MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > タイヤの空気圧のチェック方法!高速道路も空気圧を高くしなくてもいい?
車検・メンテナンス

更新

タイヤの空気圧のチェック方法!高速道路も空気圧を高くしなくてもいい?

タイヤの空気圧とは?

©sum41/stock.adobe.com

タイヤの空気圧とは、タイヤにどれだけ空気が入っているのかを示す数値です。

風船で考えると分かりやすいですが、空気がたくさん入っている場合、風船の側面を押してもへこみづらいですよね。逆に空気が少ない場合、ふにゃふにゃな状態なので押せばすぐにへこみます。

タイヤも同じで、空気量が多くなれば圧力が上がるので、押してもへこみづらくなります。

単位は「kPa(キロパスカル)」が一般的

単位は「kPa(キロパスカル)」。空気の量を重さで示すのは難しいため、空気の圧力を見てどれだけ入っているのかを表示しています。

タイヤを適正な空気圧に保っていないと、燃費の悪化やタイヤの寿命を縮めてしまうなどさまざまな弊害が発生します。

タイヤに異常がなくても空気圧は自然に減っていきます。そのため、定期的な空気圧チェックと補充が大切だと覚えておきましょう。

タイヤの空気圧の適正値を確認する方法

スバル レガシィの空気圧シール
スバル レガシィの空気圧シール

空気圧の適正値は空気圧チェック表で確認できます。空気圧チェック表は、運転席のピラー(運転席と助手席を仕切る柱)に貼られています。

タイヤの空気圧を測定するための計器は「エアゲージ」といい、空気を入れるエアバルブから測定します。

空気圧の単位は「kPa(キロパスカル)」です。昔はkgf/㎠(キログラムフォース)が使われていましたが、あらゆる単位を世界で統一しようという流れと共に、日本でも空気圧の単位はkPaが主流になっています。

ちなみに1kgf/㎠≒約98kPaなので、「2.4kgf/㎠≒240kPa」だと覚えておけばいいでしょう。

空気圧の適正値は車種によって異なる

タイヤの空気圧は車種によって適正値が違います。また、同じ車種でもタイヤサイズにより違うこともあるので注意しましょう。そのため、自分で補充する際は必ず空気圧チェック表を確認する必要があります。

余談ですが、オフロードタイヤなどのような頑丈なタイヤの場合、空気圧を高めに設定していることもあります。つまり、車側の適正値が240kPaでも、タイヤ側の適正値は300kPaとなっていることもあるのです。

その場合は、タイヤ側の適正値に合わせても問題ありません。

しかし、貨物車などは高めだったり、タイヤサイズが大きいと低く設定されていたりと、タイヤや車によって違うので、一度は適正値を確認しておきましょう。

タイヤの空気圧のチェック方法

タイヤの空気圧をチェックする方法は2つあります。

エアゲージを使って自分でチェックする

確認方法は、エアバルブのキャップを外しエアゲージのノズルを挿し込むだけ。そうするとエアゲージの針が動きます。止まった位置で空気圧を確認しましょう。

注意点としては、ある程度力を入れてノズルを押さえつけること。押し付ける力が軽すぎると、空気が抜け続けてしまいます。

コンプレッサーやタンク付きの空気入れがない限り、車のタイヤの空気は自分で補充するのは難しいので、抑える際は力加減に注意しましょう。

空気圧をチェックしてくれるお店に依頼する

専用の工具を持っていないという方は、以下のようなお店で確認してもらう方法もあります。

  • ガソリンスタンド
  • カーショップ
  • 民間整備工場
  • ディーラー
  • タイヤ販売店

車を取り扱っているお店であれば、ほとんどの店舗で確認してくれます。なかでも頼みやすい店はガソリンスタンドでしょう。

ガソリンスタンドでは、お客さん自身が自分で補充やチェックできるよう、タンク付きの空気入れなどを貸し出していることも多くあります。

また、ディーラーやカーショップなどでは、オイル交換などの作業をお願いしているときについでに確認してもらうこともできます。

タイヤの空気圧を適正値にしていないとどうなる?

©琢也 栂 /stock.adobe.com

タイヤの空気圧には適正値があります。なぜ適正値があるのかというと、空気圧が高すぎても低すぎてもトラブルの原因になるからです。

燃費が落ちる

タイヤの空気圧を適正値にしていないと、燃費が落ちます。その理由は、転がり抵抗が増えるからです。

転がり抵抗とは、タイヤが転がるときの地面との摩擦力を指します。そして摩擦はタイヤと地面の接地面積に比例し、大きくなったり小さくなったりするのです。

つまり、空気圧が低くタイヤのたわみ量が増えることで地面との接地面積が増え、同時に摩擦も増えるため、燃費が悪化してしまうのです。

さらに空気圧が極端に低い場合、ハンドルが重いなど人が感じ取れるほどの異常症状も出てきます。そのため、1ヶ月に1度くらいは空気圧を確認し、不足しているなら補充することが大切です。

タイヤの寿命が縮む

空気圧が高すぎても低すぎても、異常摩耗の原因になります。結果、タイヤの寿命を大幅に縮めてしまうのです。

なぜ異常摩耗の原因になるかというと、先ほどお伝えしたように地面との接地面積が変わるからです。

空気圧が高すぎた場合、タイヤの中心のみしか地面にあたらず、サイドの溝は十分あるのに真ん中だけ溝が極端に減ってしまいます。

逆に空気圧が低すぎた場合、タイヤがたわんでしまうので、サイド部分に必要以上に負荷がかかりサイド面から溝が減ります。つまり空気圧を適切に保たないと、部分的な摩耗が激しいのです。結果、タイヤの溝がなくなり使える期間が短くなってしまいます。

その他にもひび割れの原因になったり、衝撃に弱くなるなど空気圧を守らないことで発生するトラブルは多くあります。タイヤを長く使うためにも、空気圧は適度に確認しておきましょう。

バーストする危険がある

タイヤの空気圧が低すぎると、バーストの原因になってしまいます。バーストとは、タイヤが破裂してしまう状態です。

タイヤの空気圧が低いことで、スタンディングウェーブ現象が起こります。この現象は、タイヤ内の圧力が偏ることで起こるトラブルです。空気の圧力が高い部分と低い部分がタイヤ内で発生し、表面が波状になります。そして最終的に破裂してしまうのです。

仮に走行中、タイヤが破裂するとどうなるのでしょうか。突然、ハンドルを取られ1トンを超える車が操縦できなくなってしまいます。もし周りに人や車がいた場合、大きな事故になることも予測できます。

この現象の一番恐ろしい点は、スタンディングウェーブ現象が走行中に起こっていたとしても、運転者は気づかないこと。

バーストは高速道路でよく起こるトラブルの一つであり、事故を引き起こす可能性も高いトラブルです。安全のためにも日々のメンテナンスをしっかりと行っていきましょう。

「高速道路では空気圧を高くする」はウソ?

©jaimax/stock.adobe.com

特に高速道路などを走行する時は、空気圧を高めた方がいいという何十年前から伝わる言い伝えのような話があります。

タイヤは高速で回転をしていると遠心力が掛かってきて、押しつぶされてきます。さらに熱を持つと破裂しやすくなるのです。

タイヤの耐久性が現在よりも低かった時代には、空気圧が低めだと特にこういった現象が起きやすく、高速道路を走行する前には空気圧を高めにと言われていました。

しかし、これは過去の話として考えていただいて問題ないと思います。現在ではタイヤの耐久性もあがっており、走る道路に区別してわざわざ変える必要はありません。適正な空気圧であれば、一般道路でも高速道路でも大丈夫です。

また、燃費に関しても、メーカーが公表している数値を目指すのであれば、基準値の空気圧で走行することがベストだといえます。

どうしても高めの空気圧に設定したいという場合は、約1割程度のアップにとどめておきましょう。

タイヤの空気圧に関する豆知識

©takasu/stock.adobe.com

基本的にタイヤの空気圧チェック料金は無料

タイヤの空気圧チェックは無料で行ってくれます。ただし、空気の代わりに窒素を入れている場合、補充には料金が発生するので注意しましょう。

また、窒素は取り扱っていない店も多いので、補充したければ取り扱いがあるのか確認する必要があります。

ただし、いくら無料だからといって、入庫もしないのに空気圧チェックばかりお願いすると断られる可能性もあるので、常識の範囲内でお願いするようにしましょう。

空気圧を高めにしたないなら約1割程度にとどめておく

タイヤの空気圧には適正値があることは何度もお伝えしましたが、多少であれば高めにしていても問題ありません。しかし、「高めっていったいどれくらい?」と悩んでしまう方もいるでしょう。

空気圧を高めにしておきたいなら、適正値の約1割増しにとどめておきましょう。

例えば適正値が240kPaの車の場合、240の1割が24なので約260kPaとなります。細かい数字まで考える必要はないので、乗用車の場合、約20kPa前後と覚えておけばいいでしょう。

タイヤの適正空気圧は前後で同じとは限らない

タイヤの適正空気圧は前後で同じとは限りません。前後のタイヤで適正空気圧が違う場合もあるのです。

トラックやバンなどの貨物車が多く、貨物を積むために後輪の空気圧を高めに設定していることがあります。

また、このような車の場合、積載量に応じて空気圧も変えてあげないと、車両自体は軽いため、高すぎてしまうとタイヤがはね運転しづらくなってしまいます。

乗用車でも、前後で適正空気圧の違う車はたまにあります。そのため、基本に戻りますが空気圧チェックをするときは、適正値を確認して行うようにしましょう。

窒素を入れる場合は取り扱い店の確認を

©dreamnikon/stock.adobe.com

タイヤの空気圧は定期的なチェックが必要です。タイヤに異常がなくても、ゴムで作られている以上自然に空気は抜けていきます。

空気圧が低すぎても高すぎてもトラブルのもとであり、最悪の場合、他の人を巻き込んでの事故になる可能性も十分にあります。専用の工具を買えば自分で確認することもできるので、1ヶ月に1度くらいは空気圧を確認しておきましょう。

そして近年では、空気が抜けづらい窒素をオススメしている店も増えました。

タイヤ交換の際、サービスで窒素を入れてくれる店舗もありますが、この記事では普通の空気を入れることをオススメします。

理由としては、窒素は補充するだけでお金がかかること、そもそも窒素を取り扱っている店が少ないので気軽に補充ができないことが挙げられます。

空気、窒素どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法でメンテナンスを行いましょう。

乗り心地を重視するならコンフォートタイヤがオススメ!

日頃からタイヤの状態を確認しておこう!

タイヤのひび割れがあったら、ゴムが劣化しているので要交換

タイヤからうるさい音がするときはどうする?

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード