MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > 「タイヤに窒素」は意味がない?整備士が教えるメリットとデメリット
デフォルトのアイキャッチ画像
車検・メンテナンス

更新

「タイヤに窒素」は意味がない?整備士が教えるメリットとデメリット

車のタイヤに窒素ガスを入れると、さまざまな効果が期待できます。

例えば、酸素より窒素の方が粒子が大きくタイヤから抜けにくくなります。また、温度による膨張が窒素の方が少なくなります。

しかし、適切に窒素ガスを管理しないと、それらの効果は期待できません。また、窒素ガスを入れているから、とメンテナンスもせず放置しておくと、窒素の圧力が低くなってしまいます。

タイヤに窒素ガスを入れるメリットやデメリット、整備士としてみてきたなかで、私個人としての見解をお伝えしていきます。

タイヤに窒素ガスを入れる3つのメリット

©tamayura39/stock.adobe.com

空気圧が減りにくくなる

窒素の分子は酸素よりも大きいため、酸素より空気圧が減りにくいという特徴があります。

また、窒素は不活性ガスなので、タイヤに含まれる水素成分と結びつくことはありません。しかし酸素は活性ガスなので、水素成分と結びついて酸素を減らし、水を作ります。

これらの要因により、空気よりも窒素ガスの方がタイヤの空気圧が下がりづらいのです。

空気圧が減りづらければ燃費の悪化も抑制できますし、「気づいたときにはかなり空気圧が下がっていた」ということもなくなります。

温度による変化が少ない

どんな気温でも、快適な乗り心地や燃費のよさを維持し続けられる点も、窒素ガスのメリットです。

窒素ガスには温度による体積変化が少ないという特徴があります。そのため、地上との気温の変化が激しい飛行機のタイヤは空気(酸素)ではなく、窒素ガスを使います。

車のタイヤでも、夏と冬では同じ空気量を入れても、空気圧が違ってきます。また、長時間高速道路を走り続けると、空気が膨張し圧力が上がってしまいます。 そうすると、乗り心地や燃費に影響がでてきます。

しかし窒素は気温の差が発生しても圧力の変化があまりなく、いつも同じコンディションで車に乗ることができます。

タイヤの劣化も防ぐ

窒素ガスはタイヤの劣化も防ぎます。酸素は、水素と結びつき水を発生させます。この水がタイヤや鉄のホイールを劣化させるのです。

タイヤ内には、金属のワイヤーが入っています。水がタイヤのなかに浸透することで、ワイヤーが劣化していきます。加えて、鉄のホイールの場合、発生した水によってホイール自体の劣化も加速します。

しかし不活性ガスである窒素であれば、水素と反応することはなく水は発生しません。

タイヤに窒素ガスを入れるデメリット

©yumeyume/stock.adobe.com

お金がかかる

窒素ガスの補充は有料としている店舗が多いです。空気であれば無料で調整してくれる空気圧ですが、窒素ガスを無料で入れてくれる店舗はあまりありません。

窒素ガスの補充料金は、1本500円程度となっています。なかには、タイヤ内を一度真空状態にして、窒素を補充してくれる店もあります。その場合、1本1000円~2000円ほどの料金になる場合も。

しかし、一度有料で窒素を入れると、2回目以降は無料で行ってくれる店もあるので、もし補充する場合は下調べをしてみましょう。

どこでも補充できるわけではない

整備工場でも、窒素を取り扱っている店はそんなに多くありません。どちらかというと、タイヤ専門店やカーショップに多いです。

そのため、タイヤに窒素ガスを入れてもらうためだけに、窒素ガスを取り扱っている店に行かなければなりません。

「タイヤに窒素」整備士から見てあまり意味がないと思う理由

©R_Yosha/stock.adobe.com

窒素ガスのメリットは理解していますが、私自身、整備士として働いているなかで、窒素ガスはあまり意味がないと感じることがあります。

そこで、窒素ガスを入れても意味がないと思う理由をお伝えします。

「窒素ガスを入れているから」とメンテナンスをしなくなる方が危険だから

窒素ガスを入れている方のなかには、「窒素ガスを入れているからメンテナンスをしなくてもいい」と勘違いしている方がいます。

窒素ガスは確かに空気圧が減りにくいのですが、窒素ガスでも少しずつ空気圧は減ります。

いくらメリットの大きい窒素ガスを入れていても、空気圧が低すぎる状態は危険です。窒素ガスだから、とメンテナンスを怠るくらいなら、空気を入れてマメにメンテナンスする方が安全に走行できます。

窒素タイヤに空気を混ぜると意味がないから

せっかく窒素ガスを入れていても、空気を補充すると意味がありません。多少、窒素ガスの割合は高くなるでしょうが、空気内にも一定の窒素が含まれているため、効果があまり期待できないのです。

その背景には、窒素ガスを補充するデメリットでもある、店を選んで補充が必要という点で、めんどくさいと感じている人が多いのかもしれません。

せっかくお金をはらい窒素ガスに変えているのに、もったいないなと感じます。

窒素タイヤはエアバルブのキャップで見分けよう

窒素ガスを入れているかどうかを見分けるためには、エアバルブのキャップを確認しましょう。窒素ガスを入れているなら、プラスチックのキャップではなく、アルミ製で「N2」と書かれているはずです。

しかし、ドレスアップ目的などでエアバルブを変えている車では、この方法は使えません。その場合は、運転席のドア付近に、窒素ガスのシールなどが貼られていることがありますので確認してみましょう。

無料で補充をしてもらえないことがあるから

ガソリンスタンドをはじめ、空気圧の補充をサービスで行う店は多いです。しかし、窒素ガスを入れていることによって、そのサービスが受けられなくなります。

タイヤの劣化は紫外線の影響が大きいから

窒素ガスのメリットに、タイヤやホイールの劣化を防ぐことがあります。しかし、タイヤの劣化には酸素が発生させる水よりも、紫外線の影響の方が大きいです。

タイヤはゴムなので、紫外線によって劣化します。そのため、タイヤ内のワイヤーよりもゴムが先に劣化して交換することがほとんどです。

また、最近のタイヤは鉄よりもアルミを採用しているものが多く、水によるサビをそこまで気にする必要はありません。

窒素ガスでも空気でもどちらを入れても間違いではない

©blacksalmon/stock.adobe.com

以上のことから、窒素ガスを入れる意味はあまりないと感じています。

窒素ガスにメリットがあることは事実であるため、私個人としては窒素ガス、空気どちらを入れてもよいと考えています。

大切なのは、特性が違うことを理解し、タイヤのメンテナンスをきちんと行うことです。空気を入れても窒素を入れても、適正な空気圧を維持できなければ意味がありません。

お金をかけてでも、メリットの大きい窒素ガスを入れるのか、無料の空気で済ますのか。いずれにせよタイヤの空気圧や劣化状態の確認は、定期的に行いましょう。

タイヤの空気圧について詳しく解説!

タイヤの「スリップサイン」とは?

タイヤ交換チャート早見表!タイヤの交換時期や費用はこちら

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事