MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 【カーシェアリングとは】各サービスを徹底比較!メリットやデメリット、トラブル事例など
役立つ情報

更新

【カーシェアリングとは】各サービスを徹底比較!メリットやデメリット、トラブル事例など

カーシェアリングとは

カーシェア イメージ
©Belozersky/stock.adobe.com

カーシェアリングとは、自動車を会員同士が共有して利用できるサービスです。

15分程度の利用も可能で、買い物や送迎といったちょっとした普段使いに最適。短時間での利用であればレンタカーよりも安いことも特徴です。

レンタカーやカーリースとの違い

利用期間年会費
カーシェアリング数分〜数時間あり
レンタカー数時間〜数日なし
カーリース数ヶ月〜数年なし

カーシェアリングは、レンタカーやカーリースと同じ、自動車を一時的に借りるサービスです。これらサービスのなかで一番利用時間が短いものがカーシェアリングになります。

利用する会社にもよりますが、一般的にカーシェアリングは年会費または月会費が設定されており、利用しなくても一定額の支払いが発生します。

カーシェアリングの仕組み

カーシェア イメージ
©petovarga/stock.adobe.com

カーシェアリングはレンタカーと違って貸し出しの受付をする店舗はありません。カーシェアリング車両がある駐車場(ステーション)に直接向かいます。

事前にアプリやウェブサイトなどで予約し、ステーションにある車両に会員カードをかざすことで解錠、利用できます。

利用後は元あったステーションに停めて終了です。料金はクレジットカードによる後払いです。

カーシェアリングの料金体系

カーシェアリングはレンタカーと違って、ガソリンを満タンにして返す決まりはありません。その代わり、走行した分だけ追加料金が発生します。

入会金

車両の解錠に利用するICカードなどの発行手数料などです。入会金の支払いは会員登録する時の1度きりです。

固定費

月会費や年会費といった、実際に車両を利用せずとも発生する費用です。多くのかーシェアリングサービス

利用時に発生する費用

利用料金時間料金利用時間に応じて必ず発生する
距離料金サービスによって異なる

距離料金の設定は各サービスによって異なります。主要なカーシェアリングサービスは距離料金について以下のように定めています。

常に支払いが発生オリックス
エコロカ
6時間以上の利用で発生タイムズ
カレコ
カリテコ
10km以上の走行で発生アースカー

距離料金は時間料金より把握しづらいため、気づいたら高くなっていることがあり、注意が必要です。

カーシェアリングのメリット

カーシェア イメージ
©pavelvinnik/stock.adobe.com

短時間からの利用が可能

1時間未満の利用が可能なので、日常のちょっとした買い物や送迎などに適しています。

費用が安い

多くのカーシェアリングサービスは6時間未満の利用時、ガソリン代に相当する距離料金が発生しません。

短時間利用の場合、ガソリン満タン返却が基本のレンタカーよりもお得に使用することができます。

気楽に利用でき、急な予約もOK

店舗での受付は不要で、スマートフォンやウェブサイトでの予約のみで利用できるため、誰かに気を遣うことなく利用できます。

また、レンタカーの場合は数日前の予約が必要な場合が大半ですが、カーシェアの場合は利用する数分までも車両に空きがあれば予約することができます。

保険がある

カーシェアの利用時は保険に加入します。交通事故が発生した場合には保険が適用されます。また、保険会社との連絡もオペレーターが対応してくれます。

免責金額(自己負担額)などの補償内容は各社によって異なるので、確認が必要です。

カーシェアリングのデメリット

デメリット
©Azat Valeev/stock.adobe.com

使いたいときに空きがない可能性がある

各ステーションにある車の台数は決まっており、誰かが利用している間、そのステーションの車は使用できません。どうしてもその時間に利用したい場合、空きがある別のステーションを探す必要があります。

とくに利用者が多い休日は、急な予定ができた時に空きがないということが多いので注意しましょう。

長期間使っていなくても会費は発生する

レンタカーと違ってカーシェアには月額の固定料金が設定されているので、利用せずに放置すると無駄なコストを支払い続けることになります。

カーシェアリングのトラブルとリスク回避方法

カーシェア イメージ
©MicroOne/stock.adobe.com

利用時間になっても前の利用者が帰ってこない

直前に車両を使用している会員が、渋滞や事故などの理由で自分の利用時間までに返却できないケースです。この場合、返却されるまで待機するしかなくなってしまいます。

ガソリン残量がほとんどない

カーシェアリングサービスには、ガソリンを満タンにして返さなければいけないルールはありません。そのため、前の利用者が給油を怠ったまま返却するとこういったトラブルにつながります。

カーシェアリングサービスによっては、ガソリンを給油すると割引を受けられる制度がある場合もあるので、残量が少なくなったら給油してから返却すると良いでしょう。

ライト類の消し忘れでバッテリーが上がっている

前の利用者がヘッドライトやルームライトなどを点灯させたままにして返却したことで、自分が利用する時にはバッテリーが切れていた、というケース。

レンタカーと違って車両返却後にスタッフによる点検などがないため、こうした事例が起こりやすいと言われています。窓が空きっぱなしになっていることもあるようで、自分の返却時には、これらを確認するようにしましょう。

トラブルを避けるために気をつけること

カーシェアリングサービスには、上記で解説したような、急に車両が使用できなくなるリスクがあります。以下のことを意識すると、こうしたトラブルを回避できます。

  • 余裕を持った利用時間で予約する
  • 2台以上カーシェアリング車両があるステーションを選ぶ
  • 2箇所以上のステーションを把握しておく
  • 確実に時間通りに借りたい場面ではレンタカーを利用する

カーシェアリングサービスを選ぶ時のポイント・注意点

カーシェア イメージ
©mast3r/stock.adobe.com

カーシェアリングサービスを選ぶ上で重要になるポイントは利用スタイルによって変わってきます。

最重要!最寄りのステーションまでの距離

カーシェアリングの利用頻度が多い場合、最も重要とも言えるポイントです。

最寄りのステーションまで徒歩20分以上ある場合、気軽に利用できるとは言い難いです。自宅から最低10分圏内にステーションがあるサービスを選ぶのがおすすめ。できれば2箇所以上あればベストでしょう。

長距離移動が多いなら距離料金を重視

ドライブなど、長距離を走ることが多い場合は、距離ごとに発生する料金が安いサービスを選ばないと利用料金がかなり高くつきます。

近所のスーパーや薬局などに行くだけで、走る時間よりも駐車する時間の方が多い場合はそれほど重要ではありません。

利用頻度が少ない場合は月額料金が安いサービスを

利用頻度が少ない方の場合、月額料金が高いと損になります。利用頻度が多い場合は月額料金よりも距離料金やステーションの場所などを重視した方が良いでしょう。

初期費用は大差なし、重要度は低い

カーシェアリングサービスに加入するための費用です。入会費には車両の解錠・施錠に必要なICカードの発行手数料なども含まれます。

初期費用に関してはどのサービスも大きな差はなく、支払いも一回のみなのでそれほど意識する必要はありません。

初期費用が無料になるキャンペーンなどが開催されているタイミングで加入できるとお得です。

チャイルドシート・ジュニアシートを利用できるかどうか

チャイルドシート
©Pixel-Shot/stock.adobe.com

6歳未満の子供を乗せて車を運転する場合、チャイルドシートの着用が義務付けられています。また、6歳以降の子供にもジュニアシートの着用が推奨されています。

これらのシートを持っていない場合、チャイルドシートまたはジュニアシートを装備している車両が、最寄りのステーションにあるかを確認しましょう。

チャイルドシートレンタルに関する情報はこちらから

カーシェアで借りることができる車

タイムズ、オリックス、カレコの大手3サービスのラインナップから主な車種をピックアップしました。カーシェアリングサービスによって車種のラインナップは異なるので、サービスを選ぶ参考にしてください。

普通乗用車

日産 ノート
日産 ノート
コンパクトカースズキ ソリオタイムズ、オリックス
日産 ノートタイムズ、オリックス、カレコ
セダントヨタ プリウスタイムズ、オリックス、カレコ
スバル インプレッサタイムズ
マツダ アクセラカレコ
SUVトヨタ C-HRタイムズ
ホンダ ヴェゼルオリックス、カレコ
日産 エクストレイルオリックス
マツダ CX-5カレコ
ミニバン日産 セレナタイムズ、オリックス、カレコ
トヨタ シエンタタイムズ、カレコ
ホンダ ステップワゴンオリックス
トヨタ アルファードカレコ

コンパクトカーやセダンに関してはどのサービスでもラインナップに差はそれほどみられません。普通車のラインナップにこだわってサービスを選ぶ場合、SUVやミニバンなどで絞り込むのがおすすめです。

軽自動車

ホンダ N-BOX
ホンダ N-BOX
ホンダ N-BOXタイムズ、オリックス、カレコ
スズキ ハスラータイムズ
ダイハツ タントオリックス

軽自動車のラインナップに関してはどのサービスにおいても差はありませんでした。

外車

ジープ ラングラー
ジープ ラングラー
MINI One クロスオーバータイムズ
ジープ ラングラーカレコ
ボルボ XC60
ジャガー XF

全国展開しているカーシェアリングサービスで外車のラインナップが豊富なのはカレコです。外車の車種数でみるとタイムズは1台なのに対し、カレコは9台もあります。

なお、オリックスカーシェアでは外車の取り扱いがありません。

高級車

ランドローバー レンジローバーヴェラール 2019年
ランドローバー レンジローバーヴェラール
トヨタ MIRAIオリックス
ジャガー XE-Sカレコ
ランドローバー レンジローバーヴェラール
ランドローバー ディスカバリー

高級車のラインナップは、3社の中ではカレコが最も豊富でした。カレコは外車の取り揃えが豊富なことも影響しています。

スポーツカー|フェラーリ、GT-Rなども

マツダ ロードスター
マツダ ロードスター
トヨタ 86カレコ
マツダ ロードスター
ホンダ S660
ジャガー F-TYPE

スポーツカーがラインナップに含まれているのはタイムズ、オリックス、カレコの中ではカレコのみ。スポーツカーに乗りたいのであればカレコを選ぶのがおすすめです。

フェラーリやGT-Rに乗れるカーシェア

フェラーリ 488 GTB
フェラーリ 488 GTB

輸入車専門カーシェアリングサービス「Clooks(クルックス)」ではフェラーリ 488GTBのほか、BMW M6グランクーペポルシェ マカンなど高級外車に乗ることができます。ステーションは東京都内のみです。

日産 GT-R
日産 GT-R

earthcar(アースカー)では一部ステーションで日産 GT-Rメルセデスベンツ SLK200などに格安で乗ることができます。こちらは全国にステーションはありますが、こうした高級スポーツカーがあるステーションはごくわずかです。

主なカーシェアリングサービス

主要カーシェアリングの最も一般的なプラン情報を掲載しています(2020年8月時点)。

【圧倒的なステーション数】タイムズカーシェア

初期費用
(カード発行料)
1,650円
※法人プランは660円
基本料金
(個人プラン)
880円
※利用料金に充当
利用料金
(ベーシック)
220円/15分
距離料金16円/km
※6時間以上利用時
利用開始時からの
走行距離で算出
ステーション数約13,000箇所

ステーションの数が他のサービスと比べて圧倒的に多く、どこに住んでいても利用しやすいことが最大の強みです。全国で利用できるので、旅行先でカーシェアを使いたくなっても安心。

24時間以上の予約で実際の利用時間が2時間未満の場合は、別途「ミニマムチャージ」料金が発生します。

タイムズカーシェア(公式サイト)

【長時間利用に最適】オリックスカーシェア

初期費用
(カード発行料)
1,050円
基本料金
(一般会員)
840円
※利用料金に充当
利用料金
(スタンダード)
210円/15分
距離料金
(一般会員)
16円/km
ステーション数約2,000箇所

レンタカーほどではないけど、カーシェアを長時間利用したいという方におすすめ。

その理由は6時間以上の長時間パックが他社よりも安く設定されているからです。有事の際の保証も業界トップクラスであることもおすすめポイントです。

オリックスカーシェア(公式サイト)

【車種が豊富】careco(カレコ)

初期費用無料
基本料金
(一般会員)
980円
※利用料金に充当
利用料金
(ベーシック)
140円/10分
※最短30分から利用可能
距離料金16円/km
※6時間以上の予約かつ
利用の場合に発生
ステーション数約2,400箇所

タイムズやオリックスと同じく全国展開をしているカーシェアサービス。

カレコの強みは豊富な車種ラインナップです。国産車だけでなく、外車のしっかり取り揃えています。色々な車に乗ってみたい、という方におすすめのサービスです。

careco(公式サイト)

【業界最安値】earthcar(アースカー)

初期費用無料
基本料金無料
利用料金42円〜/15分
※車種によって異なる
距離料金6円〜/km
※10Kmまで無料
※車種によって異なる
ステーション数約70箇所

日産 GT-Rなどの車種にも乗ることができるカーシェアリングサービス。タイムズやオリックス、カレコなどと違ってステーションが全国の都道府県にありません。

アースカーの利用料金・距離料金は借りるステーションによって異なり、距離料金は車種によっては50円/kmになることもあります。

アースカーのステーションがある都道府県

茨城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・奈良・広島

アースカー(公式サイト)

【3つのサービスをひとまとめ】d car share(dカーシェア)

初期費用無料
基本料金無料
利用料金・オリックス(スタンダード)
230円/15分
・カレコ(ベーシック)
170円/10分
・カリテコ(ミニクラス)
209円/15分
距離料金・オリックス:16円/km
・カレコ:18円/km
・カリテコ:11円/km
※6時間以上の予約かつ
利用の場合に発生
ステーション数実質約4,900箇所

dカーシェアではオリックスカーシェア・careco・カリテコの3つのカーシェアリングサービスを利用することができます。

料金は利用するサービスごとに変わるので気をつけましょう。

dカーシェア(公式サイト)

【愛知県民におすすめ】カリテコ

初期費用無料
基本料金
(デラ乗りプラン)
1,045円
※利用料金に充当
利用料金
(ミニ)
187円/15分
距離料金
(ミニ)
11円/km
※6時間以上の予約かつ
利用の場合に発生
ステーション数約360箇所

カリテコは愛知県を中心にサービスを展開しています。利用料金・距離料金ともに大手3社より安い傾向にあるため、生活圏内にステーションがあるならおすすめです。

毎月利用するか分からない、という方は、月会費が無料のチョコ乗りプランというものがあります。チョコ乗りプランでは、デラ乗りプランと比べて利用料金や距離料金が若干高くなります。

また、学生や法人の方はそれぞれのプランを選択することも可能です。

カリテコのステーションがある都道府県

東京・神奈川・石川・岐阜・静岡・愛知・三重

カリテコ(公式サイト)

【エコカー専門】エコロカ

初期費用
(カード発行料)
1,995円
基本料金500円
※利用料金に充当
利用料金
(マーチ)
170円/15分
距離料金20円/km
ステーション数約10箇所

環境性能が高い車種を専門としたサービス。マーチとプリウスの2台から選ぶことができます。東京と大阪、一部神奈川にステーションがあります。

エコロカのステーションがある都道府県

東京・神奈川・大阪

エコロカ(公式サイト)

【個人間カーシェア】エニカ

初期費用無料
基本料金無料
利用料金オーナーが決定
距離料金なし
(給油して返却)
ステーション数
(登録台数)
約4,800箇所

他のサービスと違い、一般のオーナーが所有する車をシェアするシステムです。そのため、利用時には車のオーナーと対面で貸し借りを行います。

「わ」ナンバー車ではないのでカーシェアの車だと知られたくない場合におすすめです。

エニカ(公式サイト)

カーシェアリングサービスの比較まとめ

初期費用や諸料金の比較

※料金は全て最もベーシックなプランのものです

※便宜上、カレコのような利用料金が10分毎に設定されているサービスも、15分毎に再計算しています

※dカーシェアの料金はオリックス・カレコ・カリテコの項目を参照してください

タイムズオリックスカレコアースカーカリテコエコロカ
初期費用1,650円1,050円無料無料無料1,995円
基本料金880円840円980円無料1,045円500円
利用料金
(15分ごと)
220円210円210円42円〜187円/170円/15分
距離料金
(1kmごと)
16円/km
※6時間以上利用時
利用開始時からの
走行距離で算出
16円16円/km
※6時間以上の予約かつ
利用の場合に発生
6円〜/km
※10Kmまで無料
※車種によって異なる
11円/km
※6時間以上の予約かつ
利用の場合に発生
20円/km

長時間パック料金の比較

※料金は全て最もベーシックなプランのものです。

※アースカーはパック料金ではなく、独自の割引システムを採用しているため除外しています

※dカーシェアの料金はオリックス・カレコ・カリテコの項目を参照してください

タイムズオリックスカレコカリテコエコロカ
6時間4,290円3,700円4,080円3,740円3,700円
12時間6,490円5,200円5,700円5,280円6,800円
24時間8,690円6,700円7,300円7,370円8,300円
36時間11,990円9,460円
48時間14,190円11,550円
72時間20,240円
夜間2,640円2,600円2,700円1,650円3,600円

ステーション数と利用可能地域の比較

※dカーシェアのステーション数はオリックス・カレコ・カリテコの合計です。

ステーション数利用可能地域
タイムズ約13,000箇所全国
オリックス約2,000箇所全国
カレコ約2,400箇所全国
アースカー約70箇所茨城/栃木/埼玉/
千葉/東京/神奈川/
静岡/愛知/三重/
京都/大阪/兵庫/
奈良/広島
カリテコ約360箇所東京/神奈川/石川/
岐阜/静岡/三重
エコロカ約10箇所東京/神奈川/大阪

ステーション数はタイムズが圧倒的に多いです。どこにでもあるサービスを選びたいのであればタイムズ一択と言っても良いでしょう。

愛知県にお住いであれば、愛知県内に300箇所以上のステーションを展開しているカリテコもおすすめです。

おすすめはカレコかタイムズ!用途によって選ぼう

現在全国にステーションを構えるカーシェアリングサービスはタイムズ、オリックス、カレコの3つ。

圧倒的なステーション数を誇るタイムズであれば旅行や引越しなどにも柔軟に対応できます。利用したい場所にステーションがあることが分かっている場合、料金にそれほど差がなく車種数が多いカレコがおすすめです。

長距離を移動することが多い方は長距離プランが強みのオリックスがおすすめですが、かなり頻繁に長距離移動をするようであれば、レンタカーやカーリースなども検討してみるといいでしょう。

頻繁に車を使う人はマイカーリースがおすすめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (24枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード