MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 復活したら売れそう?妄想が膨らむ時代を先取りしたステーションワゴン【推し車】
メーカー・車種別

更新

復活したら売れそう?妄想が膨らむ時代を先取りしたステーションワゴン【推し車】

廃版になったとはいえ、今復活すればもうひと花咲かせられるかも?という車を探してみるこの企画。今回は1990年代にそれまでの「ライトバンの乗用車版」なイメージを覆して大ヒットしたものの、ミニバンSUVに追われ短いブームに終わったステーションワゴン編です。

最近ではカローラツーリングのヒット、コンパクトミニバンの2列シート車が意外にも好調な事から、ステーションワゴンの復権を予想する人もいます。どのような車が「復活した売れそう」なのか厳選してみました。

日産 サニーカリフォルニア

ノートベースでe-POWRワゴン、MAXも作れば和製カングー?

日産B310 初代サニーカリフォルニア1400SG

4代目B310サニーのステーションワゴン版として登場。寝かせたテールゲートはクーペ風で、現在ならシューティングブレークと呼ぶのかもしれません。

最終モデル(Y10)はADバン/ワゴンの豪華バージョンになって個性が薄れましたが、マイナーチェンジでブームに乗ったお化粧直しを受け「ウイングロード」として再デビュー。スマッシュヒットを飛ばすも、最後のY12型が2018年に廃止。

現在なら、ノートのリアオーバーハングを伸ばしたショートワゴン、あるいはシューティングブレーク的なモデルを作れば「初のe-POWERワゴン」と話題になりそうですし、AD MAXのようなフルゴネットタイプなら「和製カングー」として人気が出そうです。

最新「サニー」中古車情報
本日の在庫数 58台
平均価格 153万円
支払総額 35~600万円

スズキ カルタスワゴン

スイフトベースの格安ワゴン、スイフトスポーツワゴンもいかが?!

スズキ カルタスクレセントワゴン

スイフトのご先祖的な小型ハッチバック/セダン。カルタスの3代目は2代目を並行販売した関係で当初カルタスクレセントを名乗っていました。1996年にステーションワゴン版が追加されました。

123万円からという激安ぶりと、セダンには結局搭載されなかった1.8リッターエンジンを積むGT系グレードの設定で、スポーツワゴンブームに乗ろうとしました。

しかし、知名度が低くヒット作とまでは言えませんでした。プレミアムコンパクト的な小型車と安くて速い車に定評ある現在のスズキなら、スイフトベースのクロスオーバーワゴンや、スイフトスポーツワゴンも受け入れられそうです。

カローラフィールダー後継で、トヨタへOEM供給もいかがでしょう?

最新「カルタス」中古車情報
本日の在庫数 4台
平均価格 52万円
支払総額 46~60万円

トヨタ アルテッツァジータ(初代レクサス ISスポーツクロス)

レクサスにはワゴンがない…シューティングブレークなら?!

レクサス IS300スポーツクロス(日本名:トヨタ アルテッツァジータ)

日本国内ではやや期待外れだったアルテッツァですが、初代レクサスISとして海外では人気がありました。日本仕様で唯一3リッター直6の2JZ-GEを積んだアルテッツァジータ(海外名レクサスISスポーツクロス)は、国内でも高い評価を得ました。

ワゴンというにはラゲッジが狭いシューティングブレーク的な車でした。その後は「レクサスのステーションワゴンかシューティングブレークが欲しい」というユーザーがいないのか、後継車が出ていません。

ビッグマイナーチェンジを受けてまだしばらく販売しそうな現行IS、あるいは後継のBEVセダンでISスポーツクロスを復活させたら、案外人気が出るのではないでしょうか?

最新「アルテッツァジータ」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 77万円
支払総額 50~123万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード