MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > サクラ > 日産の新型軽EV「サクラ」ついに発表!実質価格178万円からで今夏発売
サクラ

更新

日産の新型軽EV「サクラ」ついに発表!実質価格178万円からで今夏発売

日産が新型軽EV「サクラ」を発表

日産は2022年5月20日、軽自動車規格の新型バッテリー式EV「サクラ」を発表しました。

サクラは軽自動車の持つ小回り性能に加え、リーフの開発で培った電動車技術を惜しみなく投入した日産の意欲作。

日産の副社長である星野朝子氏はサクラについて「日本の自動車市場の常識を変えるゲームチェンジャーとなり、電気自動車の普及促進にはずみをつける存在になると確信しています。」と述べています。

今後はアリア、リーフ、サクラの3車種を国内における電動ラインナップの柱として展開していくとのこと。なお、サクラは軽自動車ではフラッグシップに位置づけられています。

新型eKクロスEVの発表記事はこちら

水引など日本的な要素を散りばめた外観

サクラはデザインテーマとして日本特有の文化「水引」を掲げており、随所に日本的な要素が散りばめられています。例えばホイールデザインやリアバンパー、内装だとペダルなどに水引をモチーフとしたデザインが見られます。

基本形状はデイズに近いですが、アリアのようなLEDランプで表現された次世代Vモーションを備えており、リアはコンビネーションランプや英字ブランドエンブレムを装着、右下には「ゼロエミッション」と記載されています。

後部ドアもデイズに準拠しているため、スライドドアではなくヒンジドアを採用しています。今後はルークスのようなスライドドアモデルの投入にも期待です。

軽トップクラスの上質な内装

サクラの内装は高品質なファブリック素材を広範囲に用いており、前席シートはベンチシートを採用。広々とした印象を与えるだけでなく、助手席側への移動も簡単という利便性も持ち合わせています。

インパネにはカッパー色のフィニッシャーを水平に配置することでモダンな雰囲気を表現。

スポーティな2本スポークステアリングはアリアと同形状ですが、ボタン配置は若干異なります。メーカーオプションの「プレミアムインテリアパッケージ」では本革巻ステアリングを採用しています。

中央には大画面の9インチナビディスプレイを備え、運転席のメーター類は7インチのアドバンスドライブアシストディスプレイに集約。2画面は水平方向に隣接しており、ドライバーの視線移動に合わせた形状としています。

NissanConnectナビゲーションシステムでは、車両の充電状況をふまえて最適なルートを設定することができるほか、緊急時のSOSコール、Apple CarPlayワイヤレス接続など、多数の快適装備を用意。

小物を収納するインストセンタートレイ、カップホルダーなど、日常の使い勝手を高める収納スペースも随所に配備しています。

4通りの内装色を用意

内装色は定番のブラックから開放感のあるベージュ、落ち着いたブルーグレーの3色が設定されています。

先進機能を惜しみなく搭載

サクラには高速道路の単一車線における自動運転技術「プロパイロット」や、駐車時にハンドル操作や発進・停止、シフトチェンジやパーキングブレーキといった動作を全て自動制御する「プロパイロット・パーキング」を軽自動車に初搭載。

ドライブシーンに合わせた走行を実現するドライブモード機能も用意しており、「Eco」「Standard」「Sport」の3モードから選択可能です。

そしてアクセルペダルのみで加減速を行う「e-Pedal Step」の搭載によって市街地のように加速減を頻繁に繰り返すシチュエーションでの快適性を向上させています。

サクラのスペック一覧表

ボディサイズ

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,655mm
ホイールベース2,495mm
車両重量1,070~1,080kg
荷室寸法107L
乗車定員4名

サクラのボディサイズはほぼデイズと同じですが、全高のみサクラの方が15mm高いです。車両重量はグレードによって異なりますが、デイズの一部ガソリングレードを除いて軽量になっています。

バッテリーを床下のトンネルスペースに設置しているため、室内空間を犠牲にしていないとのことです。ちなみに、サクラに搭載されているバッテリーは日産リーフ e+に搭載されている最先端の物を使用しています。

パワートレイン

バッテリータイプリチウムイオンバッテリー
バッテリー総電力量20kWh
最高出力47kW
最大トルク195N・m
最高速度130km/h
航続距離最大180km
充電時間普通充電:8時間
バッテリー残量警告灯点灯位置~100%
急速充電:約40分
バッテリー残量警告灯点灯位置~80%

最高出力は内燃機関を搭載する軽自動車と同じ47kW(約64PS相当)ですが、最大トルクは195N・m。これは軽ターボ車の約2倍の加速力で、従来の軽自動車では味わえなかった余裕の走りを実現しています。

航続距離は環境によって変動しますが、メーカー公表値は180km。1日30km程度の走行であれば、5日に1回、自宅で充電すればガソリンスタンドに行く必要がありません。普通充電でも、寝ている間に電源へ接続しておけば満タンまで電力を補給することができます。

車両価格は実質178万円から

グレード駆動方式バッテリーサイズ車両価格(税込)
S2WD20kWh2,333,100円
X2,399,100円
G2,940,300円

サクラのグレード別価格は上表のとおりです。エントリーグレード「S」は約233万円ですが、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金を利用した場合、55万円の補助を受けられます。そのため、実質178万円で購入できるということになります。

ボディカラーの価格

ボディカラー価格(税込)
・ブラック
・スターリングシルバー
・スパークリングレッド
0円
・アッシュブラウン
・ソルベブルー
・ホワイトパール
33,000円
・スパークリングレッド/ブラック 2トーン
・チタニウムグレー/ブラック 2トーン
・フローズンバニラパール/ブラック 2トーン
・ブロッサムピンク/ブラック 2トーン
66,000円
・ソルベブルー/ブラック 2トーン
・ホワイトパール/ブラック 2トーン
・ソルベブルー/チタニウムグレー 2トーン
・暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーン
・ホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン
77,000円

ボディカラーは軽自動車にしてはわりとお高めに見えますが、アリアのボディカラー価格をみると妥当な価格設定だといえるでしょう。

日産は他メーカーと比べてボディカラー価格を比較的高めに設定しているようです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

日産の新型車情報はこちらから

キックスに待望の4WD設定か!国交省のデータにも記載があった

新型エクストレイルの「右ハンドル版」が豪州で発表!日本発売も間もなくか

その他の最新情報

まだカモフラ!?新型シビックタイプRが7月に特別なカモフラでデモ走行

これが次期型クラウンのエンブレムに?トヨタの商標をキャッチ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード