MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > チェーン規制とは?滑り止めにならないタイヤチェーンは?規制情報一覧まとめ
道交法・交通事故

更新

チェーン規制とは?滑り止めにならないタイヤチェーンは?規制情報一覧まとめ

チェーン規制とは?

大雪

チェーン規制とは、雪や気温の低下によって路面状況が悪化した際に「タイヤチェーンを必ず装着することを命じる」ことです。以前はスタッドレスタイヤやスノータイヤといった冬用タイヤなどで滑り止め対策をしていれば問題ありませんでしたが、国土交通省によって2018年12月に道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部が改正され、チェーン規制中はタイヤチェーンの装着が必須となりました。

チェーン規制に対応する滑り止め

チェーン規制が発令された場合は、以下のタイヤチェーンを装着することで規制対象区間を走行することができます。

  • 金属製タイヤチェーン
  • 非金属製タイヤチェーン
  • 布製タイヤチェーン

タイヤチェーンの種類はいくつかありますが、上記の「金属タイプ」「ゴムやウレタンなどの非金属タイプ」「布製タイプ」の3種類が主流となっています。 自動車用品店などで販売されているものであれば、基本的にチェーン規制中の道路で利用できます。

チェーン規制に対応できない滑り止め

チェーン規制が発令された場合に、対応できないものもあります。

  • スプレータイプのタイヤチェーン
  • スタッドレスタイヤ

スプレーで薬剤を吹き付けるようなタイプは、チェーン規制時に使うことができません。 スタッドレスタイヤについても、チェーン規制区間では、チェーンを装着しなければ走行できません。

チェーン規制を守らないと違反?罰則は?

万が一チェーン規制の時に何も対策せずに夏用タイヤで走行してしまった場合はどうなるのでしょうか。都道府県別では規制は法令上きちんと定められていることですので、もちろん道路交通法違反となってしまいます。違反点数の減点はありませんが、5千円~7千円の過料が課せられます。

さらに、その場に警察官いて規制の指示があったにも関わらずこれを無視した場合には、「高速自動車国道等措置命令違反」又は「警察官通行禁止制限違反」となり、違反点数が2点減点となります(過料はなし)。また、「安全運転義務違反」などの可能性もあります。

もちろん、チェーン規制の時にその措置を講じないために事故を起こしてしまった時には、その責任も問われることになってしまいます。特に死亡事故などとなってしまった場合には、過失運転致死傷罪となる可能性もあります(7年以下の懲役若しくは禁錮、又は100万円以下の罰金です)。

チェーン装着義務化区間についても、通行制限だけでなくペナルティを加えることも検討されています。

チェーン規制はいつ、どこで行われる?

雪道のイメージ

チェーン規制が行われるケースについては「対象エリア」と「天候」によります。国土交通省により規制対象とされている「対象エリア」だけでなく、大雪などの「天候」により緊急で発令されることもあります。

冬季の間、恒常的に規制が敷かれる道路

チェーン規制は、過去に雪によって立ち往生や通行止めがあったエリアを対象に、「タイヤチェーンの着脱が可能な場所」「通行止めの命令が解除されるまで待機できる場所」を選んで実施されます。 チェーン規制中は、その区間に入る手前で検査員によって装着確認が行われるため、タイヤチェーンを用意していないと、その区間を通行できなくなってしまいます。 

天候によりスポット的に規制

チェーン規制は、規制対象エリア以外にも大雪特別警報や雪に関する緊急の発表が行われるタイミングでスポット的に発令されることがあります。大雪や路面の凍結によって事故が起こる可能性がある場合、タイヤチェーンの装着が義務付けられるのです。なお、前述のとおり、スタッドレスタイヤであっても、同様です。

チェーン規制の標識

チェーン規制に伴い、2018年12月に新しい標識が新設されました。チェーン規制の標識は、規制対象区間内での「タイヤチェーンを取り付けていない車両の通行止め」を意味しており、タイヤのマークが記載された標識がこれに当たります。

【高速・一般道】チェーン規制区間情報の収集先サイト一覧

チェーン規制の対象区間は国土交通省により発表されており、今後も随時増えていくことが予想されています。一般道や高速道路で対象区間が発表されているため、随時確認することが大切です。

高速道路

高速道路では以下の区間が対象となります。

上信越道(路線番号E18)、長野県信濃町IC~新潟県新井PA(上り線)の24.5km区間

中央道(路線番号E20)、山梨県須玉IC~山梨県長坂ICの8.7km区間

中央道(路線番号E19)、長野県飯田山本IC~長野県園原ICの9.6km区間

北陸道(路線番号E8)、福井県丸岡IC~石川県加賀ICの17.8km区間

北陸道(路線番号E8)、滋賀県木之本IC~福井県今庄ICの44.7km区間

米子道(路線番号E73)、岡山県湯原IC~鳥取県江府ICの33.3km区間

浜田道(路線番号E74)、広島県大朝IC~島根県旭ICの26.6km区間

一般(国土交通省直轄)国道

一般(国土交通省直轄)国道の規制区間は以下の通りです。

国道112号線(月山道路)、山形県西川町月山沢~山形県鶴岡市田麦俣の15.2km区間

国道138号線(山中湖・須走)、山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の8.2km区間

国道7号線(大須戸~上大鳥)、新潟県村上市大須戸~新潟県村上市上大鳥の15.3km区間

国道8号線(石川県境~坂井市)、福井県あわら市熊坂~福井県あわら市笹岡の3.2km区間

国道54号線(赤名峠)、広島県三次市布野町横谷~島根県飯南町上赤名の2.5km区間

国道56号線(鳥坂峠)、愛媛県西予市宇和町~愛媛県大洲市北只の7.0km区間

スタッドレスタイヤは装着しなくてもいい?

スタッドレスタイヤ

タイヤチェーンは車の駆動輪に装着するのが基本なので、FF(前輪駆動)であれば前輪に、FR(後輪駆動)であれば後輪に装着します。また、四輪駆動の場合は、前輪と後輪で車軸重量配分が大きい方に装着する必要があります。

また、雪道や凍結路に強いスタッドレスタイヤを装着している場合でも、チェーン規制中はタイヤチェーンを装着しなければならないことを覚えておくことが大切です。

タイヤチェーンを装着しておけば、雪道や凍結した道路でも運転がしやすくなります。安全で快適に走行できるようになるので、チェーン規制が発令されていないときでも、タイヤチェーンを付けたほうがいい場合もあります。

チェーン規制の有無に関わらず冬季は車に常備したい

チェーン規制が発令された場合、タイヤチェーンを装着していなければそもそも走行することができませんが、チェーン規制の有無に限らず安全に走行するためには、冬季はタイヤチェーンを準備しておくことが大切です。

現在チェーン規制の対象となっている区間は限られていますが、対象区間以外にも同じような条件で走行が危険な道路もある可能性があります。また、突然の大雪により走行が困難になることも予想されます。安全な走行をするために、冬季はタイヤチェーンを常備することが対策となります。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード