実際のヘッドライト製品もバラつきはありますが、30,000~50,000時間のスペックが公表される場合が多いです。1日10時間ライトを点灯する計算でも、理論上は8年~14年もの長期間使い続けることができます

ハロゲンランプの寿命が色温度(効率)次第で400~2,000時間、HIDが約2,000時間のため、LEDは飛びぬけて長持ちすることがわかります。

※初期状態から70%の明るさに達したとき

消費電力が少ない

LEDはダイオードに加えられた電圧が直接光に変換され、余分な熱が発生しないため、消費電力が非常に少ないのも特徴です。消費電力が少なければ、バッテリーへの負荷が下がるというメリットになります。

ロービーム照射時の消費電力でライトを比較すると、ハロゲンランプが55~60W、HIDが35~50W、LEDが20~30Wが一般的です。

LEDヘッドライトバルブの選び方とポイント

©candy1812/stock.adobe.com

明るさを確認しよう

LEDヘッドライトを選ぶ際にもっとも重要なのは、明るさの確認です。ライトの明るさは「lm(ルーメン)」という単位で表され、製品の詳細に必ず表記されています。

ただし、lm値の表記は製品によって統一されておらず、両側のライトの合計値で表記されていたり、片側のみの数値を表記される場合があるので注意が必要です。

また、必ずしもlm値が高いと明るいというわけではなく、照らす範囲をムラなく明るくする配光も重要です。

メーカーがハロゲンと同等の配光設計と謳う製品や、配光の評価が高いレビューの製品を選ぶことをおすすめします。

規格を確認しよう|多くは「H4」

ライトは、消費電力(定格)や形状・口金・ガラス球の大きさなどによって規格が異なり、車種ごとに適合する規格が決まっています。ライトを購入する際は前もって適合規格を確認し、誤った製品を選ばないように注意しましょう。

現行車種に多く見られるのは「H4」という規格で、このバルブのみでロービーム・ハイビーム両方の光を照射することが可能です。

自身の車種の適合規格を確認したい場合は、購入したディーラーに問い合わせるか、照明部品メーカーの小糸製作所が公開している車種別電球適合表をチェックするのがおすすめです。

冷却機構のタイプを確認しよう

LEDもハロゲンやHIDほどではありませんが、冷却しないと熱ダレを起こす程度には発熱します。そのため、LEDバルブには冷却機構が取り付けられており、その種類も確認しておくのがおすすめです。

冷却機構には大別して2種類存在し、1つは空冷ファンで冷却するタイプ、もう1つは金属の表面積を増やして自然に熱交換するヒートシンク(放熱機構)を備えたファンレスタイプです。

空冷ファンタイプは冷却性能が高い反面、音が発生したり、油やほこりによってファンが壊れて停止するリスクがあります。ファンレスタイプは冷却性能が劣る反面、静粛性と耐久性の高さが魅力です。

ヘッドライトバルブの規格と適合車種

ライトの規格はライトメーカーのホームページから調べよう

ヘッドライトやフォグランプを始めとした車のライトには多種多様な規格が存在し、ランプの消費電力(定格)や、形状・口金・ガラス球の大きさなどによって規格が異なります。

車種ごとに適合するライトの規格は決まっており、たとえば従来のライトから、最近普及し始めたLEDライトに取り替えをする場合には、規格の知識は不可欠といえるでしょう。

ライトの規格は、ライトメーカーのホームページから簡単に調べることができます。どのメーカーでも必ずあります。また、カー用品店ではライトのコーナーに冊子になった適合表が置いてあります。

【H1規格】旧型の4投式に採用

H1は、国産・外車を問わず、4灯式のハイビームやロービームに広く使用されているライトです。現在H1は主流ではなく、1世代か2世代前の型式の車までに多く見られます。

