MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

購入ノウハウ

更新

「日本車でもこれだけは絶対に買うな」アメリカで避けられる信頼性の低いモデルとは?

ホンダ オデッセイ(日本名:ホンダ ラグレイト)

ホンダ ラグレイト(海外名:オデッセイ)

日本ではかつて高い人気を誇っていたミニバン『オデッセイ』。初代モデルはサイズが小さいことを理由に北米ではヒットしなかったため、2代目モデルはボディや排気量を拡大し、日本で『ラグレイト』として販売されるモデルを『オデッセイ』として発売しました。

カナダで生産されたこの2代目北米版オデッセイは、日本では大柄なボディが敬遠されてしまったものの、北米では初代から打って変わってヒットを記録します。

しかし、この2代目北米版オデッセイはトランスミッションに不具合が発生し、ほかにもエアバッグ、スライドドア、ブレーキシステムなど様々な問題を抱えていたとされています。特に2002年から2004年の2代目北米版オデッセイは最悪だとされ、多くの問題に悩まされてしまうようです。

最新「ラグレイト」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 77万円
支払総額 40~110万円

キャンプブームで再評価?ホンダの最高傑作はこれかも

インフィニティ Q50(日本名:日産 スカイライン)

日産 スカイライン(海外名:インフィニティ Q50)

日産の高級車部門であるインフィニティから販売されたスポーツセダンのインフィニティ Q50は、日本では日産ブランドからV37型スカイラインとして発表されたモデルです。製造は日本の栃木工場で行われ、日本とアメリカだけでなく、ヨーロッパや中国でも展開されたグローバルモデルでもあります。

販売する地域にあわせた様々なパワートレインを展開し、モダンなデザイン、広々としたインテリア、最新技術による機能などでインフィニティブランドで最も人気のあるモデルとなりましたが、2014年モデルだけは避けたほうが良いとされているようです。

2014年はインフィニティ Q50でフロントエアバッグの展開不良、電動パワーステアリングアシストの故障、予期せぬ加速や減速、トランスミッションの亀裂などによるリコールが発生。日本でもスカイラインのほかフーガ、シーマでリコールとなっていました。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1432台
平均価格 377万円
支払総額 18~7,520万円

信頼性が低い日本車でも他国の車よりはマシ?

GR86のエンジンやボディに不具合?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード