MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車高調とは?取り付けと調整方法からおすすめメーカーまで徹底解説
カーライフ

更新

車高調とは?取り付けと調整方法からおすすめメーカーまで徹底解説

車高調とは?

サスペンション

車高調とは「車高調整式サスペンション」の略称です。車高調は、車高やサスペンション全体の固さ(減衰力)を好きなように調節することができる、便利なサスペンションです。

車高を下げる目的には、単純に見た目をカッコ良くするためや、走行性能を上げるためなど様々な理由があります。一概に車高調と言っても、カスタムの手段としての車高調がメジャーになった現在、非常に多くの種類が各メーカーから販売されています。

車高調の種類とその特徴を知って、自分にあった車高調を選びましょう。

本記事では、車高調の種類とその特徴、さらにおすすめメーカーまで、誰にでもわかりやすく紹介していきます!

車高調の種類と調整方法を解説!

車高調は主に以下の3種類に分類されます。

  • ネジ式車高調
  • Cリング式車高調
  • 全長調整式車高調

厳密に言えば、全長式車高調はネジ式の一種に含まれますが一般的な呼び方にならい、この分け方にしました。この3つは、車高の調整方法の違いによって分けられます。

それぞれの特徴と、調整方法をご紹介します。

ネジ式車高調の特徴と調整方法

Cリング車高調ねじ式変換KITver2 オーリンズTEINビルシュタイン

http://t.co/bJu3YXbXxb pic.twitter.com/M44dTBJVEt

OHLINS@オーリンズヤフオク情報相互 (@OHLINS_ohlins) 2014年10月28日

またの名をロワシート式車高調とも言います。以下がネジ式車高調の特徴です。

  1. 車高の調整を自由にできる
  2. 車高を調整することで有効ストローク量(ショックアブソーバーが上下できる幅)が変化する

ネジ式車高調を調整する場合は、ロワシートと呼ばれるスプリングの下にあるパーツを上下動させて車高を調整します。

しかしながら、車高を下げるほどショックアブソーバーは縮んでしまい、有効ストローク量は減ってしまうのが弱点です。

さらに、スプリングにはあらかじめかけられている荷重(プリロード)が効いているのですが、ロワシートを下げすぎるとプリロードがかからず、「遊び」と呼ばれるものが発生してしまいます。こうなると、スプリングは正常に働かなくなってしまいます。

全長調整式車高調の特徴と調整方法

またの名をフルタップ式車高調と言います。以下が全長調整式の特徴です。

  1. 車高の調整を自由にできる
  2. 車高を調整しても有効ストローク量(ショックアブソーバーが上下できる幅)が変化しない

ブラケット(上図参照)と呼ばれる車体本体への取り付け部分を上下することで調整します。車高を調整しても、ストローク量への影響がないため、細かなセッティングを行うことができます。

ブラケットと呼ばれる車体本体への取り付け部分を上下することで調整します。全長調整式サスペンションを調整する際には、ネジ式同様、ジャッキアップしてタイヤを外す必要があります。

Cリング式車高調の特徴と調整方法

以下が、Cリング式車高調の特徴です。

  • 決まった設定でしか車高を調節できない
  • 値段が安い

Cリング式車高調には、ショックの本体に数本の溝があり、そこにCリングと呼ばれるリングをはめ込むことでロワシート(スプリングの下にあるパーツ)を固定して車高を調節します。

溝の位置にしかロワシートを固定できないため、数段階でしか車高を調節できません。これがネジ式・全長調整式車高調との決定的な違いです。さらに、調整のためにはサスペンション全体を一時取り外す必要があり、手間がかかってしまうのも特徴のひとつです。

これらの要因から、現在ではネジ式・全長調整式よりはマイナーな車高調です。

車高を低くするなどカスタムして長く愛用していた中居正広さんの愛車とは!?

それぞれの車高調のメリット・デメリット

3種類の車高調を紹介したところで、それぞれの車高調についてメリット・デメリットを挙げていきます。

ネジ式車高調のメリット・デメリット

メリット

  1. 車高を自由に調整することができる
  2. 全長調整式に比べ、安価である
  3. 構成パーツが少ないため、故障の可能性が少ない

デメリット

  1. 車高を下げるほど、有効ストローク量が減ってしまう(上記参照)
  2. 車高を変化することで、プリロード(常にスプリングにかかっている負荷)が変化する
  3. 1と2のデメリットにより、細かなセッティングには向かない

全長調整式車高調のメリット・デメリット

メリット

  1. 車高を自由に調整することができる
  2. 車高を変更しても有効ストローク量に変化がないため、正確な調整ができる
  3. 調整可能な範囲が3種類の中で最も広い

デメリット

  1. 価格が他の車高調に比べ高価である
  2. 車高調整の際にはタイヤを外し、さらにブラケット(サスペンションを車体に取り付ける部分)も外さなければならない
  3. 他の車高調より、頻繁にメンテナンスが必要

Cリング式車高調のメリット・デメリット

メリット

  • 3種類の中で最も安価

デメリット

  1. 無段階調整ができず、決まった設定でしか調整できない
  2. 車高の調整時、タイヤとサスペンション全体を取り外す必要がある
  3. 現在は製造していないメーカーが多い

現在はネジ式と全長調整式が主流

現在メーカーから販売されている車高調は、主にネジ式または全長調整式となっています。

安い価格で手軽に車高を下げたい場合はネジ式を選択し、走行性能を重視してより車高を下げたい場合は、全長調整式を選択することをおすすめします。

ダンパー減衰調整とは?

ショックアブソーバ ダンパー減衰
TEy GFDL(GNU FDL) 1.2
出典:https://ja.wikipedia.org/

車高調には、減衰力調整機能という機能がついたタイプが存在します。ネジ式、全長調整式両方にこの機能が付いたタイプがあります。

減衰力とは、ショックアブソーバーの伸び縮みの効きの強さの事を指します。減衰力を調整することで、乗り心地が大きく変化します。

アジャスト(調整機構付き)モデル

減衰力調整機能がついた車高調です。乗り心地重視で柔らかい乗り心地にしたり、サーキット用に硬い足回りにしたりできます。必要に応じてセッティングを変更できる、非常に便利な機能です。

調整できる幅は、メーカーや製品によって大きく異なります。

プリセット(固定)モデル

減衰力調整機能がついていないモデルです。このモデルでは、車高を変更した際に変ってしまった乗り心地を調整することができません。

大幅な車高調整には向かないモデルですが、調整機能付きモデルよりも安価であることが魅力です。

減衰力の調整方法

ショックアブソーバー上部にあるダイアル部分を回して調節します。クリック音の度に、1段階調整されたことになります。

何段階動かしたか分からなくなった場合は、減衰力を硬くする方向に限界まで回してやりなおしましょう。(ソフト側は、限界以降も空回りするものが多いようです。)

単筒式と複筒式とは?仕組みと違い

ショックアブソーバー(ダンパーとも呼ばれる、スプリングの内側にある筒のようなもの)には、単筒式と複筒式の2種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、車高調を選ぶ際にはこちらも考えなければなりません。

それぞれの仕組みと特徴をご紹介します。

違いは筒の数

ショックアブソーバーの中には、減衰力を発生させるためのピストンとオイルが入っており、シリンダー内に出入りするピストンバルブ分の体積変化を吸収するためガス室が設けられています。(上図参照)

上の図のように、単筒式と複筒式では、ショックアブソーバーを構成する筒の数が違います。単筒式が1つ、複筒式が2つの筒で構成されます。

単筒式の場合、シェルケースの内側がそのままシリンダーになっており、フリーピストンを境にオイルとガスが直列に配置されています。

いっぽう複筒式の場合、シェルケースの内側にもう1つ筒が入った構成になっており、内側の筒の中をピストンバルブが上下します。

この2種類のショックアブソーバーは特徴が大きく異なります。

単筒式ショックアブソーバーのメリット・デメリット

メリット

  1. オイル容量を大きくでき、冷却性が高い。そのため安定した減衰力を発生できる。またオイルが劣化しにくい
  2. ピストンバルブサイズを大きくすることで、細かい減衰力調整ができる
  3. オイルとガスが遮断されているためエアレーション(液体に気体が溶けてしまう現象)が発生しづらい

デメリット

  1. 高い技術を要するためコストがかかる
  2. 高圧ガスを封入する影響で、フリクション(振動)がでやすい
  3. ガスとオイルが直列に配置されるため、ストローク量が確保しづらい
  4. 外側のシェルが石などでへこむと、シリンダーが直接影響がでてしまう

複筒式ショックアブソーバーのメリット・デメリット

メリット

  1. オイルとガスが分離して配置されているため、ストローク量を確保しやすい
  2. 封入ガス圧を低く設定できるためフリクション(振動)が少なく、乗り心地に優れる
  3. 多少シェルがへこんでも、問題が発生しづらい
  4. 単筒式よりも製造コストが安い

デメリット

  1. 単筒式よりもオイル容量を確保しづらい
  2. ピストンバルブサイズを大きくすることができない
  3. 放熱性に優れない
  4. オイル室とガス室が完全に分離されていないため、エアレーションが起こりやすい。またその構造上、極端に傾けて配置することはできないため、大きなキャンバー角度をつける車には適さない。

デメリットの1と2は、路面からの振動に以下に反応できるかということに関わります。

性能をつきつめれば単筒式、コストパフォーマンスでは複筒式

以上の特徴をふまえると、本格的にサーキットを走る方には単筒式が向いているようです。

しかしながら、ドレスアップ目的で車高調の購入を考えた場合、コストパフォーマンスに優れる複筒式が良いかもしれません。

放熱性が低い、エアレーションが起こりやすいといっても、普段の街乗りに支障はありませんので心配はいりません。

車高調とは?ここまでのまとめ

サスペンション

ここまでで紹介した車高調の仕組みと種類をまとめます。

  1. 車高調には、ネジ式・全長調整式・Cリング式の3種類
  2. 車高調によって、減衰力を調整できるものとできないものがある
  3. ショックアブソーバー(スプリングの内側にある筒)には単筒式と複筒式の2種類がある

以上が主な車高調の仕組み、種類です。

どんな車高調を選べばいいのかわからない、という方も上記の仕組みを理解すれば大体の見当がつき、あとはメーカーを選ぶのみです。

車高調整式サスペンションおすすめメーカー3選!

ここまで、車高調の仕組みと種類、またそれぞれのメリット・デメリットを解説しました。それらを踏まえて、おすすめの車高調整式サスペンションメーカーと特徴をご紹介します。

走行性能や乗り心地、車高の低さからコストパフォーマンスなど、車高調を装着する目的に合っているメーカーを選びましょう。

国内有数チューニングメーカー HKS

単筒式車高調のみ製造する本格派メーカー

車好きなら一度は耳にしたことのある日本有数のチューニングメーカー、HKS。車高調のみならず様々なパーツを製造・販売するHKSの車高調は、本格的なレーシング仕様のものも多く、性能面で高い評価を受けています。

HKSが製造する車高調は全て単筒式ということからも、走行性能へのこだわりが伝わります。

一般車向けの低価格帯の車高調もラインアップされています。

HKS公式サイト

幅広く車高調を取り扱うTEIN

単筒式と複筒式を製造

TEINは、自動車の足回りパーツを専門に製造・販売するアフターパーツメーカーです。

サスペンションに関するノウハウを多く持っているため、単筒式、複筒式と2種類のショックアブソーバーを製造する数少ないブランドです。

国内メーカーということもあり、コストパフォーマンスに優れます。街乗り向けからサーキット用まで、幅広く製品をラインアップし、適合車種も非常に多いです。

TEIN公式サイト

車高を落としたいならRS-R

街乗り重視の車高調を多く取り扱う

RS-Rは足回り製品をはじめ、スポーツマフラーやタワーバーなどのオリジナル製品を販売するメーカーです。

RS-Rは車高調だけでなく、スプリングのみを交換することによって車高を下げる「ダウンサス」と呼ばれるスプリング多く販売しています。

手軽に車高を下げたい場合におすすめのメーカーです。以下の特徴をもった車高調が販売されています。

RS-R公式サイト

意外と種類の多い車高調

スポーツカー 車高短

ひとくくりに車高調といっても、その中には多くの種類があり、それぞれに特徴があることがわかりました。

車高調の購入を検討する際には、お財布の懐事情と相談して目的にあった車高調を選ぶ必要があります。また、車高を下げる際は法律を順守して行いましょう!

カスタム・改造に関するおすすめ記事!

人気記事はこちら!

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部