MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > タイヤの交換時期と料金相場|自分で交換するやり方、業者の口コミ情報まで
タイヤ・スタッドレス

更新

タイヤの交換時期と料金相場|自分で交換するやり方、業者の口コミ情報まで

タイヤ交換時期や交換料金相場、自分で行うタイヤ交換方法などについて解説します。タイヤの脱着はタイヤ交換と何が違う?タイヤ交換後に必要なタイヤバランスの調整とは?ゴムバルブはいつ交換する?といった疑問にもお答えします。

タイヤ交換チャート早見表

1. タイヤの交換時期
 見きわめる
スリップサイン、
走行距離、 ヒビ割れ、
製造年数などを確認
2.新品のタイヤを購入サイズや用途を確認
3.タイヤの組み換え新品タイヤを
ホイールに装着
4.タイヤ交換
タイヤの脱着
ホイールごと
古いタイヤを外し、
新品タイヤを取り付け
ゴムバルブの交換タイヤの脱着と
一緒に行うのがベスト
5.タイヤバランスの調整均一に転がるように調整

車のタイヤの交換時期はいつ?寿命をどうやって判断する?

タイヤは使い続けていると劣化し、本来の性能を発揮できずスリップの原因となり、事故のリスクを引き上げます。安全運転のためには、タイヤの寿命をみきわめ、新品への交換が必要です。

また、事故を起こさずとも、タイヤの残り溝が1.6mm未満の場合は保安基準適合外となり、取締の対象となってしまいます。もちろんこの状態では車検も通りません。

「タイヤが減ったら早めに交換をしましょう」とは言われるものの、あとどれだけタイヤが使えるかを自分で判断するには、スリップサインの見方や、ゴムの劣化具合を診断する必要があります。正確なタイヤの交換時期を判断するための4つのポイントを紹介します。

※この記事では寿命となったタイヤの交換時期の判断方法を解説しています。夏冬タイヤの交換時期を知りたい方はこちらをご覧ください。

タイヤの寿命・交換時期の目安①溝・スリップサイン

スリップサインの場所を示したサイドウォールの矢印
スリップサインはタイヤ側面「▲」マークの上にある

タイヤの寿命は「スリップサイン」でチェックできます。スリップサインとは通常、タイヤの溝の奥に隠れている突起です。タイヤ側面の「▲」マークが描かれた部分にあり、タイヤの溝がすり減り、溝の深さが1.6mmを切ると、スリップサインが露出します。

タイヤの残り溝が少なくなってくると、タイヤのトレッド面の排水性能が低下し、雨天走行時のスリップの原因になります。さらに、低速でもハイドロプレーン現象が起こりやすく、コントロール不能による交通事故が懸念されます。

また、タイヤに6箇所あるスリップサインが1つでも露出していると道路運送車両の保安基準を満たしていないため法令違反になってしまいます。スリップサインが露出する前(=溝の深さが1.6mmになる前)に、新品のタイヤへ交換しましょう。

【簡単】10円玉を使ってタイヤの寿命を確認しよう

タイヤの溝の深さを測る道具に「ウェアインジケーター」がありますが、ここでは10円玉を使った夏タイヤの寿命の簡単な確認方法をご紹介します。

タイヤの溝に対して「10」の文字を刺すようにして10円玉を差し込みます。このとき、10円玉の「10」の文字が全て見えるようなら、残り溝が約4mm以下ということ。そろそろスリップサインが露出してしまうので、交換時期です。

タイヤの偏摩耗にも注意

偏摩耗は幅の広いタイヤで発生しやすく、タイヤのトレッド面が均一に減らずに一部だけに偏って摩耗すること。この場合、タイヤの外側はまだまだ溝があるのに内側がスリップサインが出てしまうことがあります。もちろんこの状態でも、スリップサインが出ている時点で走行はNG。速やかなタイヤ交換と、サスペンション・ホイールアライメントの点検をおすすめします。

タイヤの寿命・交換時期の目安②走行距離

走行距離によって、スリップサインが出始める時期をある程度予想することもできます。

新品時のタイヤ溝は約8mmほど。一般的な車の場合、5,000kmで1mmタイヤが減るといわれているので、タイヤの摩耗の進行は、車の車重や速度、操作、また路面状況でも大きく変わりますが、走新品タイヤ交換時から約3万km走行したら、スリップサインが出始めると計算することができます。

タイヤの寿命・交換時期の目安③ゴムの劣化やヒビ割れ・傷

サイドウォールがひび割れたタイヤ

指で押しても弾力が無かったり、画像のように側面(サイドウォール)にひび割れがある状態は、タイヤが劣化し、交換時期を迎えているサインです。硬化して固くなったタイヤではスリップしやすく、ひび割れや傷のついたタイヤはパンクやバーストを誘発するおそれが。走行距離が少なく、溝が残っていても危険ですので、早めに交換しましょう。

タイヤを劣化させないためには、保管方法に注意することが大切です。直射日光や風雨にさらされる屋外は避け、空気圧を適正値の半分程度に下げて平積みで保管することで、タイヤにかかる負荷を減らすことができます。

また、路面の砂利や落下物でタイヤが傷ついた場合は、そこから傷が拡大する恐れもあるため注意が必要です。

タイヤの寿命・交換時期の目安④製造年数

タイヤは使用していなくても経年劣化によってゴムが寿命を迎えてしまうため、多くのタイヤメーカーは約10年の使用を期限として設定しています。(実際には使用条件や保管環境によっても寿命は変わってきます)そのためタイヤの製造年がわかれば、タイヤの寿命を目安として把握しておくことができます。

購入時期を忘れてしまった場合でも、タイヤを見るだけで製造年週が確認できます。2000年以降の製造番号では、タイヤ側面の4ケタの数字がタイヤの製造された製造年と製造年週を意味します。

画像のタイヤの、側面のホイールに近い部分には「BMC2914」という表記が見えます。前半の「29」は「第29週目」、「14」は「2014年」を示しています。つまりこのタイヤは2014年の第29週(7月半ば)に製造されたということですので、どんなに溝が残っていても2024年には新品に交換するべきといえます。

タイヤの製造年数の読み方について詳しくは、こちらもご覧ください。

スタッドレスタイヤの寿命・交換時期の判断基準は?

スタッドレスタイヤの寿命は、使用条件によっても異なりますが一般的には3~5シーズン程だと言われています。しかしあくまで交換時期の目安なので、こまめな点検を欠かさないことが重要です。

スリップサインに加えてプラットフォームもチェック!

スタッドレスタイヤのプラットフォームとスリップサイン
プラットフォームはタイヤ側面「↑」マークの上にある(© 伊藤友春)

スタッドレスタイヤの寿命の判断方法は、基本的には上で紹介した方法と同じですが、残り溝に関しては、スリップサインに加えて、スタッドレスタイヤには「プラットフォーム」があります。

プラットフォームはスタッドレスタイヤ側面の「↑」マークが描かれた部分にあります。プラットフォームが露出した状態は、新品状態から溝の深さが50%以下になったことを示しています。この状態のスタッドレスタイヤは冬用タイヤとしてすでに寿命を迎えています。

冬タイヤとして使用する予定のスタッドレスタイヤについては、プラットフォームが露出していてスリップサインがまだ露出していない場合でも、非常に滑りやすくなっていて危険ですので早めに交換しましょう。

【簡単】100円玉を使ってタイヤの寿命を確認しよう

100円玉を使った、スタッドレスタイヤの寿命の簡単な確認方法をご紹介します。

100円玉のフチから「1」までの長さは約5mm、新品スタッドレスタイヤの溝の深さは約10mmです。そのため、100円玉を溝に差し込んで数字の「1」が見えたらほぼ50%摩耗していることになり、タイヤ自体の交換時期だとわかります。

スペアタイヤの寿命・交換時期の判断基準は?