H1が適合する車種の代表は日産 エクストレイル。エクストレイルの旧型T31系では、ハイビーム用に採用されていました。

【H3規格】90年代のフォグランプがメイン

H3は、主にフォグランプに広く使用されている規格。H1同様、現行車種には使用されておらず、90年代から2000年代初頭の頃に発売された車種に多く見られます。

H3が適合する車種の代表は、トヨタ プリウス。初代10系プリウスのフォグランプに採用されていました。

ちなみに、H3とH3Aは電球の形は非常に似ていますが、口金部分の切り込みサイズが1mm異なるので、互換性がありません。

【H4規格】これ一つでハイ・ロービームになる2等式

H4は、2灯式のヘッドライトに幅広く使用され、このバルブのみでロービーム・ハイビーム両方の光を照射することが可能なランプの規格。H1やH3と異なり、現行車種でも採用されているタイプです。

H4が適合する車種の代表は、スズキ ハスラー。ハイビーム・ロービームとしてH4が採用されています。

また、H4Uという規格も存在しますが、こちらはH4と互換性がある規格です。「U」はユニバーサルを表しています。

【H7規格】旧式セダンに多い4灯式

H7は、国産・外車を問わず、4灯式のハイビーム・ロービームに広く使用される規格です。

旧型のセダンステーションワゴンに採用されていることが多く、日産 スカイラインやトヨタ クラウンロイヤルなどが有名。

現在H7に適合する代表車種は、前モデルのホンダ N-WGNで、ハイビームに採用されています。

【HB3規格】現行モデルに使用されるハイビームの主流

HB3は、4灯式のハイビームとして使用され、現行車種にも適合車種が多く存在します。つまり、現在のハイビーム用ライトとしてHB3は、主流の規格といえるでしょう。

HB3に適合する車種の代表例は、ホンダ フリード。2016年以降のモデルのうち、ハロゲン車・LED車の両方で、ハイビームにHB3が使用されています。

【HB4規格】一世代前に多くみられるフォグ・ロービーム

HB4は、4灯式のロービームやフォグランプとして幅広い車種に使用される規格。多くの車種に適合しますが、1世代ほど前のモデルに多い規格といえます。

HB4に適合する車種の代表例は、スバル インプレッサセダン。インプレッサセダンGD系からGH系にかけて、フォグランプとしてHB4が採用されていました。

【H8規格】現行のフォグランプに使われる規格

H8は、主にフォグランプに使用される規格です。H9やH11とはバルブの形状が似ていますが、定格が異なるため互換性はありません。

H8に適合する代表車種は、日産 ノート。2016年モデルのうち、ハロゲン車・LED車の両方にH8が採用されています。

【H9規格】4灯式ランプでハイビームがメイン

H9は、主に4灯式のハイビームとして使用される規格です。先述のH8やH11とはバルブの形状が似ていますが、定格が異なるため互換性はありません。

H9に適合する車種の代表例は、レクサス RX。RXの2012年~2015年にかけて発売されたモデルのハイビームに適合します。

【H11規格】一世代前に多くみられるフォグ・ロービーム

H11は、主にフォグランプに使用され、一部が4灯式ロービームにも使用される規格です。先述のH8やH9とはバルブの形状が似ていますが、定格が異なり互換性がありません。

H11に適合する車種の代表例は、マツダ CX-5。KE系の2012~2014年モデルのフォグランプに使用されていました。

【H16 規格】最新モデルのフォグランプに多く採用

H16は、主にフォグランプに使用されている規格です。先述のH8・H9・H11とはバルブの形状が似ていますが、定格が異なり互換性はありません。

H16に適合する車種の代表例は、ダイハツ タントが挙げられます。LA60系からタントのフォグランプにH16が採用されています。それまではH8が使用されていました。

LEDヘッドライトバルブおすすめ人気ランキング

第1位:フィリップス エクストリーム アルティノン

製品1つで取り付け可能なハイ/ロー切替用ヘッドライト(H4規格)。ファンレスタイプで放熱性と耐久性に優れます。純正ハロゲン球の配光パターンを完全再現し、高ルーメンではなく、くっきりした配光で明るさ感と視認性を向上させています。

