MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 人気もあったのに何故?一代きりで終わったけど名車と呼べる車たち・三菱編【推し車】
メーカー・車種別

更新

人気もあったのに何故?一代きりで終わったけど名車と呼べる車たち・三菱編【推し車】

一代きりで姿を消す車には、いろいろな事情があります。

単にコンセプト自体が不人気で車名も残さず消え去る車、貿易摩擦の関係で某国から押し付けられた車、車名としては一代きりでも、コンセプトは優れていたので今後に期待し、モデルチェンジを境に改名した車。

今回は三菱自動車の車から、コンセプトは優れていて人気もあったのに、一代きりとなった名車を3台紹介します。

ギャランGTO(1972年)

ギャランGTO

三菱の乗用車で初のヒット作。初代ギャランの2ドアハードトップ車がベースの上級スポーツクーペで、アメリカンマッスルカーばりの重厚でパワフルなデザインに、ボディ後端が少し跳ね上がって躍動感を持たせたダックテールが特徴。

トップグレードはソレックスツインキャブレター装備。1.6リッター直4DOHCで125馬力の「MR」で、高価ゆえに販売台数は少なく排ガス規制で2年足らずの短命でしたが、スカイラインGT-Rのごとくイメージリーダーとしての役割は果たしました。

当初1.6L車でしたが後に1.7L車を追加。さらに排ガス規制が厳しくなる中、動力性能を維持するため小型車枠一杯の2.0Lエンジンへと拡大しています。

最新「ギャランGTO」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 248万円
支払総額 227~270万円

スタリオン(1982年)

スタリオン

3代目ギャラン(ギャランΣ)がベースの三菱最後のFRスポーツクーペです。リトラクタブルライトや3ドアファストバッククーペというスタイルやターボエンジンは、同時期のマツダ RX-7などと同様、924などポルシェFRスポーツを意識。

日産のスカイラインが低迷していた時期のグループAレースで唯一、輸入スポーツを追いかけ回せた車です。ラリー用に4WDターボのグループBマシンが開発されるなどモータースポーツとの縁が深い車です。

ただし一般には、映画「キャノンボール2」でジャッキー・チェンの愛車となった姿の方が有名で、ジャッキー自身も気に入ったらしく、その後も幾度となく劇中で三菱車を使うキッカケとなりました。

最新「スタリオン」中古車情報
本日の在庫数 5台
平均価格 300万円
支払総額 259~380万円

コルト(2002年)

コルトラリーアートバージョンR

ミラージュディンゴがアクの強いデザインで敬遠されるなど、ミラージュ後継のコンパクトハッチバック車が不作だった三菱でようやく生まれた傑作。

同期のライバル車と比べ派手ではないものの販売実績は堅調で、ロングボディのショートワゴン版コルトプラスや、1.5リッターターボのラリーアートには、内外装をよりスポーティとしたホットモデルのバージョンRも設定。

通常の1.5L車にゲトラグ製5速MTを搭載した1.5cも、安価なモータースポーツベース車として多用されており、実用からスポーツ用途まで幅広く応えた名車でしたが、2012年に販売終了、後継のミラージュがタイ製だったため、三菱最後の国内製コンパクトになりました。

最新「コルト」中古車情報
本日の在庫数 160台
平均価格 84万円
支払総額 24~352万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード