MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > Gクラス > 【ベンツGクラスは芸能人御用達の高級車】実燃費や維持費からカスタム例も
Gクラス

更新

【ベンツGクラスは芸能人御用達の高級車】実燃費や維持費からカスタム例も

メルセデス ベンツ Gクラスとは

2017メルセデスベンツGクラス

メルセデス ベンツ Gクラスは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーが展開するメルセデス・ベンツブランドで販売しているSUVです。

世界のSUV市場では、高級大型SUVに属し、ポルシェ カイエン、ランドローバー・レンジローバー、レクサスLX(またはトヨタ ランドクルーザー)がライバル車になります。

1979年に、ダイムラーの重要な株主の一人だったイランの皇帝パフラヴィー2世の提案で1979年にメルセデス ベンツの軍用車ゲレンデヴァーゲンを民間用に提供したのが、発売のきっかけでした。

その後、初代モデルにあたるW460型が1979年から1990年まで生産され、日本には1983年から輸入され始めました。

ゲレンデヴァーゲンの頭文字から市販車モデルはGクラスと車名が付けられましたが、現在もGクラスをしばしば「ゲレンデヴァーゲン」と呼ばれています。

最新「Gクラス」中古車情報
本日の在庫数 548台
平均価格 1,360万円
支払総額 327~3,318万円

メルセデス ベンツ Gクラスに乗る芸能人

メルセデス ベンツ Gクラスといえば多くの芸能人、歌手、スポーツ選手が乗っている車としても有名です。

代表的なのは、明石家さんま、木村拓哉、タモリさんと芸能界の大御所が乗っており、歌手の田原俊彦、aiko、椎名林檎、ジャニーズの滝沢秀明、スポーツ選手の田中将大(MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属)と、まさにお金持ちのタレントが乗っています。

なぜ、これほど芸能界でGクラスが流行っているのでしょうか?それは、最初にGクラスを乗り始めた明石家さんまと木村拓哉の芸能界に影響を与える2人が乗っていることで、メルセデス ベンツの性能とステータス性が高く、同時にSUVブームもあって、芸能人の間で流行ってきたと言われています。

明石家さんまの愛車遍歴に関する記事はこちら

歴代のW463型Gクラス

1990年から二代目モデルとなるW463型が発売され、多くのモデルが出てきました。それぞれの発売日と排気量やエンジンを紹介します。

モデル 発売日 ドア数・乗員定員 エンジン 排気量
ゲレンデヴァーゲン 300GE 1991年8月 3ドア・5名 直列6気筒SOHC 2,960cc
ゲレンデヴァーゲン 300GE ロング 5ドア・7名
G320 1994年12月 3ドア・5名 直列6気筒DOHC24バルブ 3,199cc
G320L320ロング 5ドア・7名
G320カブリオ 1995年9月 2ドア・5名 直列6気筒DOHC24バルブ 3,199cc
G320 1998年10月 3ドア・5名 V型6気筒SOHC18バルブ 3,199cc
G320カブリオ 2ドア・5名
G320ロング 5ドア・7名
G500 3ドア・5名 V型8気筒SOHC24バルブ 4,965cc
G500カブリオ 2ドア・5名
G500ロング 5ドア・7名
G500クラシック 1999年8月 5ドア・7名 V型8気筒SOHC24バルブ 4,965cc
G320 2001年4月 3ドア・5名 V型6気筒SOHC18バルブ 3,199cc
G320L 5ドア・7名
G500L 2001年6月 5ドア・7名 V型8気筒SOHC24バルブ 4,965cc
G320 2002年2月 3ドア・5名 V型6気筒SOHC18バルブ 3,199cc
G320L 5ドア・5名 V型6気筒SOHC18バルブ
G500L 5ドア・5名 V型8気筒SOHC24バルブ 4,965cc
G500ロング 2006年11月 5ドア・5名 V型8気筒SOHC24バルブ 4,965cc
G550ロング 2009年3月 5ドア・5名 V型8気筒DOHC 5,461cc
G350ブルーテック 2013年9月 5ドア・5名 V型6気筒DOHCターボ
ディーゼル
2,986cc
G550 2015年12月 5ドア・5名 V型8気筒DOHCツインターボ 3,982cc
G350d 2016年1月 5ドア・5名 V型6気筒DOHCICターボ
(ディーゼル)
2,986cc

メルセデス ベンツ Gクラス W463型3ドアモデル

メルセデス・ベンツ Gクラス(W463)
メルセデス・ベンツ Gクラス(W463)

3ドアモデルであれば、現行のモデルよりコンパクトで乗りやすそうです。さらにカブリオモデルであれば、街中で見るGクラスとは違ったカッコよさがあり、他と違ったGクラスを乗りたいという方にはおすすめです。

歴代のGクラス AMGモデル

Gクラス AMGの歴代モデルを紹介します。

モデル 発売日 ドア数・乗員定員 エンジン 排気量
AMG Gクラス G36 1995年11月 3ドア・5名 直列6気筒DOHC 3,605cc
AMG Gクラス G36ロング
AMG Gクラス G55ロング 1998年12月 5ドア・7名 V型8気筒SOHC24バルブ 5,438cc
G55L AMG 2002年2月 5ドア・5名 V型8気筒SOHC24バルブ 5,438cc
G55 AMGロング 2004年4月 5ドア・5名 V型8気筒SOHC24バルブ 5,438cc
G55 AMGロング 2004年9月 5ドア・5名 V型8気筒SOHCスーパーチャージャー 5,438cc
G63 AMG 2012年8月 5ドア・5名 V型8気筒DOHCツインターボ 5,461cc
G65 AMG V型12気筒SOHCSツインターボ 5,977cc

メルセデス ベンツ Gクラスの各モデル

G350d

メルセデス・ベンツ G350d 2015年

G350dは、3リッターV型6気筒ディーゼルエンジンを搭載しており、ダイムラーが開発したBlueTECエンジン(ディーゼルエンジン)は世界中の厳しい排ガス規制をクリアしています。

日本ではエコカー減税対象車で、維持費が他モデルに比べると安いです。

G550

メルセデスベンツGクラス 550
メルセデスベンツGクラス 550

G550はGクラスの主力車種であり、W463の伝統の形は残しつつも、エンジンは最新の4.0LV型8気筒直噴ツインターボエンジンと、電子制御7速A/Tの組み合わせで、快適で俊敏な走行を実現しています。

メルセデスAMG G 63

メルセデス AMG G63 Gクラス
メルセデス AMG G63 Gクラス

AMGによってチューニングされた排気量5.5リッターV型8気筒エンジンにツインターボと大型インタークーラーの組み合わせにより最高出力420kW [571ps] / 5,500rpm、最大トルク760N・m[77.5kgf・m] / 1,750~5,250rpmのハイスペックエンジンを搭載しています。

エンジンサウンドもAMGスポーツエキゾーストシステムを採用し、トルク感ある重低音はドライバーをやる気にさせ、2.5トンの車体をグイグイ前に進ませます。

Mercedes-AMG G 65

メルセデス AMG G65 Gクラス
メルセデス AMG G65 Gクラス

Gクラスの最上級クラスであるMercedes-AMG G 65は、搭載するエンジンにV型12気筒SOHCツインターボエンジンを採用し、これはAMG S 65 クーペやAMG SL65と同様の最強エンジンです。

最高出力は463kW [630PS] / 5,000~5,300rpm、最大トルクは1,000N・m[102kgf・m] / 2,300~4,300rpmとなっています。

Mercedes-AMG G 65は、SUVのスーパーカーと言えるでしょう。

Gクラスに「エクスクルーシブ・エディション」が追加

ベンツ Gクラス エクスクルーシブ エディション

メルセデス ベンツ Gクラスに「エクスクルーシブ・エディション」が追加されました。

Gクラス・エクスクルーシブ・エディションはG63とG65に設定されます。日本での追加はまだ未定です。

ベースと異なる仕様としては、ステンレス製のアンダーガード、AMGロゴ入りサイドストライプ、21インチの専用ホイールなどが追加されます。エンジン性能においては通常モデルから変更はありません。

Gクラスに「メルセデスAMG G 63 50th Anniversary Edition」が追加

メルセデスAMG G 63 50th Anniversary Edition

メルセデス ベンツからGクラスの特別仕様車である「メルセデスAMG G 63 50th Anniversary Edition」が2017年5月10日より発売開始されました。国内50台の限定販売となります。

「メルセデスAMG G 63 50th Anniversary Edition」はベンツ Gクラスのハイパフォーマンスモデルである「G 63」がベースとなっています。

主な変更点としては「designoモーリシャス ブルー」という色を限定色として追加したことや、フェンダー・バンパー・ルーフ・ドアミラーなどがブラックに塗装されていることが挙げられます。内装は4色用意されており、選択可能となっております。

発売価格は22,200,000円(税込)となっております。

GクラスにメルセデスAMG G 63とG 65に「Exclusive Edition」が追加

メルセデス ベンツ AMG G63 exclusive
メルセデス AMG G65 exclusive

メルセデス・ベンツのGクラスに新たに「AMG G 63 Exclusive Edition」と「AMG G65 Exclusive Edition」が追加されました。

足回りにはメルセデスAMGのホイールを、サイドにはAMGレーシングストライプを採用しています。

内装は、上質なデザインで、ツートンレザーが車内パネルなどに使われています。
車内のシートカラーも豊富に用意され、素材には通常の革よりもしなやかで上質なナッパレザーが採用されています。

フランクフルトモーターショーにて登場する予定で、価格はそれぞれ以下のようになっています。

メルセデス-AMG G 63 Exclusive Edition: 163,125ユーロ(2,127万円)
メルセデス-AMG G 65 Exclusive Edition: 287.658ユーロ(3,751万円)

メルセデス ベンツ Gクラスの内装

メルセデスベンツ Gクラス 内装

Gクラスは、高級感や重厚感という点で見ると、他のメルセデス ベンツ車から見劣りしているように思います。

しかしながら、もともと軍用車で本格派オフロード車であり、インパネにスイッチ類を規則正しく配列し、大型液晶モニターを取り付けるために埋め込み式ではなく外付けのように配置しているあたりは、冒険心を感じさせるオフロード車をとても感じます。

選べるシートデザインの中には、シートにひし形のステッチを施したものもあります。

このデザインは高級感だけでなくレトロモダンさもあり、車に乗り込めば外観からは想像ができないオシャレな内装となっています。

メルセデスベンツGクラスの内装

後部座席はかなり広いです。箱型で車高も高いため、頭部からの距離も十分にあり、圧迫感はありません。

惜しい点を挙げるなら、5人乗りのモデルしかないことでしょうか。前モデルのようなロングボディに7人乗り仕様もラインアップに追加して欲しいです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事