MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 駐車違反はカッコ悪い!駐車禁止の標識や場所、点数・罰金・反則金・弁明書を総復習!
道交法・交通事故

更新

駐車違反はカッコ悪い!駐車禁止の標識や場所、点数・罰金・反則金・弁明書を総復習!

駐車禁止・駐車違反とは

駐車違反

駐車禁止とはその名の通り、法律によって定められた駐車禁止区域に駐車してはいけないということで、駐禁と略されることが多いです。

もともと駐車禁止とされているのには交通渋滞や交通事故の原因となるという理由があってのことなので、そこに駐車するということは「駐車違反」という形で立派な法律違反です。

もちろんこの駐車禁止違反には反則金として罰金されてしまいます。高い場合で3万円ほどの罰金を徴収されるにもかかわらず、この駐車禁止違反は数ある交通違反の中でも最も取り締まり数が多い違反事項です。

2種類の駐車違反

2006年に道路交通法が改正されてからは従来の「非放置駐車違反」に加えて「放置駐車違反」という制度が導入されました。

従来の非放置駐車違反は駐車禁止指定のされた場所で5分を超える駐車の場合にのみ駐車違反として取り締まることができました。このため、駐車違反を取り締まるために車を確認してから5分間待つか、一定時間が経過したのちに再び確認する必要があり、取り締まる側にとってかなり効率の悪い制度だったのです。

しかし新しい放置駐車違反という制度は、車内が無人の状態で直ぐに車を動かすことができない状態であると確認できさえすれば、駐車時間に関係なく取り締まることができるようになったのです。

しかし、この2つの駐車違反は判断することが極めて難しく、法改正により新しく取り締まる権限を与えられた民間の駐車監視委員、通称「緑のおじさん」達の独断と偏見に任されているのが現状です。

駐車と停車の違い

駐車禁止の場所でも停車は可能です。
ただ、駐車と停車の違いについて曖昧な方も多いかもしれません。
駐車と停車の違いはしっかりと定義されていますので、確認しましょう。

駐車の定義

駐車は以下のように定義されています。

  • 運転者が車から離れていて、すぐに運転できない状態での停止
  • 運転者が車離れていなくても、客待ち・荷待ちで継続的に車を停車すること
  • 5分を超える荷物の積み下ろし
  • 故障など

停車の定義

停車は以下のように定義されています。

  • 人の乗り降り
  • 5分以内の荷物の積み下ろし
  • 車から離れない停止
  • 車から離れていてもすぐ運転できる状態の停止

駐車禁止の場所について

法律

駐車禁止と指定されている場所は、標識で示されている以外にも道路交通法で定められています。

駐車禁止区域

  • 駐車禁止の標識がある場所
  • 駐車場、車庫などの自動車用出入口から半径3m以内
  • 道路工事区域の側端から半径5m以内
  • 消防用機械器具置場や消防用防火槽の側端またはその出入口から半径5m以内
  • 消火栓や指定消防水利の標識等から半径5m以内
  • 火災報知器から半径1m以内
  • 車両右側の道路上に3.5m以上の余地がない場所

駐停車禁止区域

  • 駐停車禁止の標識や道路標示がある場所
  • 交差点、横断歩道、自転車横断帯上
  • 軌道敷内(路面電車等の線路上のことです)
  • 坂の頂上付近、勾配の急な坂
  • トンネルの中
  • 交差点の側端または道路の曲がり角から5m以内
  • 安全地帯の左側とその前後の側端からそれぞれ前後に10m以内
  • バス、路面電車の停留所の標示柱から10m以内
  • 踏切およびその前後の側端からそれぞれ前後に10m以内
  • 横断歩道または自転車横断帯の前後の側端からそれぞれ前後に5m以内
  • 高速自動車道、自動車専用道路(パーキングエリアを除く)

それぞれの道路標識、路面標示は次項で解説します。

駐車禁止区域の目印・標識

駐車禁止
駐車禁止区域(道路標識)
Monaneko パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/
駐車禁止区域(路面標示)

駐車禁止区域内では、長時間の駐車はもちろん禁止されていますが、人の乗降や5分以内の荷物の積み下ろし作業、駐車場の出入りのための一時停車、緊急時の車の修理、けが人の救護などのために一時的に駐車することは可能です。

ただし、これらの場合でも運転者が完全に車から離れてしまうなど、すぐに車の移動ができない状態になる場合は駐車違反となりますので注意が必要です。

駐停車禁止区域の目印・標識

駐停車禁止区域(道路標識)
駐停車禁止区域(路面標示)
停止禁止部分(路面標示)
立ち入り禁止部分(路面標示)
安全地帯(路面標示)

駐車禁止区域と駐停車禁止区域に分けてご紹介しましたが、もちろん違いがあります。

駐停車禁止区域ではこれらの一時停車も違反となります。駐停車禁止区域に指定されている場所を見ていただくと、そこに一時的にでも車を停止したら危険である場所ばかりです。

信号や標識、警察官の指示等の道路交通法で定められた停止指示以外での停車をしないように気を付けてください。

駐車禁止標識の範囲についてはこちら

【道路交通法】駐車禁止標識の範囲はどこまで?画像で詳しく解説

すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!