MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ランドクルーザー > ランクル新型250系は意外なモデルの後継だった?“原点回帰”を掲げたランドクルーザーブランド、今後どうなる
ランドクルーザー

更新

ランクル新型250系は意外なモデルの後継だった?“原点回帰”を掲げたランドクルーザーブランド、今後どうなる

70系復活&新型250系デビューでどうなる?ランクルブランド

左からランドクルーザー”300″、ランドクルーザー”70″(プロトタイプ)、ランドクルーザー”250″(プロトタイプ)

この夏はランドクルーザーファンにとっては、ビッグなニュースが2つも入りました。ひとつはランクリスト待望の70系復活。そして、もうひとつは新型の250系のデビューです。

どちらも非常に魅力のあるモデルで、これまでランクルに興味がなかった人も、今後市場にやってくる可能性が膨らみました。

一方で、これまでランクルに乗ってきた人にとっては、「分かりづらいラインナップになった」という声も。というのも、250系が300系とほぼ同じボディサイズで登場したからです。加えて、各モデルのキャラクターもオーバーラップするところがあります。

最新「トヨタ ランドクルーザー」中古車情報
本日の在庫数 489台
平均価格 879万円
支払総額 213~1,960万円

新型250系は150系プラドの“後継”ではない?

ランドクルーザー”250″(プロトタイプ)

これまでのランクルと言えば、「ヘビーデューティ系」、「ステーションワゴン系」、「ライトデューティ系」という3つの系統で進化してきました。当初は『トヨタジープBJ型』に端を発し、20系、40系、70系というヘビーデューティ系と、55/56型を祖とし、60系、80系、100系、200系、300系という流れのステーションワゴン系の2本立てでした。

しかし、80年代に入るとクロカン4WDの乗用車化が進み、それまで1、4ナンバーだったランクルラインナップに、5ナンバーの『70ワゴン』が追加され、これが70、90、120、150系というプラドの系譜に繋がっていきます。

では、今回登場した250系がどのDNAかというと、実はどこにも属さない“新種”なのです。トヨタは発表会で150系プラドの後継モデルという旨の表現をしていましたが、その後「150系プラドとは直接的なつながりのない新しい系統」という言い方に修正しました。ちなみに、オーストラリア向けの250系には、プラドのマスコットネームが残りました。

前述のボディサイズも、ユーザーが混乱する要因のひとつです。従来であれば、フラッグシップモデルの大柄なステーションワゴン系があって、プラドは少しコンパクトで日本の道路インフラやライフスタイルにマッチした弟分という見方をされてきたからです。

ネット上の記事などを見ても、250系の取り扱いに苦慮している感が見て取れます。さらに、レクサスが250系の兄弟モデルとも言える『GX』を出してきたことで、さらに混乱を極めているような気がします。

執筆者プロフィール
山崎 友貴
山崎 友貴
1966年生まれ。四輪駆動車専門誌やRV雑誌編集部を経て、編集ブロダクションを設立。現在はSUV生活研究家として、SUVやキャンピングカーを使った新たなアウトドアライフや車中泊ライフなどを探求中。現在の愛車は...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード