MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 188,080,000,000円の賠償金?オーストラリアでトヨタが天文学的な保証金支払か
トヨタ

更新

188,080,000,000円の賠償金?オーストラリアでトヨタが天文学的な保証金支払か

集団訴訟の一審判決でDPFの欠陥が認められる

©toa555/stock.adobe.com

オーストラリアで販売されたトヨタの一部車種に欠陥があったとして購入者が損害賠償を求めた集団訴訟で、オーストラリア連邦裁判所は、現地時間2022年4月7日にトヨタのディーゼルエンジンに装備されているDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)の欠陥を認める一審判決を出しました。

これにより、2015年10月1日から2020年4月23日までにオーストラリア国内で販売された『ハイラックス』『ランドクルーザー プラド』『フォーチュナー』計264,000台の所有者に、計20億豪ドル以上(日本円で約1,800億円以上)をトヨタが支払う可能性があります。

韓国製EVが事故直後に炎上…なぜそうなった?

「品質が劣る欠陥品で消費者欺いた」とトヨタを批判

©yavdat/stock.adobe.com

現地メディアでは、オーストラリア連邦裁判所が第一審で欠陥があると認めたDPFにより、車両価値の減少や、修理のための機会逸失、公害当局への罰金支払い等による損害を各車両の所有者が被ったと報じられています。

オーストラリア連邦裁判所は、当該の車両について「欠陥があり、品質は許容できるものではない。トヨタはそれらの車両の販売において、誤解を招く、または欺く行為に及んだ」と判断したとのことです。

危険なはずなのに…新品のタイヤのラベルをあえて剥がさない理由とは

「多くの人がDPFの問題を経験していない」としてトヨタは控訴

©Anna/stock.adobe.com

オーストラリア連邦裁判所による一審判決に対してトヨタは、対象となっている車両のオーナーの多くがDPFの問題を経験していないと異議を申し立て、6月10日付で控訴したことを発表。

また、「トヨタは、DPFの問題を認識して以来、対象となるお客様のために効果的な解決策を継続的に検討してきました。トヨタ自動車は、DPFの不具合を認識して以来、お客様を第一に考え、技術的な根拠に基づいた改善策を実施し、お客様の不安を解消してきたと確信しています。」とWEBサイトに掲載しています。

アメ車パトカーが全速力で追いかけているのは…なんと日本の軽トラック?

ディーゼルエンジンとは?ガソリンエンジンとの違いやメリット・デメリットを解説

「モリゾウ、辞めないでくれ」自動車税見直し前に引退?次期トヨタ社長どうなる

次期新型トヨタハイラックスはデザイン、シャーシ共にランクル似?予想CGも登場

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード