MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 金融車とは?ダークではない?販売や買い取りとよくあるトラブルについて
役立つ情報

更新

金融車とは?ダークではない?販売や買い取りとよくあるトラブルについて

金融車とは?

車、コイン、電卓
©thanksforbuying/stock.adobe.com

金融車とは、ローン中の車が中古車として売買されるものをいいます。なお、金融車には「問題を抱えた金融車」と「比較的問題のない金融車」の2つに分かれます。

基本的にローンで車を購入すると、名義(車検証に記載される所有者)はローン会社・信販会社や銀行となり、車を買って乗る人が車検証に記載される使用者となります。

ローンが完済されると名義変更をして使用者が所有者へと変えることができます。ローン途中で車を売りに出すには所有者であるローン会社の承認が必要です。

問題を抱えた金融車とは?

ローン支払い途中の車は所有者の承認なしでは売買ができません。しかし、お金に困った人がローン支払い途中の車を業者に担保に入れて、お金を借りられるような仕組みが存在していました(今ではほとんどないようです)。

ローン途中の車を担保に入れて借金していた方が返済ができなくなると、お金を貸した業者はその車を取り上げ、転売をすることで借金返済の足しにしてしまいます。

このようにして金融車となった車両は、正式な手続きがされないまま売買されるので、さまざまな問題が生じます。

比較的問題のない金融車とは?

ローン途中の車でも、使用者がローン会社ときちんと手続きした場合は比較的問題のない金融車となります。

きちんと名義変更ができれば問題がないとはいえますが、100%大丈夫とは言い切れませんので「比較的問題のない金融車」という表現を取っています。

名義変更をはじめ、正式な手続きを済ませている業者が取り扱う金融車であれば「全く問題のない金融車」となります。

本記事ではこの「比較的問題のない金融車」を中心に解説しています。

金融車の買取・販売はどこでしているの?

中古車販売店
©OceanProd/stock.adobe.com

金融車を専門に取扱う中古車ディーラーは多く、インターネット・オークションでも販売されていることがあります。インターネット検索で「金融車 買取」と調べると数多くの業者が見つかります。

購入する際は冒頭でも述べた名義変更など、違法性がないかどうかの確認はきちんとしておかなければなりません。

金融車の買取り価格、販売価格は安い?

大抵の中古車業者はローン完済後でなければ買い取ってくれません。しかし、金融車を取り扱う中古車業者では、通常の相場価格より大幅に安い金額で買い取ってくれます。

金融車として買い取ってもらうときにどれくらい安くなってしまうかの相場は明確ではありませんが、概ね相場価格の40〜60%という状況となっているようです。

このように金融車の買取価格は非常に安くなるわけですから、販売価格も通常より安い金額が設定されることがほとんど。

「全く問題のない金融車」であれば、とてもお得に買うことができるわけです。

金融車の名義変更はどうなっている?

朱肉と印鑑
©takasu/stock.adobe.com

ローン中の車の名義はローン会社のものになっています。

通常は、車を売却するときはローンが完済されていることが前提です。ローン完済後、名義がローン会社から実際の車のオーナー(車検証では「使用者」)に切替られます。

しかし、金融車はさまざまな事情でオーナーの意思に関係なく担保として提供され他人へ渡ってしまいますので、正式な名義変更に必要な譲渡証明書や委任状、印鑑証明書などの書類が揃いません。これが理由で、名義変更ができない金融車が存在してしまいます。

ローン会社が差し押さえた場合は名義変更が可能

しかし、ローン会社が差し押さえた車が中古車として売られる場合には、そもそも名義がローン会社にありますので、新たな所有者とは正式に手続きができます。この場合は、表立って「金融車」として売る必要はなくなってしまいます。

また、中古車を買う側も、以前の所有者がローンの支払いに問題があってローン会社が車を引き上げて転売したかどうかもわからなくすることも簡単です。

売り手側が金融車と記載するメリット

中古車の価格が相場より安すぎる場合は「金融車」とすることで、安い理由が明確になるという売り手側のメリットが生じます。何も理由もなく安い値段となっていれば、事故車では?などと不審に思われてしまいます。

現在、ホームページで金融車を謳う中古車業者は、車のローンの支払いに困った人や何らかの事情でお金が必要となってローン中の車を完済せずに転売をしたい人が、金融車取り扱い業者へ車を売却し、業者はきちんと名義変更ができるように印鑑証明書、譲渡証明書、委任状、身分証明書のコピーなどを取り、手放す側も買う側のリスクを最小限にしているところがほとんどです。

金融車の購入などでよくあるトラブルとは?違法性は?

注意
©Mucahiddin/stock.adobe.com

金融車の違法性は?

金融車業者へ自分の車を買取りしてもらうにも、金融車を買うにもまず初めに違法性がないかどうかを確認してください。

購入時は必ず名義変更を!

車は購入後15日以内に名義変更手続きをしなければならないことが法律で定められています。

また、同時に車庫証明を警察に届け出をしなければなりません。これらの法に従うことができるかどうか必ず確認をしてください。

買取ってもらうときは所有権者(ローン会社)の譲渡証明書は必ず必要!

ローン中の車は、所有権者となるローン会社が認めなければ、中古車業者へ買い取りしてもらうことができません。

諸事情があってローン会社と交渉をして中古車業者への買取が認めてもらい、譲渡証明書や委任状などの必要書類を完備しましょう。

金融車を購入するときのリスクとは?

以下のようなリスクが想定されますので、十分に注意し事前に調べるようにしてください。

  • 自動車保険に加入できない
  • 車検が受けられない(元の使用者が自動車税を未納していた場合)
  • ローン会社から返還を求められる
  • 知らぬ間に無車検車、無保険車となり免停、罰金となる(ローン会社など所有者が強制的に抹消登録(廃車)を取ってしまった場合)
  • 車検証やナンバープレートの再発行が受けられない(再発行にはローン会社など所有者の承諾書が必要)

上記のリスクはいずれも、きちんと法に則って書類が全て揃って手続きできてさえいれば、金融車を買って乗っても問題はほぼないといえます。

金融車にはベンツやベントレーが多い?

ベントレー ミュルザンヌ
ベントレー ミュルザンヌ

金融車はベンツやベントレー、ロールスロイスなどといった高級車が多い傾向があります。

当然ですがローンで買うと月々の支払いは高額で払えなくなりやすいものです。また、人気のある高級車は買取してもらうときも値崩れが少なく高値で売れます。

さらに、金融車は同じ車・年式・走行距離などの条件の中古車と比較して安くなるため、車両価格の高い高級車になればなるほど、お得になります。

このような背景が、金融車にベンツやベントレー、ロールスロイスといった高級車が多くなる傾向となっているようです。

金融車は必ずしもダークなものではありません!

安全運転のイメージ
©inoumasa/stock.adobe.com

「金融車」というワードがダークなイメージを持ってしまいますが、きちんと法を守って手続きしている車であれば、安く買うことができます。

ただ、買取や購入は自己責任となりますので、違法性がないようにしっかりと調べるようにしてください。

車購入を検討してる方必読!

KINTOはお得なのか?覆面調査してみた!

残クレって途中解約できる?わかりやすく解説!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事