スペアタイヤは応急用というその性質上、軽量であることが求められており、通常のタイヤと比較すると接地面が細く、空気圧も低く作られているので、長距離を走行するのに十分な耐久性があるとは言えません。

そのため、スペアタイヤの安全性が保てる走行速度の限界は約80km/h程度であり、走行距離も約100km程度が限界です。ですから、自宅や工場まで自走できた時点で、すぐに純正のタイヤに戻しましょう。

ただし、スペアタイヤとして純正のタイヤをそのまま搭載している車もあります。その場合、純正のタイヤを「スペアタイヤ」、応急用の簡易タイヤを「テンパータイヤ(Temper tire)」と呼び分ける場合もあります。

純正のタイヤに交換した場合、そのままローテーションして使っても問題ありません。

スペアタイヤを使う際の注意点

前輪駆動車の駆動輪がパンクした場合、後輪のパンクしていないタイヤを前輪に装着し直し、スペアタイヤを後輪に装着する必要があります。

また、後輪駆動車の場合、前輪の非駆動輪がパンクした場合でも、スペアタイヤを後輪の駆動輪に装着するように指定されていることがあるので、車の説明書をしっかりと読んで仕様を確認しておきましょう。

これらの注意事項を守らない場合、ハンドリングが不安定になって、重大な事故に繋がることもあるので、注意する必要があります。

タイヤ交換を持ち込みでする場合の料金相場は?

最近はネットで格安タイヤが販売されているため、持ち込みでタイヤ交換したいと考える人も少なくありません。

タイヤ交換をおこなっている業者は、ディーラーやオートバックス、イエローハットなどのカー用品店とタイヤ館やマルゼンなどのタイヤ専門店やガソリンスタンドがあげられます。自店でタイヤを購入してもらうほうが店にとって利益が出ることから「持ち込みのタイヤ交換は不可」としているところが多いです。

持ち込みのタイヤ交換が可能かをまずは店舗に問い合わせてください。持ち込みのタイヤ交換OKとしている店舗でも、工賃やトータルの費用が少し高くなる傾向があります。

持ち込みでのタイヤ交換の相場はタイヤのサイズにもよりますが、4本交換しバランス調整もおこなって8000円〜。ここに廃タイヤ処分料が加算されます。

オートバックスとイエローハットのタイヤ交換工賃比較 どっちが安い?

オートバックスイエローハット  
タイヤ交換1,080円〜 / 1本(バランス調整込み) 1,080円〜 / 1本(バランス調整込み) 
ゴムバルブ交換270円〜 / 1本270円〜 / 1本
窒素ガス充填540円〜 / 1本540円〜 / 1本
廃タイヤ処理270円〜 / 1本270円〜 / 1本

上記表の工賃はすべて税込み価格で、2019年4月時点の値段です。また、店舗によって価格が異なる場合があるので利用する際には各店舗に料金を確認してください。

オートバックスとイエローハットのタイヤ交換工賃を比較してみましたが、いずれも定価が存在するのは店舗でタイヤを購入した際の料金のみでした。

タイヤを持ち込んで交換してもらう場合は、店舗でタイヤを購入した場合の工賃と変わらない店舗から1本につき4000円程度かかる店まで費用は多種多様なようです。なお、サマータイヤからスタッドレスタイヤなどへの履き替えに関しては具体的な金額が公式情報としては設定されておらず、店舗による差が大きい状態です。

スタッドレスタイヤ履き替え工賃の相場

スタッドレスタイヤを装着した車

スタッドレスタイヤからサマータイヤの履き替え工賃の相場は、ホイール付きタイヤ4本で3,200円程度です。ホイールなしでタイヤのみの交換になると、タイヤの組み換えをおこなう必要がありますので、4本で8,000円程度にアップします。バランス調整は別料金(約4,000円〜 / 4本)になっていることが多いです。

また履き替えたタイヤの保管場所がない場合は、タイヤの保管サービスを利用する人も多いです。タイヤ4本で月額1,080円〜預かってくれるところもあります。

ガソリンスタンドに持ち込みタイヤの交換は可能?

ガソリンスタンド

専門店が近くにない場合は、ガソリンスタンドでもタイヤ交換ができます。ガソリンスタンドの場合、タイヤ購入時なら1本1,000円前後というのが交換費用の相場のようです。購入すれば交換費用はサービスとしてくれるケースも。なお、その他廃棄にかかる処理費用が必要になる場合もあるので確認しておきましょう。

持ち込みタイヤの交換も可能なスタンドがほとんど。交換費用は購入時よりも高くなり、 1本2,000円前後というのが相場のようです。

タイヤ交換費用はどれぐらい?

タイヤ購入時なら1本1,000円前後というのが交換費用の相場のようです。ただし、購入すれば交換費用はサービスとしてくれるようなスタンドもあります。上手に探してみましょう。なお、その他廃棄にかかる処理費用が必要になる場合もあるので確認しておきましょう。

タイヤ交換にかかる時間はどれぐらい?

ディーラーや専門店に頼むと、予約などを取るところからはじまり、交換にも時間がかかる場合が多いものです。しかし、スタンドはこれらを専門にやっているわけではありませんので、意外と空いていて時間がかからないお店が多いです。早いと40分~1時間程度で終わります。

予定外のタイヤ交換もガソリンスタンドで

あらかじめ予定を立ててタイヤ交換ができるかというと、必ずしもそうでない場合もあると思います。例えば、出かけた先でタイヤのトラブルに見舞われてしまった時。もしもタイヤの交換が必要な状態となってしまった時には、ガソリンスタンドが強い味方になってくれるかもしれません。

バイクのタイヤ交換にかかる料金は? 持ち込み対応店舗は少ない

一般車のフロントタイヤ 2,000〜2,500円程度  
一般車のリアタイヤ2,500〜3,000円程度
スクーターのフロントタイヤ1,500〜2,000円程度
スクーターのリアタイヤ3,000〜4,000円程度

バイクのタイヤ交換は、リアタイヤがフロントタイヤに比べて工賃が高く設定されています。これは周辺部品が多く複雑なためです。また、外車も工賃が高くなる傾向があり、ハーレーはリアタイヤ交換だけで6,000円以上となる店舗も少なくありません。

また車のタイヤ交換と同様、タイヤ持ち込みでの交換は対応してくれる店舗が少なく、対応してくれる店でも工賃が1.5〜2倍高くなります。

タイヤ交換してくれる店舗の口コミは?

オートバックス

  • 整備レベルが店によって違う
  • たくさんのメーカーの中からタイヤを選べる
  • Tポイントがたまる
  • タイヤ交換のネット予約ができるので、待ち時間が少ない
  • オリジナルのスタッドレスタイヤが安くて性能がいい

イエローハット

  • イエローハットのスマホ用アプリでセール情報を入手できるので、安いタイヤを見つけやすい
  • 整備士のレベルが店によって違う
  • タイヤ交換の最後のナットを締めるとき、立ち会いをお願いされ安心感があった
  • タイヤ交換は電話予約できるので待ち時間が少ない
  • タイヤ保管サービスがあるので、安心してスタッドレスタイヤに履き換えることができる

ディーラー

  • 工賃が高い
  • タイヤ交換と一緒に、ほかの場所も点検してくれるので安心感がある
  • 購入時からの担当者に話を聞いてもらえる
  • 複数の部品交換を一度にすると、工賃を割り引いてくれることがある
  • 整備士のレベルが高く安心して任せられる

ガソリンスタンド

  • 急なタイヤ交換も即座に対応してくれる
  • 作業が雑で、ホイールを傷つけられたことがあった
  • メジャーなメーカーのタイヤを扱っているので信頼できる
  • ティッシュや次回の割引券などおまけをくれることがある
  • タイヤ持ち込みでも対応してくれるところが多い

タイヤ館

  • ブリヂストン系列店なので、ブリヂストンタイヤを買うにはいいが高い
  • 駐車場に入ったときからスタッフが出迎えてくれる
  • スタッフの人数が少ないので、客が多い日は待たされる
  • タイヤ専門店なのでタイヤやホイールについての知識はしっかりしている
  • タイヤ館の独自取付技術でタイヤが長持ちする

タイヤ交換は自分でできる?時間と方法

タイヤ交換の手順は「タイヤの取り外し」と「タイヤの取り付け」。ジャッキ、輪止め、レンチがあれば自分で行うこともできます。かかる時間は4本のタイヤ交換に1時間程度が目安です。

タイヤ交換をするために用意するもの

タイヤ交換の際に必要な工具は、ジャッキ、輪止め、レンチ。加えて、ホイールナットを外した際になくさないように箱(なんでもOK)があると便利です。膝をついたりタイヤを持ったりするので、汚れてもよい格好と軍手があれば安心です。

ジャッキ|油圧式のパンタグラフジャッキがおすすめ

ジャッキは車載タイプとしてポピュラーな「ネジ式パンタグラフジャッキ」が馴染みのあるアイテムですが、タイヤ交換の場合は「油圧式パンタグラフジャッキ」がおすすめです。

油圧式パンタグラフジャッキは、車載には少し重いタイプ。しかし、簡単に車を持ち上げることができます。緊急のタイヤ交換に備えて車載用としてネジ式を、ガレージでタイヤ交換する用として油圧式を持っておくと安心です。

輪止め

タイヤにフィットするゴムタイプの輪止め(タイヤストッパー)が手軽に使えておすすめです。

レンチ|十字レンチがおすすめ

BAL ( 大橋産業 )  クロスレンチ アルミ対応 1408

BAL ( 大橋産業 ) クロスレンチ アルミ対応 1408

1,327円(06/21 15:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホイールナットを締めたり緩めたりするには、初心者であれば十字レンチがおすすめです。自分の力で回さなくてもよい電動レンチもありますが、慣れないうちは締める際にボルトのネジ山を潰したりボルトを折ったりしてしまうこともあります。

トルクレンチ

ホイールナットを規定の強さまで締める際に、力の値を見ながら締めることのできるレンチです。デジタル式とアナログ式がありますが、どちらも数字を確認しながら締めることができます。手元にない場合は、ガソリンスタンドや最寄りの整備工場にすぐに行き、トルクの調整をしてもらってください。

自分でタイヤ交換をするときの手順と場所

自分でタイヤ交換をする際の手順は、大きく分けると以下2つ。

  • 古いタイヤを取り外す
  • 新しいタイヤを取り付ける

今回、自分で交換するタイヤはホイールに取り付けられていることが前提となります。ホイールへのタイヤの取り付け=タイヤの組み付け、組み換え方法は省略してあります。

車をタイヤ交換のしやすい場所に停め、エンジンを切ったらサイドブレーキをかけましょう。車の周りをぐるっとひと回り出来る場所が最適です。そのほか、以下の条件に注意しましょう。

  • 安全で平坦な場所を選ぶ
  • 坂道は危険なので絶対にNG
  • 砂利の上や柔らかい地面は避ける(ジャッキアップの妨げになるため)

自分でできるタイヤ交換のやり方【タイヤの取り外し編】

1.交換するタイヤの対角線上のタイヤに輪止めをする

交換するタイヤの対角線上にあるタイヤに輪止めを設置します。これは、サイドブレーキをしたうえで、万が一に備えて車が動かないようにするためです。

2.レンチでホイールナットを少しだけ緩める

交換するタイヤの各ホイールナットを少しだけ緩めます。緩める順番は4穴なら上下左右、5穴なら星型に。ガッチリ締まっているナットが簡単にクルクル回せるようになるまで、レンチを左方向に回します。

3.ジャッキアップポイントにジャッキをかけて車体を持ち上げる

ジャッキをかける正しい位置「ジャッキアップポイント」で、車体を持ち上げます。

通常は各タイヤからボディ中央部寄りの車底部端で、フレームに切り込みのある部分を指します。場所は車によって異なりますが、車の取り扱い説明書や整備マニュアル、メーカーのウェブサイト上などで確認できます。

ジャッキアップはタイヤが地面から3cmほど離れるくらいでOK。車体が持ち上がっている状態では、絶対に車の下に身体や手足を入れないようにしてください。

4.ホイールナットを全て外してからタイヤを外す

車を持ち上げたらホイールナットを全て外して、タイヤを車から外します。このとき、ホイールナットをなくさないよう、箱などに入れておくと安心です。

自分でできるタイヤ交換のやり方【タイヤの取り付け編】

1.新しいタイヤを取り付け、各ホイールナットを均等に仮締めする

新しいタイヤを、ボルト奥まで差し込んで取り付けます。回転方向が決まっているタイヤの場合、タイヤサイドの矢印や装着側の指定を確認しましょう。

ホイールナットを、4穴なら上下左右、5穴なら星型の順番で、均等に締めていきます。1つのナットを一気に締めてから次に行くのではなく、全てのナットが徐々に締まるようにします。タイヤが浮いているこの段階では、仮締めで十分です。

2.ジャッキを下ろして、ホイールナットを本締めする

ジャッキを降ろして車体を降ろします。一気に降ろさないように気をつけましょう。タイヤの下に足を入れていると車の下敷きになってしまうので、絶対に入れないようにしてください。ホイールナットを、4穴なら上下左右、5穴なら星型の順番で、均等に締めていきます。この段階で本締めになるようにし、タイヤを車体に固定します。

3.ホイールナットをトルクレンチでさらに締め、適正なトルクに調整する

車体に固定された状態のタイヤをトルクレンチを使ってさらに締め、適切な値にします。タイヤの適切な締まり具合(=規定トルク)は車によって異なりますが、おおむね以下の値です。

  • 軽自動車:70~90N・m(7~9kgf・m)
  • 普通自動車:90~110N・m(9~11kgf・m)

規定トルクよりも弱く締めたままだとナットが緩んで脱輪の原因になったり、逆に強く締めてしまうとネジ穴(ナット穴)が広がってナットが切れる原因になったりします。規定トルクは車種によって異なるため、必ず取扱説明書を確認してください。

トルクレンチは、どれくらいの値で締めているかを確認しながらナットを締めるための工具。手元にない場合は、ガソリンスタンドや最寄りの整備工場にすぐに行きトルクの調整をしてもらってください。

タイヤ交換方法を動画で確認したい方はこちら

タイヤの脱着とは?交換との違い

通常は、同じホイールにタイヤを付け替えると手間がかかってしまうので、新しいタイヤごと別のホイールを準備しておいてそれに付け替えるのが一般的です。

タイヤの脱着とは、まさにこのローテーションやスタッドレスタイヤに交換するときに行う作業で、ホイール付きのタイヤを外して取り付けることを指します。

これに対し、1つのホイールに対して古いタイヤを外し、新しいタイヤを取付けることを、タイヤの組み換えと言います。

新品のタイヤを購入したら組み換えが必要

タイヤの組み換えとは、ホイールから古いタイヤを外し、そのホイールに新しいタイヤを取り付けることをいいます。

タイヤの脱着はタイヤ交換作業の一部

タイヤの脱着はタイヤ交換に含まれる作業です。大まかに「タイヤ交換」=「タイヤ脱着」+「タイヤ組み換え」と考えると分かりやすいでしょう。

実際のタイヤ交換では、この他にも付帯費用としてバランスの調整費用、廃タイヤの処理費用などがかかります。

タイヤバランスとは|タイヤ交換したのに不具合?

タイヤバランスとはタイヤがスムーズ(均一)に回転するために必要なバランスのことを言います。タイヤもホイールも新品の状態でも少なからず真円でなかったり、円周上に重量のばらつきがあったりするのです。このような状態のタイヤは均一な回転で転がりません。

タイヤバランスがずれている状態とは?

極端な話ですが、例えばビー玉を床の上で転がすとコロコロとスムーズに、遠くまで転がってい行きますが、起き上がりこぼしを転がそうとした場合はどうでしょう?

起き上がりこぼしは起き上がらせるために一部分のみが重くなっているので、ビー玉と同じように転がらないのは当然ですよね。このように重さに偏りがあると転がりづらかったり回転が不均一になったりもします。

この状態が、タイヤバランスがずれている状態と同じイメージです。重いところの反対側に同じだけの重りを貼り付け、回転をスムーズに近づけることが「タイヤバランスの調整」となります。

車を安全に走らせるためにはタイヤが均一に回転するように、バランスを調整することが必要になります。

タイヤバランスはなぜズレる?新品交換したばかりなのに

ホイールの歪みや変形

走行中にホイールをぶつけてしまったり、どこかに乗り上げてしまった場合など、そういったことが原因でホイールが歪んでしまったり、変形してしまったりすることがあります。ホイールが真円ではなくなってしまうので、バランスのズレが生じます。

タイヤの摩耗

車の急発進や急ブレーキはタイヤの一部分の面だけ減らしてしまったり、急ハンドルや山道の走行が多い場合もタイヤの肩の部分だけ減らしてしまいます。

他にも、車の足回り(アライメント)の狂いなど、タイヤの摩耗が均一にならない要因は多く存在します。

このタイヤの片寄った摩耗も、タイヤバランスのズレの原因となります。

タイヤ・ホイールを交換した時

タイヤもホイールも新品の状態でも、製造の精度等によって完全な真円でなかったり、外周上の重さにもズレがあったりします。

例えば、ホイールの重い部分とタイヤの重い部分を同じに組み付けてしまったとすると、タイヤ・ホイールを組み付けた状態になり、極端に重い部分が出来てしまいます。そうなると当然、回転する時に重い部分と軽い部分で回転力が変わってしまい、均一な回転ができなくなります。つまり「バランスがズレている状態」となります。

タイヤバランスを調整するタイミングは、このタイミングが一番多いでしょう。

タイヤバランスが悪いとどうなる?

タイヤバランスが悪いと、走行中、車が一定の速度の時に車体に細かい振動が出てきたり、ハンドルがブルブルと細かく勝手に振動したりします。

この一定速度と言うのは、高速道路を走行するような高い速度で発生する場合が多いのですが、発生する速度はそのバランスの狂い具合によって高かったり低かったりと変化し、更にその一定速度を超えると収まってきます。

ハンドルに振動がくる場合は前側のタイヤが、車体全体が振動するような場合は後ろ側のタイヤがズレている可能性があります。

もしこのような振動が感じられたらタイヤバランスが狂っている可能性があるので、安全のためにもタイヤバランスの調整をしましょう。

バランスがズレている状態で走行すると、振動によって車に負担がかかります。回転するタイヤの軸の部分(ベアリング)が壊れやすくなる、タイヤの偏摩耗、燃費の悪化などの不具合の原因となることもあります。

タイヤバランスの調整はどこで出来る?調整料金は?

タイヤバランス調整は、タイヤショップやカー用品店などのタイヤの販売をしているお店なら確実に作業してくれるところが多いです。

タイヤバランスを調整するには専用の機械が必要なので、もし行きつけの整備工場があるようでしたらそちらでの作業がおすすめ。このようにプロにお任せする場合は、1本あたり500~1,000円くらいが相場になります。

タイヤバランス調整は自分でもできる?

TAMP ホイールバランサー RA1 24インチ対応 100V 1年保証

TAMP ホイールバランサー RA1 24インチ対応 100V 1年保証

107,000円(06/21 15:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

タイヤバランス調整は、「タイヤバランサー」という専用の機械を使って測定・調整をするので、自分で作業をするのはなかなか難しいかと思われます。もちろん、個人でこのような機械を購入することも可能ですが、高額になるのでちょっと現実的ではありません。

しかしどうしてもDIYでやりたいという方にはこんな商品も販売されています。

これなら金額的には先程の機械と比べるとだいぶも手軽なのですが、タイヤバランスを調整する機会との兼ね合いを考えるとコストパフォーマンスが若干悪くなります。

また、このバランサーで測定出来るのはタイヤの回転方向のバランスしか調整出来ないので、簡易的な調整と考えた方が良いですね。

結論としては、タイヤバランスを調整するなら代金を支払ってでも業者にお願いして調整してもらうのがコスト的にも効果的にも最適となります。

タイヤのゴムバルブとは?

バルブキャップがはめられているタイヤのバルブ
バルブキャップがはめられているタイヤのバルブ

タイヤバルブは空気の出し入れをするだけでなくタイヤの空気漏れを防ぐ役割もあり、車を安全に走行させる上でとても大切なパーツになります。

タイヤの空気圧を低くしたりタイヤ交換で中の空気を抜きたい場合には、バルブコアにある突起部分を押します。

ゴムバルブの種類

タイヤバルブには、ホイールに取付けられるチューブレスバルブと、タイヤチューブに取付けられるチューブバルブの2種類がありますが、一般的な車ではチューブレスバルブが多く使用されています。

このチューブレスバルブにも材質によって2つの種類があり、主としてゴムでできているものをゴムバルブ、金属製のものはスチールバルブと呼ばれています。

ゴムバルブとスチールバルブ、どちらのバルブにも中にバルブコアという芯が入っていて、空気を入れる時だけバルブコアが開き、それ以外の時は閉じて空気が漏れないようになっています。

タイヤのゴムバルブの寿命は?

基本的にはタイヤの寿命と同様に、おおよそ2~3年に1回くらいのサイクルで交換しておくのが良いと言われています。

タイヤのゴムバルブが劣化してヒビが入ったり、走行中に傷がついたりすると空気漏れの原因となります。また、寿命になったゴムバルブをそのままにしていると、最悪の場合バルブ自体が折れてしまうこともあります。

ゴムバルブにヒビや傷がついているのを見つけたら、すぐに交換しましょう。見た目に問題がなくても、ある程度の年数が経過したら交換しておくと安心です。

タイヤのゴムバルブの交換方法と費用

ゴムバルブの交換方法

  1. ホイールに付いている古いゴムバルブの根元を、カッターやニッパーなどで切断して引き抜く
  2. 新しいゴムバルブには、タイヤビードワックスやシリコングリスなどゴムバルブの材質を傷めない潤滑剤を塗る
  3. 新しいゴムバルブをホイールにある取り付け穴に装着す

ゴムバルブの交換費用

タイヤのゴムバルブは比較的簡単に交換で、部品代も安価ですので、ホイールだけの状態でバルブ交換をする場合、タイヤ1本あたりの交換工賃はおおよそ数百円程度が相場となっています。

ただし、実際はゴムバルブを交換するためには、まず車からタイヤとホイールを外さなければなりませんので、タイヤの脱着工賃がかかります。また、タイヤもホイールから外すことで組み換えと同様の作業になりますので、組み換え工賃も別途必要になる場合もあります。

タイヤサイズにもよりますが、ゴムバルブの交換工賃の総額はタイヤ1本あたり1,000~3,000円前後、作業時間は15~20分/本となる場合が多いようです。

このように、ゴムバルブだけを交換したい場合でもタイヤの脱着や組み換えなどが発生するため、バルブ交換はタイヤ交換と一緒に行う方が効率も良く経済的です。

タイヤのゴムバルブのキャップの種類

タイヤのゴムバルブとバルブキャップ
タイヤのゴムバルブとバルブキャップ
©Shutterstock.com/ Aleksandr N

タイヤのゴムバルブには、中にあるバルブコアを保護するためのバルブキャップが付いています。

バルブキャップがないからすぐにタイヤの空気が抜けてしまうということはありませんが、水分やゴミなどが直接バルブコアに触れるのは決して良いことではありません。

バルブキャップにも、プラスチップ樹脂でできているものやアルミなどの金属製のもの、中にゴムのパッキンが入っていてキャップでも空気が抜けにくい構造にしているもの、メッキやアルマイト加工でカラーリングされているものなど多くの種類があります。

初心者でも簡単にできるドレスアップとして量販店などでも購入できますので、好みのバルブキャップに交換してみるのも良いでしょう。

ゴムバルブのドレスアップの注意点

ゴムバルブには、アルミなど真鍮以外の材質でできているバルブキャップは使わないようにしましょう。

ステムと呼ばれるゴムバルブのネジが切られている部分は真鍮でできていて、アルミなど異なる種類の金属のバルブキャップを使うと「電蝕」という金属が腐食する現象が起きてしまうからです。

電蝕が起きるとバルブキャップが固着して外れなくなったり、ステムが劣化して空気漏れの原因になりますので、ゴムバルブのバルブキャップを交換する際には樹脂か真鍮のものを選ぶようにしましょう。

【まとめ】タイヤはこまめにチェックして交換・調整を

タイヤは危険や違和感を感じたら交換するのではなく、スリップサインや走行距離、見た目の状態をこまめにチェックしておくことが大切です。

また、タイヤ交換は、タイヤの組み換え、脱着、バランス調整まで一括して行うのがおすすめ。特にバランス調整のDIYはおすすめできないため、ガソリンスタンドや整備工場、専門店で行ってもらいましょう。バランスの狂ったタイヤに乗り続けていると、車の足回りや乗り心地に不具合が発生する場合があります。

タイヤやメンテンナンスの関連記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事