第2位:スフィアライト ライジング2

製品1つで取り付け可能なハイ/ロー切替用ヘッドライト(H4規格)。ファンレスタイプで放熱性と耐久性に優れます。純正ハロゲン球の配光パターンを完全再現し、高ルーメンではなく、くっきりした配光で明るさ感と視認性を向上させています。

第3位:LEDホワイトビームNeo

純正H4/H11ハロゲンヘッドランプ装着車用のLEDバルブ。相場としては高価ですが、国産車専用の高品質製品で、車検対応や保証も充実しています。商用車や改造車には保証が適用されない点には注意してください。

第4位:サンバリー LEDヘッドライト

1灯2,800lmのファンレス型LEDヘッドライト。比較的安価ですが十分な性能が確保されています。取り付けが簡単なコンパクトなサイズに、360度角度調節可能なソケットを採用することで、多くの車への適合を実現しているのもポイント。

第5位:fcl.(エフシーエル) LEDヘッドライト

1灯2,400lmのファン付きLEDヘッドライト(H4規格)。通常大径化するファン部分をコンパクト化し、多くの車種に適合。また、配光技術によってHIDを超える明るさを実現しているとのことです。

第6位:HOCOLO LEDヘッドライト

1灯あたり出力4000lmの高輝度LEDヘッドライト(H4規格)。防水設計や取り付けの容易さが特徴です。rpm10,000の強力なファンで冷却性能が高く、寿命は50,000時間と長持ちします。

第7位:NOVSIGHT LEDヘッドライト

1灯5000lm、左右合わせて10000lmの明るさを実現したLEDヘッドライト(H4規格)。放熱効率が高い冷却ファンを採用し、正常な発光状態を維持します。取り付けもコンパクトで簡単です。

第8位:LEDヘッドランプバルブ X2

1灯2700lm(ハイ)/1900lm(ロー)のLEDヘッドライト(H4規格)。防水、防塵電動冷却ファンを内蔵し、明るさと長寿命を両立します。国産車専用で、ハイブリッド車やアイドリングストップ車にも対応。

第9位:日本ライティング LEDヘッドライト

1灯合計3500lm(ハイ)/2500lm(ロー)のLEDヘッドライト(H4規格)。車検対応の配光設計で、保安基準を満たしながらもハロゲンバルブと遜色ないカットオフラインを実現しています。耐熱・防塵の冷却ファンの耐久力も魅力。

第10位:エムズベーシック LEDヘッドライト

ヘッドライト専門メーカー・IPFのAmazon限定ブランドによるLEDヘッドライト(H4規格)。品質やスペックと低価格を両立させています。輝度は1灯2100lm(ハイ)/1400lm(ロー)で、ワイドな配光と明るさを実現。

第11位:レイブリック LEDヘッドライト

1灯3200lm(ハイ)/2400lm(ロー)のLEDヘッドライト(H4規格)。路面への照射効率や高水準の配光、ファンレスで実現する高い冷却性能など高機能・高品質が特徴。ランプの気密性も高く、防水品質も確保されています。

バルブ交換しても暗いときは黄ばみや曇りをキレイにしてみよう

©zphoto83/stock.adobe.com

ヘッドライトバルブを交換してもあまり明るくならない、光にムラがあるというときは、ヘッドライトに黄ばみや曇りが発生しているのかもしれません。

特に、近年のヘッドライトには樹脂製品が採用されているため、使い続けているうちに黄ばんできてしまいます。

ヘッドライトクリーナーで表面をキレイにしたあと、ヘッドライトコーティング剤を使うと効果的です。

ただし、内側まで黄ばんでしまっている場合はヘッドライトごと交換してしまうのもおすすめです。

ヘッドライトバルブの交換方法はコチラ!

ヘッドライトのお手入れ方法についてはコチラ!

ヘッドライトの黄ばみや曇りをキレイにする方法

ヘッドライトクリーナーについてはコチラ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード