MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 【軽トラ カスタム】軽トラック人気カスタムパーツ・内装まとめ
はしごを乗せた軽トラック
カーライフ

更新

【軽トラ カスタム】軽トラック人気カスタムパーツ・内装まとめ

軽トラックのおすすめ外装・内装カスタムパーツを画像も含めて紹介します。働く車である軽トラをリフトアップや、フルエアロを装着したり、自分だけのカッコいい軽トラにカスタムすることが日本のみならず海外でも流行っています。自動車用品店やネット通販で軽トラ用カスタムパーツが販売されるようになりました。

日本で発売されている軽トラック一覧

はしごを乗せた軽トラック
©xiaosan/stock.adobe.com

日本国内の自動車メーカーのほとんどが軽トラックを取り扱っていますが、ベースはハイゼット トラックとキャリイの2種類となります(ホンダ アクティは2021年6月に生産終了)。ダイハツスズキOEM供給による姉妹車がほとんどであるためです。

軽トラックカスタムのコツは?

軽トラックのカスタムも同様で、内装では二人の乗りの限られた空間の中でいかに装備を充実させるか、また外装では、小型の貨物車でありながらも大型トラックに負けない迫力とカッコよさを出せるかで決まってきます。

軽トラックのカスタム車画像&動画

軽トラックカスタム:ドレスアップ

軽トラックカスタム:リフトアップ

軽トラックカスタム:キャタピラ

軽トラックカスタム:動画

軽トラのリフトアップカスタムについてはこちら

軽トラック内装のおすすめカスタムパーツは?

軽トラックおすすめカスタムパーツ:タコメーター

殺風景な軽トラックの内装を気軽にカッコよくするアイテムにタコメーターがあります。ダッシュボードなどにポンッと置けるコンパクトなモデルでも、本格的な印象に。車両のOBDⅡコネクタに接続するだけの、取り付けが簡単な商品もあり、軽トラックの気軽なカスタマイズの代表例ともいえます。

軽トラックおすすめカスタムパーツ:液晶バイザーモニター

装備の少ない軽トラックの車内が一気にゴージャスになるのが液晶サンバイザーモニターです。DVDなどの映像を流せる便利なタイプもあります。本体カラーを選べるタイプは内装にこだわりたい人におすすめです。

軽トラックおすすめカスタムパーツ:カーオーディオ

ラジオだけのオーディオに後付けするなら、Bluetooth対応のカーオーディオがおすすめ。ワイヤレス再生で音楽を楽しめます。紹介したモデルはカーナビとしての使用も可。デフォルトの装備は簡素でもカーオーディオ1つで雰囲気も実用性も大きく変わります。

軽トラックエンジンのおすすめカスタムパーツは?

軽トラックおすすめカスタムパーツ:マフラー

本格的にマフラーそのものをカスタムすることで好みのエンジン音を演出できます。手軽に済ませたいときはマフラーカッターの取付けもおすすめです。マフラー口にマフラーカッターをかぶせてネジで固定するだけ。大がかりな作業をしなくても本格的なカスタマイズをしたように見えます。

マフラーについての記事はこちら

軽トラックおすすめカスタムパーツ:パワーエアクリーナー

パワーエアクリーナーはエンジンへの吸入空気をきれいにするためのもの。使用しているうちにホコリや砂がたまってしまい、目詰まりを起こしてしまいます。汚いまま使っていると、エンジンのパワー低下、エンジン不調、燃費の悪化などが起こるため定期的な交換が必要です。過酷な走行もある軽トラック。エアークリーナーもカスタマイズしましょう。

軽トラック足回りのおすすめカスタムパーツは?

軽トラックおすすめカスタムパーツ:ブレーキローター

ブレーキローターはブレーキを踏むたびに摩耗するので定期的に交換が必要です。ブレーキとしての機能はもちろん大切ですが、チラリと見えるデザインも重要。純正は平らですが、カスタマイズするならスリット入りのスタイリッシュなデザインもおすすめです。スリットが消えたら交換時期、という目安にもなります。

軽トラックおすすめカスタムパーツ:ブレーキパット

ブレーキパットはブレーキを踏むときに使われる部品でブレーキローターと同様に消耗品です。ブレーキパットは外からほとんど見えないのでデザイン性よりも機能で選ぶものといえます。例えば曙 K4は軽自動車専用のブレーキパットには「効き、快適性、こだわり、軽自動車専用」という特長があります。

軽トラックおすすめカスタムパーツ:車高調

人と違う軽トラックにカスタマイズといえば車高調。車の印象をガラリと変えることができます。近年の軽トラックの車高調カスタマイズは「ちょいあげ(リフトアップ)」が人気。文字通り車高を3cm程度上げる小さな変化ですが、スプリングの交換だけでいいため手軽です。

車高調についての記事はこちら

軽トラック外装のおすすめのカスタムパーツは?

軽トラックおすすめカスタムパーツ:12インチホイール

軽トラックのホイールは12インチホイールが標準です。あまり大がかりなカスタマイズはしたくないけどガラッと雰囲気を変えたいというときはホイールを変えるのもおすすめです。ホイールと一緒に機能的なタイヤに変えることで実用性も高くなり、軽トラックとしての魅力もアップするといえます。

軽トラックおすすめカスタムパーツ:14インチホイール

おしゃれは足元からというように、車のホイールは見た目の善し悪しを左右するアイテムです。軽トラックの標準タイヤサイズは、全メーカー全車種フロントが145R12-6PR、リアが145R12-6PRで統一されています。

ホイールを12インチのままデザインを交換してもいいですし、ホイールの径を大きくするのもドレスアップにつながります。自らの軽トラの車種、取り付けるエアロパーツや車高調によって最適のホイールを選んでください。

ホイールについての記事はこちら

軽トラックおすすめカスタムパーツ:フルエアロパーツ

ドレスアップの定番と言えば、エアロパーツの装着です。人気のある乗用車に比べれば軽トラのエアロパーツを作っているメーカーの品数も少ないですが、インターネットで探せば思った以上に種類はありました。

エアロパーツについての記事はこちら

軽トラックおすすめのカスタムパーツ:オーバーフェンダー

ホイール幅を広げた際は横にタイヤがはみ出た分オーバーフェンダーでカバーしましょう。エアロパーツ同様にドレスアップ効果があります。

フェンダーについての記事はこちら

軽トラックおすすめカスタムパーツ:ルーフスポイラー

ドレスアップの一環として、軽トラにルーフスポイラーも取り付けることができます。これで貨物車であった軽トラがスポーティーに早変わりし、見た目のカッコよさを引き立ててくれます。

カスタムで軽トラックは最高のベース車両

軽自動車のカスタムは街中でたまに見ることはあっても、軽トラックのカスタム車はまだ見かけることは少ないです。しかし、世界中においてこれほどコンパクトで小排気量かつハイパワーなトラックが存在するのは日本だけではないでしょうか。維持費も安く、中古車では比較的安価であるため、一台プラモデル感覚でイジれる楽しさがあります。これからも軽トラックカスタムはどんどん人気が高まること間違いありません。

軽トラックカスタムについての記事はこちら

軽自動車のおすすめランキング記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部カー用品チーム
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード